恵比寿新聞は東京恵比寿の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

【潜入】あのプライムリブの名店ロウリーズ・ザ・プライムリブが4月20日恵比寿ガーデンプレイスにOPEN


ついに恵比寿に襲来!!!!

既にご存知の方も多いことかと思いますが、あの世界的なプライムリブの超名店である

Lawry’s The Prime Rib(ロウリーズ・ザ・プライムリブ)が恵比寿ガーデンプレイスに

2014年4月20日堂々のOPENという事で先行でロウリーズの内部に潜入してきました。

Lawry’s The Prime Ribを知らない人の為に簡単にご説明。

『Lawry’s The Prime Rib』は、1938年にアメリカのロス・ハリウッドで創業された

プライムリブの専門店。プライムリブというのは特製スパイスを塗った上質な骨付き牛肉を

じっくり焼き上げたアメリカンスタイルのローストビーフです。柔らかくなんともいない食感。

ロウリーズでしか味わえない名前のごとく「プライム」な「リブ」なのです。

以前は赤坂ツインタワーの地下にどどーーんと有ったのですが、今回恵比寿にお引越しとなり

恵比寿ガーデンプレイス地下2階三越さんの地下食品売り場の目の前にOPENします。

恵比寿新聞赤坂にある時は足しげく通いました。あの味が癖になるんですよね。

さて、先行して恵比寿新聞OPEN前のロウリーズさんに潜入したいと思います。

こちらエントランスですね。重厚感のあるエントランスは正面から右後方・左方向と道が

分かれております。まずは左方向から行ってみたいと思います。


ウェイティングバー・ラウンジ

さすがアメリカな感じでございます。混雑時でもウェイティングバーがあるので

待っている間少しお酒をたしなみながらゆっくり過ごすことができるという心遣い。

赤坂でもこのウェイティングバーでお酒を頂きながらストレスなく待って居れた記憶があります。

ちょっとここで待っている間に軽くカクテルや食前酒を頂きながらお友達などと談笑しつつ

過ごすのも良いかと思います。しかしやはり大人の街恵比寿にふさわしいバーカウンター。

さて、その奥に行けばプライベートルーム(個室)があるとの事で行ってみましょう。


プライベートルーム

この部屋すべて間仕切りが行えるのでこの部屋でいうと3つのプライベートルームに変わります。

それにしても大人な空間ですね。重厚感もありつつスタイリッシュな内容で以前の赤坂とはまた

違ったラグジュアリー感があり。素敵ですね~。

こちら12人席のプライベートルーム。ロウリーズではプライベートルームが8室あるそうで

12人部屋が1室。8人部屋が4室。16人部屋が3つという構造になっているそうです。

お祝いの席での予約や大切な記念日などでの利用が多くなりそうですね。こんな部屋でお誕生日とか

祝ってほしいですね。カジュアルに友達同士でも利用できそうな雰囲気も。それではエントランスに

また戻り右の方向に進んでみたいとおもます。というかものすごく広い・・・・

それもそのはず、ガーデンプレイス地下2階には以前満龍さんやライオンさんや色んな飲食店が

複合で入っていましたがこのすべての区画がロウリーズさんになっているという事は・・・・

300坪近い大きさですね。支配人さんの話によると以前の赤坂の方が大きかったそうですが、

それにしても大きですね。恵比寿ガーデンプレイスでのロウリーズさんの席数は318席。

至る所にロウリーズの歴史が飾ってありました。1938年創業ですからね。創業76年の

伝統の味な訳ですから。今回の取材は残念ながらプライムリブには出会えませんでしたが

引き続きロウリーズの全貌をお届けできればと思います。エントランスから右後方に

進みますとまず目に移るのはやはり「ワインセラー」でございます。

やはりロウリーズさんロサンゼルスが本店なだけあってカリフォルニアワインが多く

所蔵されている様子です。その他にも各国の様々なワインが保管されていました。

あそこにあるシルバーオークのワイン飲みたいなー。見てるだけでワクワクする。

ワインセラーを出まして目に飛び込んできたのがロウリーズ名物こちらです。


シルバーカート

創業者ローレンスフランク氏によるデザインでこの中で肉が切り分けられるんですね。

もちろん席のすぐそばまでこのシルバーカートが来てくれてお好みの大きさにカット

してくれるんですね。それではOPEN前に予備知識をつけておきましょう。

<ロウリーズでプライムリブを頼むとき>

カットの大きさは以下に別れています。

Tokyo cut 東京店オリジナルカット。一番小さなカット
California cut  無理なく食べれる量のカット
English cut 3枚に分けて切るイギリス伝統のカット方法
Lawry cut 伝統的で最も人気のあるカット。約300g
Diamond Jim Brady cut  たくさん食べたい方の超厚切りカット

ビバリーヒルズ店にはbeef ball cutなるもっと大きなカットもあるそうですよ。

サイドでついてくるのはロウリーズ名物「オリジナルスピニングボールサラダ」と

「ヨークシャープディング」「マッシュドポテト」「ホースラディッシュ」追加で

「クリームド・スピナッチ」や「クリームド・コーン」その他お好みの付け合せが出来ます。

マッシュドポテトにかかったグレイビーソースがたまらんのですよ。

とりあえずここまで知っておけばOK。後は行くだけです。

さて、皆さんお待ちかねのダイニングホールでございますよ。

洗練されたダイニングホール

以前の赤坂店では背もたれが高く赤い椅子が採用されていたのですが今回恵比寿に

移転してイメージも新たに大人のラグジュアリーな装いに変身していました。

ボックス席はこちらもアメリカンな重厚感のあるソファー。

ゆっくり腰を落ち着かせて食べるにはもってこいのボックス席ですね。

という事で開店準備中の最中に取材させて頂き恐縮ですが、

大人の街恵比寿によくぞロウリーズさん来て頂けて本当に嬉しい。恵比寿のイメージに

ぴたりなお店ですね。OPENは20日。先行して予約もできるとの事です。

たのしみですね!!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ロウリーズ・ザ・プライムリブ東京

住所 東京都渋谷区恵比寿4-20-3恵比寿ガーデンプレイスタワー地下2階
電話 03-5488-8088
営業時間
ランチ 11:30~14:00
ディナー17:00~22:00


大きな地図で見る

Share (facebook)