恵比寿新聞は東京恵比寿の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

【特集4】バンタン卒業修了作品展の制作現場に密着

さて、今回は第4回目を迎える専門スクールバンタンの密着取材。

この回を含めてあと1回で特集が終わります。普段私たちは社会人になってから

このような「学びの場」を目にすることはそんなない事だと思います。

恵比寿新聞もなぜ?この案件を取材する事になったのか見つめ直してみると

「学び・議論し・創り上げる」事の喜びをもう一度再確認したかったからからも

しれません。学べることの素晴らしさをこの記事を通して皆さんも発見があれば嬉しいです。

さて、今回の取材は「バンタン卒業修了制作展」いわゆる卒展の制作過程を

各学生にスポットを当ててインタビューを交えお話を伺うという企画。

今回はバンタンデザイン研究所 ファッション学部 パターンモデリスト研究科

神彩夏(ジンアヤカ)さんにお話を伺いました。

かわいい★

最近恵比寿新聞はカワイコちゃん目がけての取材しかしてないね~とよく街で言われますが

そんな事ないんですよ!たまたまなんですよ!狙ってないんですよ!

神さんは21歳。今年卒業されます。現在卒展に向けて自らの衣装デザインと

卒展で行われるファッションショーのショーディレクターも努めてらっしゃるという事。

恵比寿新聞
忙しい中お時間いただきありがとうございます。いきなりなんですがこのファッションという
業界に興味を持たれたのはいつからなんですか?

神さん
元々祖母が着付け教室の先生をやっていて幼少の頃から親しみは有りました。
中学生になり同級生の友達が非常にファッションに興味がありその影響もあって
服の世界が好きになりました。

恵比寿新聞
その当時好きだったブランドとかはあるんですか?

神さん
特にブランドにはこだわりはなくて本当に自分が好きな
デザインを買っていたなと言う印象はありますね。その後高校卒業を期に
「絵の世界に行くか」・「ファッションの世界に行くか」悩んだんですね。

恵比寿新聞
いわゆる人生の分かれ道ってやつですね。

神さん
いつも自分は結構フィーリングで決めてしまう方なのですが、大事な選択
だったので片っ端から専門スクールの資料を集めて表にして一番自分に合った
スクールを出した時に最終的にバンタンが出てきたんです。

恵比寿新聞
最終的な判断の決め手になったのは?

神さん
フィーリングですね(笑)

恵比寿新聞
神さん。笑いのセンスあるじゃない。

恵比寿新聞
そうそう。自分がデザインした物に「自分らしさ」ってありますか?

神さん
よく友達にも言われるのですが「この色彩は神ちゃんぽいね」と言われるんですね。
よくよく自分で分析してみるとやはり和の影響を多く受けてると思うんです。
祖母の着付け教室の影響もあると思うんですが色の合わせ方に特徴があると思っているんです。

恵比寿新聞
と言う事は今回の卒展に出品する作品も神さんらしさの出た作品なんですね。

神さん
はい。色の合わせ方やパターンのシルエットにもこだわっています。
元々1年の時に「TOK△GE」というセルフブランドをやっているんですよ。
今回もその「TOK△GE」シリーズでテーマは「蘇生」。

恵比寿新聞
蘇生ですか?実際にどのような作品ですか?見てみたいです。

宇宙人柄ですか~

神さん
いえ・・・・うさぎ柄です。。

恵比寿新聞
あ~・・・失礼しました。うさぎですね。なぜうさぎと蘇生が?

神さん
私が考える“蘇生”と、うさぎがもともと持っている神聖なイメージが
うまくリンクすると思い採用しました。これはまだ未完成なんです。

恵比寿新聞
しかし服のラインといいインナーのうさぎ柄といい素敵ですね。
これが今回の卒展のファッションショーに出品される訳ですね。
そういえば今回ショーのディレクターも兼ねてやってらっしゃるそうですが
すべての学生さんの作品がどのくらいの数が出る予定なんですか?

神さん
予定しているだけでも約250体が出る予定です。

恵比寿新聞

250体ですか!?

恵比寿新聞
では現在神さんは自分の作品作りとショーのディレクションを同時に
やってらっしゃるわけですよね?

神さん
結構大変です・・・・

恵比寿新聞
様々な意見や思考があるわけですからラインナップ決定や演出など
相当大変そうですね。

神さん
でもみんなで助け合ってやっているので。今回のSHOWのテーマは
「ニューカマー」いわゆる「新参者」という意味です。
私たちは卒業し社会に出れば「新参者」なわけで
だからこそこれから新しい道を進む最初のコレクションとして
見ていただきたいと思っています。

恵比寿新聞
楽しみですね。当日のショーは23日の15時スタートですね。
一般の方にどんなメッセージがありますか?

神さん
ファッションデザインも注目してもらいたいですが演出やその他の
部分にも注目して楽しんでもらいたいです。


恵比寿新聞
最後に神さんの夢を聞かせてください。

神さん

一生何かを作り続けたいです

Share (facebook)