恵比寿新聞は東京恵比寿の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

広尾さんぽ通り「大鮪まつり」に行ってきました

先日19日は様々な場所でお祭りが行われていた恵比寿地区。

こんな地域でやっているお祭りを恵比寿新聞ではご紹介していきたいと思います。

第一回目はちょっとお隣のほぼ恵比寿。広尾散歩通りで行われていた

大鮪まつり

に行ってきました。広尾散歩通り「大鮪まつり」は広尾商店街振興組合さんが

行っている手作りイベントで毎回様々な出し物を商店の方が協力して出している

なんとも素敵でアットホームでベリーナイスなお祭りなんです。

しかも出し物も面白いんですよ。まずは

小さなSL蒸気機関車

駅長「広尾散歩通り駅~広尾散歩通り駅~」

なんてね。小さい子には大人気、お爺ちゃんお婆ちゃんには懐かしい、

大きなお友達はマニアックで興味津々!!的な出し物もありまして。

とにかく町をあげてのお祭りなので物凄い大盛況。

もちろん町の商店会の方々の模擬店もあります。

焼きそば250円!フランクフルト150円!!安い!!!!!

そしてビールもなんと350円!!!!!!!安すぎます!!!

そして、このお祭りの名前にもなっております「大鮪」のマグロ!!

丁度マグロの解体ショーの時に来ました。

なんとさばきたてのマグロを刺身そしてお寿司で即売されていました。

しかも長蛇の列!!!しかも安い!!!!!!!!!!

これで500円です!!おいしかったなー。

さて、その他の露店も散策してみましょう。

六甲サリースのボビーさんと会津米とのコラボレーション商品も販売していました。

会津のお米は現在、福島第一原発の放射能問題で風評があり、安全なのに敬遠されている

そうです。そんな安全な会津のお米を皆さんに知っていただくために広尾にあります

六甲サリーズのボビーさんと協力してコラボレーション商品を販売しているそうです。

頑張ってほしいですね。そして奥に行ってみましょう。

このパエリア美味しそうでした~。まだ出来上がってないから食べれませんでした。

あれ?マグロじゃなかったっけ?(笑)

一番奥ではサルサバンドが陽気なリズムを奏でていました。

広尾の皆さんノリノリですね。

本場のモヒートも出されていました。国際色豊かですね。

そしてフレンチのラ・プティ・シュシュさんのオリジナル「ザーサイソース」

これがめちゃくちゃ美味しかったです。こちらラ・プティ・シュシュさんには

広尾ハンバーグという物もあるそうです。誰か広尾新聞早くやってくれ~!!

そもそもお祭りとはその地域で行われる物で、的屋さんやプロの露店が出るのは

それはそれで祭の風物詩的なイメージもありますがこのように街の人たちが手作りで

お祭りの出し物を考えて街をあげて盛り上げているのは非常にクールだと思います。

という事で恵比寿のお隣の広尾散歩通りで行われた「大鮪まつり」のレポートでした。

明日は同日に開催されていた「えびすふれあい広場」の模様をお送りしたいと思います。

Share (facebook)