恵比寿新聞は東京恵比寿の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

きっと気になっていたはず。創業35年老舗焼肉店「京城苑」

2014年8月閉店

さて、涼しくなりすごしやすくなってまいりました今日この頃。すっかり秋。

秋と言えば「食欲の秋」と言いまして、今回は前回に続き再び「焼肉」です。

恵比寿には焼肉店ホルモン店を入れると36件ありまして、今回ご紹介する焼肉店は

もしかして恵比寿で一番老舗の焼肉店ではないでしょうか?創業は昭和30年代。

京城苑(けいじょうえん)

場所は恵比寿西にあります三菱東京UFJ銀行の裏手にあります。こちらのお店。

昭和30年代に創業し昭和42年に改装して以来ですから改装してから実に46年。

皆さん気になっていたんではないでしょうか?

外から見ると何気に入りづらい風貌。一度こんな事がありました。

恵比寿新聞夜のパトロール中に京城苑の前を通りかかるカップルが

お店の中に入るか否や、迷っている所を目撃しまして。

「どうなんだろうね。。なんか古いし大丈夫かな?」

なんて申しております所を見たんですよ。こりゃ~見方が間違ってるよと。

長く続くからにはとっておきの物があるはず!

昭和~

店内に入りますとまさに昭和が色濃く残る内装。こちらを切盛りするお母さんに

お話を伺ってみると、この辺は凄く変わってしまって昔は焼肉屋さんなんて

少ししかなかったそうです。今のひまわりが「春日亭」という焼肉店で現在は無く、

もう一軒は西の外れたところにあっただけだそうな。改装が昭和42年ですから1967年頃

この「京城苑」がスタートしたという事です。本当に昭和~な雰囲気。

今日も一日ご苦労様でした!

さて、焼肉とはみんなでワイワイやるのももちろん楽しいのですが、

「1人焼肉」って皆さんされたことありますか?孤独のグルメのように一人モクモクと

焼肉を焼くのは男のロマンでもありまして。実際に女性でも一人焼肉はやってみる価値あり。

さて、京城苑と言えば!皆さん~ご存知でしょうか!?京城苑名物の。

ハラミ

名だたる著名人がこよなく愛し絶賛するまさに「名物」です。一度食べればヤミツキちゃん。

二度食べれば骨抜きちゃん。三度食べれば・・・・思いつかない・・・。。

とにかくこれを誰の邪魔もされずに一人でじっくり自分の好きな焼き加減で

食べれるなんてなんて幸せなんでしょう。先輩と焼肉を行った時も

焼くのは「オレ」で食べるのは「先輩」。焦げた肉だけ「いただきます」

みたいな焼肉はもう真っ平ごめんなんだよ!!

長州力「藤波~前田~今しかないんだぞー俺たちの時代が来たんだ~藤波~!!」

と忘れもしない1987年6月の両国国技館で行われたIWGPタッグの試合で猪木が勝利。

その時に現れたのが「長州力」でありましてこれが新日本プロレスが世代闘争勃発

ってなんでこんな話してるの!?(笑)

話がそれてすみません。。これほど話がすり替わるほど1人焼肉というのは

テンションマックス。マックス松浦先輩なのでありますよ。

さぁ青コーナーより「自家製キムチ」の入~場~です!!

さぁ選手が揃ったと思ったら大間違い。何かわすれちゃーございませんか?

一人焼肉と言えば?せーの

 

 

 

 

 

白ご飯!!!!

あぁ~まぶしいーー!!!

見てください。この筋骨隆々の魔の三角地帯ともいえる「秋の焼肉トライアングル」

炭火の用意も出来ましたのでゴングです。

カンッ!!

実況古館さん
まずはハラミを二切れ網の上に乗せましたね~。どうですか?山本小鉄さん?

小鉄さん
古館さんね。これね。入ってますよ。隠し包丁。

実況古館さん
おーーーっといきなり隠し包丁の反則か~?

小鉄さん
これね~。危ないですよ。隠し包丁入って食べやすいですからね。

実況古館さん
山本さん!!ひっくり返そうとしてますよ!?

小鉄さん
これね~。危ないですよ。ちょっとまだ早いですね。

実況古館さん
さぁ~食欲が勝つかじっくり焼くのか~まさに網の上は裏か表か丁半博打。

実況古館さん
山本さん。これどうですかね?

小鉄さん
これね~。危ないですよ。そろそろ食べないと。

実況古館さん
試合は網の上から場外に!!!場外はタレの海と化したー!!!
そして肉はトップロープに登った―!!!!!!あぶなーーい!!!

小鉄さん
危ないですよ!!!!危ないですよ!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

ジャストミーーーート!!!!!!

ってアナウンサーかわっとるやないかw

とまぁ男の一人焼肉はいつも脳内がこうなっているんですよ。

この手の話題にはたぶん女子&若年層の方にはわかりづらかったかもね。

まぁ京城苑のハラミは本当に一度食べればヤミツキなんです。炊き立てご飯に

焼きたてのハラミを乗せて口に頬張ればもう至福の時ですよ。たまにミートインザキムチ

とかやってご飯と食べるとまた至福の時なんですよ。そして京城苑はその他にも

名物「スタミナ焼」やスープ・ご飯ものもおいしい。そしてやっぱりお酒のお供

ホルモン

一通りハラミ&ライスを楽しんだ後はお酒も焼酎などに切り替えてホルモンタイムです。

これもまた1人焼肉の醍醐味でして、焼き加減が非常に難しいホルモンだから

自分の好きな加減で人に気を使わずに好きに焼けるわけです。私は結構「よく焼き」派。

とまぁ京城苑のお母さんがつけるキムチも絶品ですがやっぱり下味をしっかりつける焼肉は

絶品ですね。昭和の落ち着いた雰囲気で食べる焼肉もなんとも粋なもんでございます。

是非皆さんも京城苑のハラミ、ご賞味くださいませ。お母さんごちそうさまでした^^

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
京城苑(けいじょうえん)
住所 東京都渋谷区恵比寿西1丁目8-2
電話 03-3464-6455
営業時間 17:30~23:30 定休日


大きな地図で見る

Share (facebook)