恵比寿新聞は東京恵比寿の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

お肌トゥルトゥル?最近恵比寿で人気の参鶏湯タッカッマリの店「鳥一代」

なすがまま・きゅうりがパパ

はいw

たまたま恵比寿1丁目のマクドナルドの向かいのビルを通った時の出来事。

1階には恵比寿でも老舗のホルモン徳ちゃんのビル前に看板が出ていました。

「参鶏湯の美味しいお店 鳥一代」

気になる看板ですね。ちょっと奥に入ってみましょうか?

1階は「徳ちゃん」3階には「も~みんぐ」凄いネーミングセンスですね。

嫌いじゃない。「ハ~イ!グットも~みんぐ!!」っていう使い方が正しいのかな。

4階に気になっていた鳥一代と言うお店があります。それではエレベーターでレッツゴー。

エレベーターを降りてドアを開ければ右手に部屋がありました。

ここだけと思いきや奥にも部屋があるという事で。凄いつくりだな。このビルは。

おぉ。。ひろいな。。ここ。全部で50席ほどはありますね。

さて、1階の看板に見た「参鶏湯」が昼はランチでやっているという事で早々注文。

参鶏湯セット 1,200円

参鶏湯って韓国料理で新大久保とかで食べれば5,000円はするよね・・・・

1,200円って安いのかどうかがわからなくなるような値段だけど結構量あるな。

煮込んだ鶏肉がどっさり。半身入ってるみたいですね。

それでは頂いてみましょうか? ん???

ちょっと今日記事の説明テンポが速くない?と思ってます?それもそのはず

 

ここ!めちゃうま!

 

その足で店長の足元にひざまずき、下からのぞくような視線で恵比寿新聞こういいました。

 

取材させてぇ~

すると店長の松江さんからひと言「うちで良ければ・・・」

こちら鳥一代さんの名物は「参鶏湯」と「タッカンマリ」と言う事。

参鶏湯はひなどりまるごと一羽の中にもち米、なつめ、ニンニク、栗などを詰め

10時間コトコト煮込んでつくるという手間の掛けよう。凄いな。だから骨まで食べれるのか。

そして聞きなれない名前タッカンマリ!?なんでしょうね。。気になるな・・・・・・・・・

 

 

 

 

後日

そういえば参鶏湯を食べた次の日女子に「今日なんかスッキリした顔だね。」とか

「恵比寿新聞さんニベアでも塗ってるの?」ってぐらいコラーゲンたっぷりちゃんになって

お酒の進みもいいし、化粧のノリもいいし、参鶏湯恐るべしなんて思いながら再び訪問。

今回は名物タッカンマリと美味しい夜のメニューを頂く事になりました。

一人では食べきれませんので、今回一緒に食べるのに挑戦してもらうのは!!!

恵比寿のイケテルIT企業、ユーザーの心をくすぐるしかけを作る「スカイリンク」さんから

ちょっとSぽい小椋女史とちょっとMぽいコモトくんにお手伝いしてもらいました。

松江てんちょ~~~!!!

松江てんちょ~~~!!!

ぐつぐつぐつぐつぐつ

グツグツと煮えたぎる音がこだます、ここ、厨房でございます。

厨房の中は熱気と鶏ガラ出汁の良いにおいが充満するコロシアム状態。

そこにいらっしゃったのが鳥一代の松江店長なのであります。

恵比寿新聞
すごい大きな寸胴ですね。これはいったい何を煮込んでいるんですか?

松江店長
参鶏湯とタッカンマリのスープですね。

恵比寿新聞
あれ?ヒナドリちゃんは?

松江店長
ヒナドリはまた別の鍋で煮込んでいるんですよ。参鶏湯のヒナドリは8時間。タッカンマリは2時間ほど煮込んでますね。

恵比寿新聞
ちょっと厨房の中熱いので外で話しませんか?・・・・・・

恵比寿新聞
と言う事で松江店長。前回頂いた参鶏湯がうまうまでしたので本日は鳥一代名物と題しまして色々とお料理を出してもらえるとありがたいんですが。

松江店長
了解しました。ではどんどん出して行きますね。

・・・・・・・・

恵比寿新聞
店長。鳥一代の名物「キャベツ」って。ジョーダンはバスケだけにしてくださいよ。

松江店長
いや、実はこのお通しが人気なんですよね。味噌漬けて食べてみてください。

恵比寿新聞
またまた。ジョウダンは極真だけにしてくださいね?

