恵比寿新聞は東京恵比寿の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

コロンビア料理ってどんな感じ!?PUNTO PUNTA

どうも恵比寿新聞です。いきなりですが皆さんコロンビア料理って食べた事ありますか?

実は私一度も食べたことが無いんですよ。しかもコロンビアって日本の真裏にある国。

今日はそんな恵比寿でコロンビア料理を提供するお店「puntopunta(プントプンタ)」

さんにお邪魔してみました。場所は恵比寿南の防衛省防衛研究所の近くにあります。

折角なんでコロンビアってどんな国なんでしょうね?位置は日本の真裏南米にあります。

正式名称は「コロンビア共和国」人口は現在4300万人と言われておりラテンアメリカ

ではメキシコに次ぐ第三位の人口。コーヒーやジャガイモその他バラなどの産地としても

知られており、エメラルドに関しては世界の需要の80%はコロンビア産。首都はボゴタ。

サッカー大国でも知られており皆さんごぞんじでしょうか?バルデラマやイギータなど

名選手を輩出した事でも有名な国です。自転車競技も非常に活発のようで有名なロード

レーサーもコロンビアにたくさんいるそうです。もちろん気質もラテンなんでしょうね~!!

こちら店主のあきらさん。あきらさん実はお母様がコロンビアの方・お父様が日本人。

もうね。なんというか超いい人。そういう人って何かにじみ出てますよね。なんかの汁が。

こちら奥様の仁美さん。もうね。仁美さんも超~いい人。ナイスカップルですよ。

そんなお二人で切り盛りしているこちらpuntopunta。店名プントプンタは

スペイン語で「点と点」という意味を持っているそうできっとお客さんの点と点を

つなげるという意味でつけたんでしょうね。そんな名前だけあって超アットホーム。

恵比寿新聞カウンターに座りましたら常連さんが声かけてくださったり

なんてアットホームなんだよ~って世知辛いこの都会の生活がうそのように感じちゃう

そんなお店でもあります。来ている人がみんな良いバイブスなんですよねー。

さて、本題のコロンビア料理ですが、どんな物があるのかあきらさんに聞いてみました!

おススメはアヒアコという料理で予約制の料理なので今回食べれなかったけど内容は

ジャガイモ大国コロンビアならではの料理でメイクイン・男爵いも・そしてじゃがいもの

原種でもあります「アンデス」というジャガイモ3種類をとろけるまで煮込みましてその中に

鶏肉やケッパーなどを入れ、トウモロコシをかじりながら食べるというスープ料理で

あー。食べれなかったのが残念。何故ならあきらさんがアヒアコの話をしている顔が

超「おいひいんでふよ~~~」的な顔でね。次回予約して食べたいと思います。

まずはサルサチップスから。これは以前から「ここのサルサは癖になる」という情報も

もらっていましたのでまずは食べてみたいと思います。

食べたんですが止まりまへん。これ永遠に食べ続けれます。チップスはもちろん

トウモロコシのチップスでサルサはスパイシーな癖味。中毒者続出でしょう。これは。

スパイシーなサルサとチップスを食べたところでこちらオリオンビールが何故かあるんです。

オリオンビールと言えば沖縄のビール。これを片手にサルサチップスばりばり食べて

お腹すいてきたぞー!!!!!!!次はなんでしょうか!!!!!????????

デカい ぎょうざ?

こちらの料理はコロンビアと言えばこの料理。エンパナーダ!!!!!!!!!

あきらさんによるとコロンビアでは朝ごはんはこれ!昼ごはんもこれ!夜は酒のつまみに!!

ととてもポピュラーな料理だそうで日本で言う所の~~~なんでしょうね?(笑)ない(笑)

中には色々入れるそうで地域によっても違うそうだ。今回頼んだのはお肉の入ったエンパナーダ。

そのままでも食べれますしお勧めの食べ方は先ほどのサルサをつけて食べるのがコロンビア流。

そしてもう一つのエンパナーダはこちら珍しい!サーモンの入ったエンパナーダ。

とにかく何でも入れてOKなんですね。周りのパン生地はもちろんトウモロコシ。

食べてみましたが、本当にトウモロコシの香ばしい香りが最高にお酒にマッチする

これも癖になりそうなお味。いやーーおいしいなーーーー!!!その他には何が!?

おまんじゅう??

一見、まんが日本むかしばなしに出てきそうなこの一品。実はですね。何を隠そう。

ジャガイモの原種アンデスなんデス!!

アンデス山脈で育ったジャガイモの原種が海を渡りヨーロッパを経て日本に渡来し

そして現在のジャガイモへと変貌したわけですがこの味がですね~ビックリですよ。

中がトロトロほくほくなんデス!!!

これは本当に不思議な口当たり。外はサックリ。中は本当にトロ!!!!

コロンビアでは高級食材として使われているほど生産高が低くまさに幻!!??

もちろんpuntopuntaさんはコロンビアから仕入れております正真正銘アンデスなんデス!

こちらもサルサをかけて頂きます。サルサはお代わりできますので追加してくださいね。

さて、そろそろメインディッシュに行きたいところなんですがさっきから気になる名前

チョリパン

なにか気になるなー。なんだろうこのチョリパンって。でも聞いた事があるなー。

あ!!!富ヶ谷新聞でやってた「ミ チョリパン」の事かな!!!?????

でもあれ?あの料理は確かアルゼンチンの料理だし。ん?ん??という事で

調理中の仁美さんに聞いてみ見ました。

恵比寿新聞
これ。もしかしてアルゼンチン料理の?チョリパンっすか?

仁美さん
いや・・・あきらくんが命名した料理で実はオリジナルで(笑)

あきらさん
チョリソをパテにした物があってそれをパンでサンドして食べる料理なんですが
名前どうしよう?という時にとっさに「チョリソとパンでチョリパンかな?」と

仁美さん
で、あとあと聞いたらそういう料理があったって聞いて(笑)

恵比寿新聞
なんでそんな弁解に必死なんですか?(笑)理由はわかりました。

あきらさん
チョリソのパテって独特の豚の臭みがあるんですがそこをひとみちゃんが
サラダとピクルスや癖をうまくさせる為に改良を重ねたんですね。

食べてビックリ。激ウマ!!このピクルスが入っている所がかなりアクセント。

メインディッシュに行く前に完全にお腹パンパンのチョリパン状態で。

次回は数人で行ってコロンビア料理を食べるパーレーで是非とも全部の料理制覇したい!

仲睦まじい~。ナイス夫婦!!

いや~とにかくお客さんものりが良いし、あきらさん・仁美さんも超いい人だし。

いいですね~こういうお店。ランチもされているそうなのでそちらも気になりますね。

是非大勢で駆けつけるというよりもフラッと一人でカウンターに座ってみると素敵な

出会いがあるかもです。料理も美味しいしお酒もリーズナブル。ナイスなお店です。

コロンビア行ってみたい!!!!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
puntopunta(プントプンタ)
住所 東京都渋谷区恵比寿南2-13-14 茶屋坂T&Kビル 1F
電話 03-5704-6280
営業時間 ランチ12:00~15:00 夜17:00~25:00 定休日 日曜日
土曜営業

大きな地図で見る

Share (facebook)