恵比寿新聞は東京恵比寿の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

恵比寿ガーデンプレイスで行われた天体観望「月と土星をみる」が無事終了

ご来場真にありがとうございました!

7月4日~6日に恵比寿ガーデンプレイス時計広場裏にて行われた

恵比寿天体観望「君と星と僕と地球」月と土星を見る会ですが、

4日金曜日は悪天候により中止。そして最終日6日も曇りの為中止と

これだけ用意したのに1日しかできませんでしたが裏を返せば

1日でも出来て良かったと言ってよい素晴らしい内容でございました。

そもそもこの話は天体写真家の恵比寿在住の吉澤隆さんと恵比寿新聞が

「都会でもこんなに綺麗に月や土星を見る事ができる」という事を

知ってもらおうと始まった企画で恵比寿ガーデンプレイスさんのご協力の元、

去年から行うようになったイベントなんですね。

みんなが住んでいる地球からこんなに近くに月や土星がある事を

自分の目で見てもらって感動してもらおうとはじまりました。

写真は準備中の模様です。今回はかなりグレードアップ!!!!!!!!!!

この日は土曜日。お昼間は曇りだったのですが夕方にかけて晴れ間が見えたので

開催する事となりました。ほらクッキリお月様もみえております。

さて、どのくらいのお客さんが天体観望にいらっしゃるのでしょうか?

それではスタート!!

実は開演19:30の予定が19:45までずれ込みましてスタート。。

既にお待ちの方たちが今か今かと待ちわびながらの開会でございまして。

遠くは埼玉の地からいらっしゃってくれた読者の方がいらっしゃいました。

去年はちいさい子が片目をつぶる事が難しくて見えない!なんて事もありまして

誰でも月を見れるようにプロジェクターで投影して見れるようにしたんですが

これが何気に情緒があって「わぁ~すごい~」って子どもも大人も感動のアトラクションに。

そうこうしているうちになんと長蛇の列・・・・・

この長蛇の列は土星の観測天体望遠鏡の列です。隣にも月の観測用天体望遠鏡にも長蛇の列。

皆さん天体望遠鏡をのぞきこんですぐに「うぁ!!!」や「まじで!?すげ!!」や

ちいさい子は「あなぼこぉ~」とか「うきわー!」とか子供らしい声も上がっていて

今回天体観測を行ったスタッフは「本当にやってよかったね」と確信しました。

今回の恵比寿ガーデンプレイス天体観望で天体望遠鏡で観測した方は

約300人

3日間やっていたら約1000人ほどの来場観測になっていたのかぁ~。

列は21時までとどまることなく並んで頂きみんなで観望する事ができました。

隣は恵比寿ガーデンプレイスのサマーテラスだったので皆片手にビールで

天体観測という最高のシュチュエーションで大盛り上がり。子どもも大はしゃぎ。

とにかく素晴らしいイベントとなりました。ありがとうございました。

実際に天体望遠鏡でどう見えていたかというと・・・

こんな感じ!

しかも!!!スマートフォンを持っていれば写真で月や土星を撮影して

お持ち帰りまで出来ちゃうというコンテンツもあり、こちらはかなり人気に!

しかし、いらっしゃれなかった方も多数いらっしゃり、来年は晴れると良いですね。

もしかして今年中にもやるのかどうか!? どうですか!?なんてね。

今後も恵比寿新聞ではこういったオフラインイベントを企画していきます。

近々行われるイベントは「恵比寿新聞フリーマーケット」なる恵比寿新聞事務所の

1階が1週間こだわりのフリーマーケット会場になるという企画です。

今回の御題は「古着」です。詳細はまた後日という事で。

ありがとうございました!!

Share (facebook)