恵比寿新聞は東京恵比寿の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

自由な生き方が本当に素敵すぎる恵比寿のはずれにあるワインの聖地「ワインの樹」

ognge028

ずーーっと気になっているのだが

お店の見た目が完全に「常連客 御用達」

な雰囲気で入るのに勇気が必要で入れない。

そんなお店。ありませんか?

実は恵比寿にはそんな「御用達店」的な

雰囲気のお店がたくさんあります。

でも実は勇気を振り絞って入ってみると

想像していたほど孤立感や常連贔屓もなく

むしろ最高の料理やホスピタリティーを感じ

ある意味「なるほど」とそのお店の魅力を

堪能できる事のほうが多いのです。

「なぜもっと早く入っておけば…」

って思った方も多いことでしょう。

ognge027

今日ご紹介するお店は

恵比寿でも「入りづらさナンバー6」の

異名を持つ恵比寿駅から徒歩10分と

少し離れた場所にある「ワインの樹」

というお店。スナックかよ!と思うような

明朝体フォントの看板。サラリと通り過ぎた

人はみな「おしゃれなスナック」だろ?

と思うような入り口の設え。

ognge009
やっぱりスナックやん!

いいえ。違うんですね。

こちらここを切り盛りする佐久間 奈都子さん。

お店では「なっちゃん」と呼ばれている。

実はここに4年通う信者常連客の方から

是非取材してください!ということで

今回取材させていただくことになった。

恵比寿新聞
佐久間さん!ずっと気になっていたんですよ!このお店。

なっちゃん
え~ありがとう~なっちゃんって呼んでね!

恵比寿新聞
え・・・初対面で「なっちゃん」なんて・・・(〃ノωノ)な・・・なっちゃんさん・・・・

なっちゃん
なっちゃんでいいよ~^^とにかく今日は来てくれてありがとう。

恵比寿新聞
随分前からこのお店ありますよね。いつも見かけていました。でも・・・入りづらくて・・・

なっちゃん
あー。よく言われるんですよ~。恵比寿新聞さんにメールしたここにいる「ひろこちゃん」もそんな人だったよね?

ognge010

常連ひろこさん
そうなんですよ。いつも通るたびに気になって気になって。気になりすぎて実はジーっとお店の前で眺めるほどでして^^;

恵比寿新聞
やだ。きもちわるいw

常連ひろこさん
あはは。そうなんですよ(笑)するとなっちゃんがお店の中から「こっちゃこい。こっちゃこい」って手招きして(笑)

恵比寿新聞
で、お店初体験ってこと?

常連ひろこさん
はい。お店に入れてもらって。すると本当にびっくりするぐらい美味しい料理とワインが出てきて。。虜になってしまい・・・

恵比寿新聞
ほうほう。

常連ひろこさん
気づいたら週4でお店にいるようになりました(笑)

恵比寿新聞
ハマりすぎw

ognge011一体何の店なの?

恵比寿新聞
そもそもこちらの「ワインの樹」ってどんなお店なんですか?

なっちゃん
そういわれると難しいんだけど。イタリアワインが豊富な「みんなの家」的なかんじかな~。

常連ひろこさん
夜はなっちゃん一人でやってるんですよ。夜はお手製の料理を出してくれるんです。

恵比寿新聞
ん!?夜ということは?今は(取材したのがお昼の1時)

なっちゃん
あっ。最近リクエストに応えてランチをはじめたんですよ。今日食べていきますよね?

恵比寿新聞
もちろんですよ。是非たべたいなー。で。つかぬことをお伺いしますが・・・・

ognge001
なっちゃんの歴史

恵比寿新聞
そういえば。なっちゃんさん。いつも恵比寿新聞が取材するときに聞いているんですが、料理に目覚めたきっかけは?

