恵比寿新聞は東京恵比寿の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

計り売りのお店「フリューリンク恵比寿」

2014年7月閉店

恵比寿東のバス通り沿いにある計り売りの店「フリューリンク」

こちらはオリーブオイルやビネガー・その他ワインやコニャックなど様々な

物が「計り売り」で買えるお店なのです。近年大量生産・大量消費で

食品廃棄が問題となっている。農林水産省の発表によると

年間で家庭から廃棄されている食品廃棄物1100万トン。食品事業者からの

食品廃棄1100万トンが捨てられている世の中です。そんな中こちらのお店は

「必要なだけの量を買い」「パッケージなどの無駄は省く」売り方。

いきなり真面目な話から始まりましたがとりあえず中に行ってみましょう。

所狭しと置かれた樽やボトルたち。

こちらフリューリンクではすべて試飲や味見可能。

味を確かめ、本当に気に入ったものだけをご購入できます。

店長の大澤さんにお話を伺ってみました。

店長大澤さん
セレクションとして人気なのがオリーブオイル。その他にはワインも計り売り
しています。自分の好きなボトルに必要なだけ入れてお持ち帰りするスタイルですね。
この文化はヨーロッパでは今でも残る文化なんですが日本も昔はそうだったようです。
酒屋も油屋も自分のひょうたんや入れ物を持って行って計り売りしていた。
今や日本はアメリカの文化が主流でしょ?アメリカは梱包して大量に生産して
大量に消費する文化ですから日本人も計り売りの文化が無くなって行ったんでしょうね。

色々思ったんですが計り売りって家族の人数や食欲に合わせてミリリットル単位や

グラム単位で新鮮なものを必要な分だけ買えるからコスト面でも

消費者にメリットは大きいと思った。そして不必要なパッケージもなく毎回使う

「器」や「ボトル」を持参すれば不必要なゴミもなくなる。

しかも「味を確かめ、本当に気に入ったものだけを買う」というシステムが

本当に「消費者に良い」と思います。エコだし味見できるしすばらしいな~。

こちらが自慢の「オリーブオイルセレクション」

すべて「エクストラバージンオリーブオイル」

バージンオリーブオイルって等級があるのご存知ですか?

 

1)エキストラバージンオリーブオイル
完全で良好な味と香りを持つオイル 酸度0.8%以下

2)ファインバージンオリーブオイル
完全で良好な味と香りを持つオイル 酸度2%以下

3)オーディナリーバージンオリーブオイル
良好な味と香りを持つオイル 酸度3・3%以下

4)ランパンテ・バージンオリーブオイル
食用としては不向きなオイル 酸度3・3%以上

 

酸度(さんど)っていうのは、オリーブオイルに含まれる酸の

質量パーセント濃度だそうです。いわゆる酸味を示す指標です。

という事はエキストラバージンオイルは酸度が非常に低くまろやかな味わいだという事で

「味」「香り」「酸味」は一般の方でもわかるそうですが、

残念なことに世に出ているエキストラバージンオイルは欠損がある物が多く

実際に食卓に上がるEXオイルはほんの一握りだそうです。

店長大澤さん
日本の人は「賞味期限」を気にする方が多いですがもちろんそれも大事。
でも本来持っている人間の「臭覚」や「味覚」はバカにできません。
是非ご自分の「味覚」と「臭覚」を試していただき気にいった物を
必要な分だけ買って行ってもらえれば嬉しいです。
それでね、2~3日後この店で一番人気のオリーブオイルが入ってくるんですよ。

 

お話によるとわざわざ遠くの方から近所の方が1年に1度楽しみにしている

オリーブオイルがあるということだそうで、どんなオリーブオイルかというと

シチリア原産の「絞たてオリーブオイル」だそうです。

味は驚くほどのフレッシュ。今までに体験した事のないオリーブオイルだそうで

恵比寿新聞もまだ未体験。2~3日後店頭に並ぶそうです。

店長大澤さん
すぐには売切れにならないので一度食べてみてください。
本当にびっくりすると思いますよ。この間は16リットルご購入
されたお客様がいまして、計り売りなのでいっぱい買う方がいれば
売り切れるかもしれませんが。来てみてください。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
フリューリンク恵比寿店
住所 東京都渋谷区恵比寿1-23-16
TEL 03-3445-8895
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Share (facebook)