パリ。。。

う・・・・・うまい・・・・味噌が・・・・

松江店長
でしょ。これ人気で常連さんから「作り方教えてくれ」って結構言われるんですよ。

恵比寿新聞
コモトくん・・・どうした・・・・??

コモトくん
キュピ―――ン!!

恵比寿新聞
なんだ。。光っただけか・・じゃあ松江さん次の料理をお願いします!

松江店長
了解しました!それじゃー次は!!

恵比寿新聞
次は?

 

 

 

 

 

お刺身の盛り合わせ

恵比寿新聞
・・・・鶏かと思ったら魚・・・・いつ鳥があらわれるんですが・・

松江店長
まぁ食べてみてくださいよ。味の解る方ならわかると思います。

恵比寿新聞
じゃあ・・まぁ~。味の解る男から頂きましょうか?

ペロり・・・

ん!?うまい!!高級料亭でもこの辺の魚出ないぐらい新鮮じゃないですか?

松江店長
いや。実は私の実家は築地で山長っていう卵焼き屋さんやってるんですよ。その関係で美味しい魚が引けるんですね。

恵比寿新聞
え!?テリー伊藤さんの卵焼き!?じゃないですよね。

松江店長
あの辺は沢山卵焼き屋さんがあるんですよ。うちの山長は創業から化学調味料なしの無添加でずっとやってます。

恵比寿新聞
へぇ~。それはいい事聞きました。

恵比寿新聞
ん??コモトくん??またどうした・・・・??

キュキュキュピーン

恵比寿新聞
あ・・・コモトくんって美味しいと光るのね。。。いやぁ~これは絶品ですね。

松江店長
築地で生まれ育ってるので色々と融通きくんです。この魚なんて有名なミシュランに出ている寿司屋さんと同じレベルの物ですから。

恵比寿新聞
甘エビ・サバ・サザエ・真鯛・たけのこ・ひらめが入ってる。つうとやっぱり。。お高いんじゃないですか?

松江店長
1980円です。

恵比寿新聞
コモトくんはコスパの部分でも反応するんだね。でも松江さんが築地出身とは。なんだか生まれ持った才能的な。それではお次の料理をお願いします。

鶏の陶板焼き

恵比寿新聞
松江さん。これ。生でも行けるような。

松江店長
・・・・・・

恵比寿新聞
ん???・・・・生でも行けるんですよね?

松江店長
もちろん以前鶏刺しで出していた物なので。でも法令上焼いて食べて頂くようになっていますから。

恵比寿新聞
そうですよね~。じゃあこれは小椋女史にたべてもら・・・・

もう焼いてるやん~(笑)

小椋女史
結構半焼でもおいしいですね。どこの鶏なんですか?

松江店長
薩摩赤鶏ですね。もも・砂肝・レバ・ササミ・胸肉ですね。醤油、ポン酢、ごま塩で食べてください^^

恵比寿新聞
確かにこれは新鮮でいいですね。この砂肝なんて半生でごま塩で食べたら。最高。こちらのお値段は?

松江店長
1600円ですね。

キュピーン!キュピーン!キュピーン!

※省略※

恵比寿新聞
松江さん。そろそろ本題に参りましょうか。

松江店長
いきますか。

前:タッカンマリ

恵比寿新聞
これが名物タッカンマリですか?

松江店長
そうですね。ここにスープを入れて煮込んだものをお出しします。いわゆる日本の水炊きに近いですね。

恵比寿新聞
野菜はこれ?じゃがいもっすか?

松江店長
はい。じゃがいも・ねぎ・トッポギ・そしてコトコト煮込んだヒナドリとアクセントに生ニンニクですね。

タッカンマリ

これが「美肌鍋」とまで言われる「タッカンマリ」。ここから一気にグツグツと煮ます。

恵比寿新聞
小椋女史。これで明日はトゥルトゥルのお肌に変身ですよ!