なっちゃん
というかそもそも料理というより最初は飲食店の「サービス(接客)」から入ったのがきっかけで。元々は保育士を目指していたんだけどたまたま20歳にアルバイトで「アルポルト」というお店で働いたのがこの世界に入ったきっかけなんだよね。

恵比寿新聞
あ。じゃあ最初から料理の道ってわけでなく接客から入ったってことなんだ。

なっちゃん
うん。で、そこで3年働いて子どもができたので結婚。お店を辞めて主婦になるかと思いきや保育士の仕事や何故かスタバで仕事をするようになり。

恵比寿新聞
え!?いきなり結婚?

なっちゃん
そう。若いシェフとね~^^。それである程度落ち着いたので25歳の時に小石川のアルベッシェドーロというイタリアプーリア州の料理を出すお店でまたサービスを手伝って、2年後青山のコルテジーアという所でも働いて。その時に色んなイタリアのワインを教えてもらったのがきっかけでワインをおぼえて。30何歳だっけかな~。んー。神楽坂のアルベラータってイタリアンで働いて・・・・・

恵比寿新聞
なにこのサービス(接客)のプロ感。名店ぞろい。で独立するってこと?

なっちゃん
そう。イタリアのワインを楽しめるバーみたいなお店がやるのが夢で。借金して子育てしながらいろいろ物件探してたら「ここだ!」ってのが今のこのお店。

ognge013

OPEN当初

恵比寿新聞
で夢のお店をOPENすることになるのですがお店の名前「ワインの樹」の由来は?

なっちゃん
息子の名前が長男が「樹軌」次男も「大樹」って「樹」って字が入っていて、折角私の好きなワインのお店を作るなら子供たちのこれからの為にも頑張らないとという時期だったので「樹」の字を入れて「ワインの樹」にしたんだよね。

恵比寿新聞
へー。ええ話やん….(実はめっちゃ涙目)で、OPEN当初ってどうだった?

なっちゃん
それが笑っちゃうくらい人来なくてさ(笑)笑うしかないよね(笑)

恵比寿新聞
いや。だって(笑)ここ駅から相当離れてるから来ないでしょ!OPENするときに気づかなかったの?

なっちゃん
1日お客さん1人の日とかもあってさ。でもね。毎日毎日やっているとぽつりぽつりと来てくれる人が徐々に増えてくるんだよね。あっ!そろそろ何か食べる?

恵比寿新聞
あ!そうだった!ランチはどんな料理があるんですか?

なっちゃん
外にメニューあるから見てきて!

ognge005

すくなっ!

恵比寿新聞
なっちゃんランチのメニューシンプルすぎるw

なっちゃん
なんかいろいろあっても選ぶのめんどくさいでしょ?

常連ひろこちゃん
あ!恵比寿新聞さん!ワインの樹の「マッシュルームのサラダ」食べてみてください!!!

恵比寿新聞
マッシュルームのサラダ??ランチのメニューにないけど…..

なっちゃん
いいよ~。出してあげるよ~。

ognge015

とさっきまでニコニコだったなっちゃんの顔は

急に料理人の顔に・・・・・

恵比寿新聞
なっちゃんそういえば。料理ってどこで覚えたの?

なっちゃん
あー。実はね。母親の影響。本当にうちの母親はお料理が好きで。全部手作りだったんだよね~。小さい時からそういうのお手伝いしていたから。

恵比寿新聞
ってことはなっちゃんのお料理の師匠はお母さんだったんだね。

なっちゃん
まっ。そういうことだね。

ognge016
常連を虜にする味

恵比寿新聞
そういえばひろちゃん?(常連)なぜこのタイミングで「マッシュルームサラダ」なの?

常連ひろちゃん
いや!これがまた!ぷぷおうおう\さjkkなお味で!!!

恵比寿新聞
ちょっとひろちゃん落ち着こうか^^:

常連ひろちゃん
本当にびっくりするほど美味しいんですよー!!!!!

ognge018
マッシュルームサラダ

恵比寿新聞
まぁ。何の変哲もない「マッシュルームのサラダ」ですな。

なっちゃん
フッフッフ….

