恵比寿新聞は東京恵比寿の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

2017年最終記事。気づいたら癖になっていた恵比寿の名物殿堂入り料理を一部公開

禁断症状2017

誰しもが絶対にある瞬間。

「あぁ○○屋の△△が食べたい!」

知らず知らずのうちに

その料理の虜になっていて

気づいたらその店の前にいる

そんなことありませんか?

 

今年2017年恵比寿新聞最後のドロップは

そんな「食の街 恵比寿」で

本誌が知らず知らずのうちに

ドハマりしてしまった「禁断の料理」を

ごく一部ですが公開したいと思います。

かなりマニアックな危ないリストです。

危険を承知でご賞味を。。

mashio005
居酒屋えびす村
アジフライ

恵比寿駅から徒歩1分。恵比寿西に佇む

どこにでもありそうな居酒屋「えびす村」。

しかし「普通の佇まい」を装うこのお店。

実は普通じゃない。とにかくこのお店の

「アジフライ」を食べれば「まじか・・・」

と一瞬ここがどこだかわからなくなるだろう。

まずは何もつけずにそのまま食べてみてほしい。

アジとは思えぬジューシーさが口に広がる。

その後ソースとカラシをつけてどうぞ。

何故なら店主は「釣り師」なのです・・・・

 

居酒屋えびす村
東京都渋谷区恵比寿西1丁目7−9

mashi003
頭バー
ルーローハン

恵比寿駅から徒歩で10分と離れた渋谷東地区。

恵比寿でも有数のカオススポット「頭バー」。

外観からして危ない。何が起こるのかすら

予想できないので一般人は敬遠するだろう。

しかし、このお店の「ルーローハン」は

数々の食通が本場台湾のルーローハンを超える

と豪語する「ちょっと危険なルーローハン」

癖のない甘辛いダシと豚肉の細切れにお新香。

牛丼の「つゆだく」の幸福感×10倍と言っても

過言でない「満足」が押し寄せます。ホント危険。

 

頭バー
東京都渋谷区東2丁目24−1

mashi002
ワインの樹
料理名不明

頭バーの近くにあるこちらも外観が「常連オンリー」な

雰囲気がビシビシのカウンターのお店「ワインの樹」

実は意外にも一人で行ってもフレンドリーなお店。

この料理名不明の逸品を初めて口にした時に

感じた「バターというエンターテーメント」

穀物感たっぷりの全粒粉パンの上には

主役と言ってよい上質な「無塩バター」。

そして最上部に鎮座する店主が吟味した

「アンチョビ」。豪快にガブっと口に入れれば

パンの芳ばしさとアンチョビの奥深い味わいを

無塩バターが全方位で包み込むなんとも言えない味。

その他にもこの店はヤバイ逸品が豊富。

 

ワインの樹
東京都渋谷区東2丁目15−3

mamashita029

まました
トマト出汁の麺

場所は変わってガーデンプレイス裏の

最近「裏恵比寿」と呼ばれる閑静な住宅街。

これを知ったときは衝撃でした。

何故なら「ダシ」は動物系のダシや

植物系だとコブやシイタケなどが主流。

しかし「トマト」からここまで旨味を引き出すとは。

いわゆるトマトの旨味は「グルタミン酸」。

丁寧に抽出した旨味たっぷりのお出汁を

そうめんで合わせる。しっとりしていながらも

強烈なトマトの旨味と酸味がスパーク。

夏になると「冷やし」があるのでこれも格別。

料理の〆にとてつもないパフォーマンスを生み出します。

 

裏恵比寿まました
東京都目黒区三田1丁目11−19丁目

mashio007

クンビラ
ヒマラヤ鍋の〆オジヤ

「〆(しめ)」と言われれば絶対に

お勧めするのがこのお店です。

もう恵比寿新聞では紹介をたくさんしました

恵比寿南のホテル街にありますネパール料理の

老舗中の老舗「クンビラ」の「ヒマラヤ鍋」

恵比寿新聞は体調が十分でない時、

体調を整えたいとき夏であろうが冬であろうが

このネパールの高山ハーブびっしりの

「ヒマラヤ鍋」を食します。全く辛くないのに

汗がジワッと。そして〆は「おじや」なんです。

丁寧に水分量を飛ばしてリゾットぐらいの

固さにキープして頂きます。味が凝縮されて

なんとも言えない旨味。そして朝。

驚きのスッキリ効果が。本当にいつも感謝しています。

 

