恵比寿新聞は東京恵比寿の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

【前編】恵比寿でも畑が!?都会で誰もが作物を育てられるNPO「URBAN FARMERS CLUB」発足

ufc005

恵比寿新聞編集長です。

いきなりプライベートな話からするのは

今までなかったかもしれませんが是非最後まで

見てくれると嬉しいですという気弱な文から始まる

今回の記事。思い起こせば今から10年前。

田舎育ちの僕は都会の生活に少し疲れていました。

朝から晩までやることなすこと同じような生活。

ちょっと森に行って頭冷やしてくるわぁ~なんてのは

夢のまた夢。頭の冷やせる森なんてこの都会にはない。

そんな日々都会で生活する中、恋をして結婚して

運よくこどもも授かり、こどもとの生活がスタート。

しかしこどもがどんどん大きくなるにつれ

ボールも蹴れないような都会で育つ我が子を

不憫に思い10年前に山梨県河口湖にある貸農園を

借りることになりました。

ufc004

こちら我が息子なのですが(現在中2)

やはり畑が面白かったらしく週末になると

「すっぽんしたい」(大根抜きたい)

言うまでに成長。もちろん今でも野菜は大好きで

こんな体験、都会の恵比寿の人たちとみんなで

できたらなぁ~と思っていたら「渡りに船」!

農地を借りることができるという奇跡が!!

2014年から山梨県河口湖で600坪の畑を

地元の方に協力頂き「恵比寿新聞ファーム」を

開園することからこの話は始まります。

ufc006

順調に恵比寿で暮らす家族の皆さんと共に

農園活動がスタート。地元の方の協力で

平日のお世話は河口湖の地元の方々にお願いし

週末に恵比寿から車で収穫に向かう「週末農家」型

のスタイルが定着し現在もその活動が続いています。

 

恵比寿でも
こんな活動が
できたらなぁ~

 

山梨県河口湖の農園活動をする中で

様々な「農業」だけではない活動が広がりました。

たとえば・・・・

famfam015
野菜販売体験

自分で苗植えした野菜を自分で収穫して

自分で「販売」するという

八百屋さんでもやらないような事を

恵比寿新聞ファームの子どもたちと

恵比寿ガーデンプレイスのYEBISU MARCHEの

協力で行いました。

お客「へぇー。どこから仕入れたの?」

子供「自分で作りました!」

お客「えーー!!!???」

もう最高です。こどもたちもどや顔。

famfam002

恵比寿でも
こんな活動が
できたらなぁ~

 

頭の隅にはいつもこのキーワードが。

そんな矢先に恵比寿ガーデンプレイスさんから

「地域の人たちの為のイベントやりましょう!」

というお声を頂き、まず最初に考え付いたのは

畑!

でした。もう畑しかありません。

死ぬか畑がどちらかです。

death or farm なわけですよ。

しかし、東京のど真ん中のここ「恵比寿」で

野菜がちゃんと育つのだろうか‥‥

すると「渋谷で農家をやってる人がいる」という

とんでもない情報が舞い込み

その足で会いに行ったんです。

ufc009

やべえwまじでいたw

そこには長身の眼鏡をかけた

「巨大な横山やすし」のような人が。

場所は渋谷のど真ん中の「円山町」。

ご存知の通り周りはホテル街。

そんなホテル街のど真ん中にあるライブハウスの

屋上を利用し野菜を作っている「小倉崇」という

人物に出会うことになります。そしてその場所で

頂いた人参が今まで食べた人参の中でも

飛びぬけて美味いことに衝撃を受けます。

恵比寿新聞
小倉さん・・・この人参・・・マジでうまい・・・なんで?

小倉崇
そりゃ~もうこの環境ですからねぇ~💛良いバイブレーションで育つと思いますよ(笑)

 

はい!この人!最高!

もうこの一言でこの「小倉崇」という人間が

自分と同じ星のもとに生まれていることを確信。

すぐさま「恵比寿ガーデンプレイス」で開催したい

「ファーミングイベント」の相談をすると

「あっ。いいっすよ」と拍子抜けするぐらい

すんなりOKをもらい一緒にイベントをやることに。

cabin016

彼の活動は是非「渋谷の農家」という自身の

著書を見て頂きたいのですが

神奈川県相模原藤野に住む

一人の自然栽培農家の人参に惚れこみ、

「彼のファンを増やしたい!」という流れから

この「渋谷の農家」という活動に繋がるのですが

そんな小倉崇が愛した農家「油井敬史」さんが

大切に作った土を分けて頂く作業からスタート。

恵比寿の飲食店の有志の皆さんと企業の皆さんで

恵比寿ガーデンプレイスのプランターに土入れ。

cabin029

「本当に集まるのかな・・・」

不安で眠れなかった種まき当日。

150名を超える恵比寿地域の保育園児と

一般の参加者と共に「種まき」を3月に開始。

「畑したことない~」という子供たちと

わいわい一緒に野菜の種をまきました。

cabin033

みるみるうちに野菜は育っていきます。

もうこの臨場感がたまらないんですよね。

保育園の子どもたちも散歩コースで

毎回チェック。「おおきくなってるー!」

とリアルタイムで観察できるわけで

みんな収穫の日を楽しみにしておりました。

そして待ちに待った収穫の日。

ここで確信したんです。

「都会には畑という交流の場所が必要だ」と。

映像をみてわかってもらえると思うのですが

この子どもたちの楽しんでいる姿。

そして畑を中心として友達の輪が広がるんです。

これだよ
これだよ
やりたかった事!

ufc003

イベントは大成功で幕を閉じましたが、

全然幕を閉じるどころか・・・・・

幕を開けてしまったんです

イベント終了後、驚くことに

様々な都市農法に関してのオファーや

アポが殺到しました。。

住民からも「今度いつやるの!?」

という催促まで頂く始末に・・・

すると・・・思いがけないオファーを頂くことになったんです

続きは後編で(後編は週明けリリース)

Share (facebook)