恵比寿新聞
では頂きます。ムシャ….ん?….甘い・・・ん?・・・うぁ・・・マッシュルームの香りが・・・なんじゃこりゃ。。

なっちゃん
おいしいでしょー。これは私が凄いんじゃなくて長谷川さんが作っている美味しいマッシュルームなんだよね~。ワイン飲みたくなるでしょ?

恵比寿新聞
うん!飲みたい!白ワイン!

ognge019

なっちゃん
これね~お気に入りなんだけど。イタリアの北部にあるフリウリ州ってところで作られているワインなんだけど。ベネツィアとかが近くだね。ここのワインが美味しいんだよね~。

恵比寿新聞
なっちゃんはワインに目覚めたのっていつ?

なっちゃん
んー。ワインの名前は忘れたけど、アルバイトしていた「アルポルト」で飲んだシャルドネかな~?

ognge020

恵比寿新聞
琥珀色だね。。

なっちゃん
フリウリ州ってイタリアでも白ワインが有名な土地でここで作る白ワインは赤ワインの造りかたと同じで白ワイン用のブドウを皮ごと漬け込んで造る方法だから結構「雑味」というか皮を剥いて造る普段の白ワインとは全く違った味わいがあるんだよね~。

恵比寿新聞
ははーん。皮ごと漬け込んでるから琥珀なのねー。

ognge021

恵比寿新聞
それではこちらも頂いてみ・・・ゴキュ・・・ゴキュ・・・ほぁ(‘Д’)スーッと入ってくるんだけど花のようなブーケの香りがして美味しい。あとでシェリーのような甘味の熟成香もしてなんだか不思議。

なっちゃん
美味しいよねー!

恵比寿新聞
そうやって考えてみたら「ワイン」でも「イタリア」と限定するから味の特徴って似てるのかな?と思うけどものすごく多様性のある飲み物なんだねー。

なっちゃん
同じ地域でも造り手によって違うからね~。じゃあねーとっておきの!

ognge026

と気づけば既に「なっちゃん」と自然に呼べていて

ため口で話しできていた自分がいました。

やっぱり色んな所で修業したなっちゃん凄いんだなー。

どんどん引き出されているかのよう。

取材そっちのけで飲むことになりました。

ognge008

恵比寿新聞
うぇ~い。いい感じでほろ酔いちゃんです(〃ノωノ)大丈夫なんですか?ランチ中なのに?

なっちゃん
だいじょうぶ!だいじょうぶ!

常連ひろこちゃん
恵比寿新聞さん!是非ワインの樹の「シャキシャキポテト」食べてください!!

恵比寿新聞
ウォー!びっくりしたー・・・ひろちゃん。ちょいちょいスルーパス送ってくるね。

なっちゃん
じゃあ出しちゃおうかな~。

ognge022
シャキシャキポテト(多分)

恵比寿新聞
きたね。ボリューミーなのが。

常連ひろこちゃん
これ本当にはjpsじはぶじょなんですよ!

恵比寿新聞
ちょっとひろちゃん落ち着こうか^^:

常連ひろこちゃん
本当にハマると思います!

ognge023
これ絶対美味しいやつやん

恵比寿新聞
もうみたからに美味しいやつじゃん。。

常連ひろこちゃん
どうぞ!

恵比寿新聞
では….ザクっ….う・・・・うんま・・・・サクサクとトロ~ンが一緒に来るじゃないか。。。あーーー口の中一杯に広がるわー!!なにかが(笑)

ognge020

なっちゃん
まぁまぁどうぞどうぞ!

恵比寿新聞
あっ。どうもどうも…恐縮でございます。。

常連ひろこちゃん
恵比寿新聞さん!!