ネパール料理クンビラ
東京都渋谷区恵比寿南1丁目9−11

mashio003
天童
香港かけご飯

恵比寿大衆中華の最後の砦「天童」。

メニューも豊富で人それぞれ好みの逸品が

あるのだろうが、恵比寿新聞はこの「香港飯」を

既に10年食べ続けている。正式名「香港かけご飯」

簡単に説明すると「回鍋肉」の上に「目玉焼き(半熟)」

が乗ったいわゆる「回鍋肉ご飯・目玉焼き乗せ」なのだが

重要なのはこの「目玉焼き(半熟)」なのである。

テンメンジャンで炒められた野菜みそ炒め(回鍋肉)は

程よい塩気と様々な食感の野菜・豚バラで

構成されており想像した通りの味なのだが

目玉焼き(半熟)を崩しながらご飯と絡めて食べる。

しかも「箸」ではなく「レンゲ」で食べれば

ヘブン状態に。大盛りなので女子は注意。

 

天童
東京都渋谷区 恵比寿西1-3-9 田中ビル 1F

mashi004
ノンベエ
ナポリタン

恵比寿南昭和の風情が残る「恵比寿味な地下街」にある

赤ちょうちんの店「ノンベエ」。怪しさ満点の地下街の

奥に構えるお店なのだがここの「ナポリタン」が

うまい。「赤ちょうちん」なのに「ナポリタン」。

深夜遅くまで営業しており飲んだ後は必ず

ちょろりの「塩らー」でしめるか!?

ノンベエの「ナポリタン」でしめるか!?

というほどドハマりしてしまった逸品。

しっかりと乳化したナポリタンは

酸味と塩気の角がなくなり、

柔らかな味わいに。昔の洋食ナポリタンを

想像して口いっぱいに豪快にぶち込んで食べる。

下品だが「赤ちょうちん」だから無問題。

ズルズルいいながら食べることをお勧めします。

 

ノンベエ 恵比寿
東京都渋谷区恵比寿南2丁目3−3 第一恵比寿マンション

gem031
GEM by moto
ポテトサラダ

恵比寿日本酒の総本山的存在の

「GEM by moto」。日本酒の概念が覆される

見事なまでの料理とのペアリングが魅力で

日本各地からこのお店めがけて訪れる人も多い。

そんなGEM by motoで恵比寿新聞が必ず頼む逸品。

「ポテトサラダ」だ。いや。もはやポテサラでない。

なんと「揚げたポテトサラダ」。温かいポテサラ。

濃厚なチーズとナッツがふんだんに使用されており

またこれに合わせるお酒で一気に異次元に。

日本酒の概念が覆されるどころか

ポテサラの概念まで覆される恐ろしい店。

 

GEM by moto
東京都渋谷区恵比寿1丁目30−9

mashios001
酉玉 本店
ポテトサラダ

GEMのポテサラに触れるのであれば

こちら酉玉本店の「ポテトサラダ」に

触れないわけにはいかないでしょう。

GEMのポテサラの「どっしり感」とは逆の

「クラムチャウダー感」がとっても不思議で

ポテトサラダの多様性について

考え込んでしまう味なのです。本当に不思議。

クリーミーで濃厚。ジャガイモは原型を

留めたまましっかりとしたタイプ。

是非絶品の焼鳥前に。

 

酉玉 本店
東京都港区白金6丁目22−19

mashio004
ヴェルデ
アイスカフェオレ

もう「ヴェルデ」の「アイスカフェオレ」でしか

癒されない・・・まで悟りの境地を開くほどの

壮大なコーヒーの世界と絶妙なミルクの世界が

がっちゃんコした完璧なバランスのカフェオレ。

自家焙煎で有名な恵比寿公園近くの老舗。

一口飲めばわかります。その奥深さ。

疲れた体を芳ばしいコーヒーの薫りを

感じながらミルクとシロップの甘味が脳に

効いてくる。最高の一杯です。

 

ヴェルデ
東京都渋谷区恵比寿西1丁目20−8

mashi001
チャイニーズダイニング方哉
マサニャム

最後にお贈りするのは恵比寿四丁目

「チャイニーズダイニング方哉」の秘密の調味料

『マサニャム』。常連しか味わえないこの

禁断の調味料は吟味した醤油・みりん

タイのピッキーヌ・ニラ・・・・などなど

十数種類の具材をブレンドさせ熟成して

完成されるものです。ピリッと辛いのですが

万能すぎる使い方。「玉子かけご飯」に

4~5滴入れれば・・・・絶句します。

何にでも入れると締まる味わい。

今回「恵比寿新聞で見た」と言えば特別に

「マサニャム」を少量出してもらえると思います。

近々商品化の話も・・・

 

チャイニーズダイニング方哉
東京都渋谷区 恵比寿4-23-14 asビル2F

mashio005

公開したのはまだまだごく一部。

皆さんにも思い思いのこの店のこの1品

あるんではないでしょうか?

本年もお世話になりました。

来年も恵比寿新聞よろしくお願いします。

Share (facebook)