恵比寿新聞は東京恵比寿の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

恵比寿のかけづか小学校に高級魚「クエ」がやって来たー!

クエを育てるだって!?

そんなニュースが舞い込んだのは先週。

大人も憧れる高級魚「クエ」。

その味は白身魚なのに非常に豊潤な味わい。

そしてなんと言っても「クエ鍋」が最高。

しかし「クエ」って海の魚じゃなかったっけ?

海水で育つ「クエ」をこんな陸地で育てる?

しかも渋谷の恵比寿のかけづか小学校でなぜ!?

全ての情報が謎だったので取材に向かいました。

kue001

どどーん!

なんだかすごい報道陣。。。

注目度合いが伺えるかけづか小学校校内。

今回渋谷区立加計塚小学校の5年生が

海の魚「クエ」を育てるそうなのですが

なぜ小学校で育てるのか?

そのいきさつは日本財団さんが進める

海と日本プロジェクト」という

海にまつわる社会課題を伝え、

海を未来へ引き継ぐためのアクションを

推進する活動というものがあるのですが、

この活動の一環として「陸養プロジェクト

という日本養殖振興会さんの養殖技術を使って

学校で海の魚を育てこどもたちに海に住む

魚たちの課題を育てながら知ってもらうという

なんとも実践的なプロジェクト。

全国にある小学校6校のうち

渋谷区立加計塚小学校がそのうちの

1校として選ばれたのです。

kue003

これ謝っているわけじゃないですよ(笑)

今日は実際にこの養殖水槽に

クエの稚魚が来る日。

この養殖用の水槽を考案した

日本養殖振興会の斎藤さん。

見てください。こんなコンパクトに

しかもシンプルな水槽。凄くないですか?

斎藤さんのお話ではこのプロジェクトには

既に10年の歴史があり今まで学校の先生方や

親御さんそして今回育てることになる子供たち

の協力でこの技術が育まれてきたそうです。

食卓から魚が消える?

何かと未来予測するときにおなじみの

アメリカの科学雑誌「science」も取り上げた

「2048年魚が食卓からいなくなる」問題。

その他にも2050年には地球の環境にもよるが

熱帯地域など一部地域で商業魚種の漁獲高が

40〜60%まで低下する危険性があると指摘する

研究結果まであります。まじですか・・・

なぜ消えるの!?

よく言われている「地球の温暖化」による

海水温の上昇や海水の酸性化で

魚が生きていけなくなる研究結果もあり、

漁業による無理な乱獲の指摘や

海洋ゴミの問題など、

この問題を取り巻く現実は様々。

陸での養殖

そんな海が今大変な現状の中、

陸で魚を育てる「陸上養殖」が盛んになる

と注目を集めています。

そういえば恵比寿新聞も聞いた話

富山で有名な「マス寿司」のサクラマス。

川で生まれて海で育ってまた川に戻る

習性を陸上養殖を富山で再現できた!って話。

いよいよテクノロジーイノベーションの時代。

kue002

校長先生の話

加計塚小学校の河口校長先生。

恵比寿新聞の情報では

大の釣り好き、自然好き。

こどもたちに生きた教育をとのことで

校長室が森になっているという噂も。

それはさておき、こんなお話を。

河口校長先生
さて、みんながこのクエをこれから育てていくわけなんですが。育てた後どうしますか?その事も考えながらみんなでお世話してください。

育てたあと

さぁどうするんでしょうか?

こどもたちの中には「え?海に戻す?」

「え?育てるだけじゃないの?」など

少しざわっとしたんですが、

一体どうするんでしょうか?

kue006

今後このプログラムでは

特別授業で海の環境汚染や海に対しての

授業を進めたり、12月には中間発表もあり

そして来年の2019年3月には最終発表会が

あるという事です。最終発表会で何が!?

こうやって実際にクエを育てて今の海を知る

って本当に素敵なプログラムだと思います。

kue004

そしてこのクエの稚魚を育てたのは

浦和実業学園生物部の皆さん。

孵化から育ててくれたクエを赤ちゃんを

かけづかの子どもたちにバトンを託します。

5年生頑張れよー!!!!!!!

kue005

という事でクエの稚魚を

養殖水槽にドロップイン!

さぁこれから来年の3月までの

半年間。クエの陸上養殖がはじまります。

こどもたちを通じていま置かれている海の

海洋汚染の問題や環境問題について

少し考えてみる機会になれば素敵ですね。

kue007
頑張れ加計塚5ねん!

Share (facebook)