小椋女史
ですね~!!!キャーーー。モテたらどうしよう~~~!!!!

コモトくん
キュッピ―――――ン

ここで重要なアイテムを紹介します。まずはアンデスの岩塩。こちらも松江さんが

色んな塩を選んだ結果、このアンデス岩塩になったとの事。何故ならさらにコクがますそうです。

そしてこちらが秘伝のタレ。醤油・酢やネギなどを配合した独自のタレ。

これをコトコト煮込んだヒナドリにつけて食べればキュピ――ンなんですって。

と言う事で松江さん自らよそって頂き実食と参ります。

まずはスープから頂きました。いやぁ~これは日本の水炊きに通ずるものがあります。

しかし生ニンニクが効いていてかなりアタックのあるお味。これはこのスープだけで

ご飯三杯イケちゃう系ですね。参鶏湯と違い味に丸みがあってこれは日本人向け!

松江店長
実はうちのタッカンマリ、本国の韓国人にも人気なんですよ。

恵比寿新聞
いや~本国のタッカンマリは食べた事ないのでわからないけど万国共通の味っすね。

ヒナドリを頂きました。鳥一代で使用するヒナドリは800g以下のヒナドリを使用。

一つ一つ丁寧に煮込んで臭みもなく、そして柔らかい。10時間煮る参鶏湯は

恐ろしいほどの柔らかさですがタッカンマリのヒナドリはジューシーかつ弾力有。

スープに胡椒とアンデス岩塩を入れればちょっとコクがましてさらに美味しい。

そして驚いたのは、煮込んでいるうちにタッカンマリのスープの味が変わる事。

どう変わるかと言うと野菜の旨味がしみだしてよりコクが出るという感じ。

これは二度おいしい。トッピングにはなんと手羽先餃子なんてのもある。

これは写真も撮りたくなりますよね。いや~かなり美味しいな~。

でも鍋と言えばやっぱ恒例の「しめ」的な行事があると思うんですが。

始まっちゃう系?

きちゃう?きちゃうの?これあれ来ちゃう系???????????

メンラー ちゃったきー

いや~これで雑炊も良かったんだけどそれじゃータッカンマリぽくないしね。

やっぱ〆はメンラーですね。モヤシがたっぷりでございますよーーー!!!

待つこと1分・・・

できちゃいましたよ。〆のラーメン。取材している時間が16時過ぎ。

これが夜だったらさらに美味しいんだろうな。。。。頂きます。

昼でも美味かった(笑)

北海道らーめんを彷彿とさせるモヤシ加減と丁度良い鶏のスープが絶妙すぎる。

これでラーメン屋さん開けるかもというレベルまで到達しています。なかなか〆のラーメンで

ラーメン屋のレベルまで到達しているお店は無い中、タッカンマリやりおんな~。

いやぁ~美味しかった。でもさ。これだけ楽しめるタッカンマリ。おいくらなんでしょ?

恵比寿新聞
松江店長。タッカンマリ。こちらのお値段教えてください。

松江店長
3~4人前のこのサイズで

1980円です!

それはコモトくんもキュピるよね。いやぁ安いし美味しいし来て良かったです。

これから消費税アップに伴い飲食店の方は大変でございます。そんな中、ここまで

安く提供している「鳥一代」さんは素晴らしい物があると思います。利益を少なくても

たくさんの人に食べてもらうというコンセプトも素晴らしい物ですね。

スタッフの皆さんと。あれ?小椋女史も一緒に。今回一緒に食べてくださったスカイリンクチーム

ありがとうございました。またいじられる覚悟で参加お願いします。そして鳥一代の松江店長の

築地の話も素晴らしかったな。ここは恵比寿新聞イチオシの鍋店でございます!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
鳥一代 
住所 東京都渋谷区恵比寿1丁目8−7 三恵8ビル4F
電話 03-3440-6300
営業時間 月~金 お昼11:30~14:00 夜17:00~23:00
     土17:00~22:00 日曜祝日定休日 土曜営業


大きな地図で見る

Share (facebook)