恵比寿新聞は東京恵比寿の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

広尾の大衆中華の名店「国泰(こくたい)」が53年の歴史に幕

kokutai006

明治通り沿いにある街の中華料理屋さん

「中華 国泰(こくたい)」が閉まるという

情報が入ってきたのは9月頭。

最初は「え!?うそでしょ?」とつい先日も

オムライスを食べたばっかりだったので

信じられない気持ちでいましたが

閉店の情報は間違いない情報でした。

kokutai003

恵比寿新聞が2014年に発行した冊子

「あなたのしらない恵比寿」で

「国泰(こくたい)」を取材させて頂き

それから年に4~5回は通うようになっていた。

10年前ぐらいに今の店主がお店を引き継いで、

お店自体の創業は1965年。昭和40年。

今から53年前にOPENしている。

目当ては「オムライス」か「カタ焼きそば」。

kokutai008

お店の奥さんとたまに話すと、

「もう歳だからね~。中華屋は大変よ」と

大きな鍋を振りみんなに料理を作ってくれる

おじさんになんだか悪いなーと思いつつも

「かた焼きそば」を頼んでた。

kokutai001

優しめの味にこの揚げた麺が染みて

パリパリと食べるのも良いんだけど

ちょっと時間が経って餡が沁み込んだ麺を

ズルズルと食べるのが楽しみでした。

kokutai005

国泰の出前をよく取っていたという

広尾が地元の仲間の話では

「いや!断然かたやきそばでしょ!」と

その情報をうのみにして食べて

恵比寿新聞もハマったくちで。

その他にも「オムライスは昭和の味!」と

ケチャップのチキンライスにぺらっと

タマゴで包まれたオールドスクールな

オムライスをいつの日かを懐かしむように

ハマっていた記憶があります。

kokutai007

国泰さんがやっているのは21日まで。

とにかくお母さん、おじさん、

お疲れさまでした。

しっかりと恵比寿新聞に記録します。

Share (facebook)