恵比寿新聞
うぁ!びっくりした!急に「恵比寿新聞さん!」っていうのびっくりするわぁ!なに?ひろちゃん。今度は?

常連ひろこちゃん
是非ワインの樹の「玉子と胡椒のパスタ」を食べてみて下さい!!

恵比寿新聞
げ!もうこんな時間!!もう行かなきゃー!!!!

常連ひろこちゃん
えーーーーーー!?じゃあ「イチヂクとサラミ」も食べてくださいね!!!!

 

 

お昼の13時からかなりここで昼飲みしてしまい

次の予定の為後ろ髪惹かれながら次の現場へ。

「玉子と胡椒のパスタ気になるわー。。」

気になるわ….気になるわ….

しかも「いちぢくとサラミ」ってなんなんだろ?

気になるわ….気になるわ….

ognge031夜。気づいたら
お店にいました

恵比寿新聞
ひろちゃんの「玉子と胡椒のパスタ」と「いちぢくとサラミ」が気になりすぎて気づいたらお店の前にいたw

なっちゃん
あはは。ウケル。寒いから中入って!

ognge030

なっちゃん
今作るからこれ飲んで待っててね~。

恵比寿新聞
はーい。なんか昼の雰囲気と違って夜は結構落ち着いた感じなんだな~。

なっちゃん
そう?そういえばうちでは「魔の金曜日」って言われている「金曜日なのにお客が来ない」っていう現象があって。

恵比寿新聞
金曜日なのにお客来ないってやばくない(笑)

ognge032
イチヂクとサラミ

恵比寿新聞
これか。言っていたのは。

なっちゃん
どうぞ召し上がれ。

恵比寿新聞
結構大胆に柔らかいサラミをごつく切ってますね。イチヂクと一緒に食べるんですね?

なっちゃん
自由!(‘ω’)ノ

恵比寿新聞
んじゃあイチヂクとサラミと一緒に。パクッ。ん!うま!これ!!あーー。サラミの塩気とイチヂクの果実感が丁度いいわー。これも白ワインに合う!

なっちゃん
定番メニューだね。あとこれもどうぞ!

ognge033

恵比寿新聞
なんだろう?このパンの上に乗ってるのは?

なっちゃん
全粒粉のパンの上に素晴らしく美味しい上質なバターとめちゃくちゃ美味しいアンチョビを乗せた感じ。

恵比寿新聞
パクっ。。うぁ!!これもうまい!!!(その後絶句)

なっちゃん
これも癖になるよね~。はい。こちらがお望みのですよ~。

ognge034
玉子と胡椒のパスタ

これが想像を絶する「今まで食べたことない感」

ちゃんぽん麺のような太麺になんと目玉焼きと

塩コショウのみというものすごくシンプルな

パスタなのに。素材の味が一つ一つわかる。

パスタは噛むほどに香り高く芳ばしい。

目玉焼きと混ぜながら食べれば胡椒の

スパイシーな香りがアクセントに。

気づけばなくなっているという

「ザ・シンプル」な料理。

これは驚いた。

ognge012

「なぜもっと早く入っておけば…」

こんな名店があったなんて。

ワインの樹さんは本当に小さな店で

大人数での利用はあまり適していません。

お勧めするのは大切なパートナーと

2人で行ったり。気の置けない仲間と

少人数で利用するもよし。1人で行っても

なっちゃんが優しく対応してくれる(はず)

あっ。そういえばランチのメニューも

最高なので写真でご紹介。

イタリア産大麦のミネストローネ 1000円

イタリア産大麦のミネストローネ 1000円

子羊のウデ肉のスペッツァティーノ 1500円

子羊のウデ肉のスペッツァティーノ 1500円

三浦野菜のサラダランチ 1200円

三浦野菜のサラダランチ 1200円

ognge029
************************
ワインの樹
東京都渋谷区東2-15-3
03-6427-3815

ランチ  11:30~14:30
ディナー 18:00~25:00

Share (facebook)