恵比寿新聞は東京恵比寿の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

とんかつの名店「ぽん太」から見えたとんかつの歴史

こちら槍が先交差点にあります。トンカツの名店「ぽん太」

え?ここ恵比寿じゃないんじゃない?って?

実はこの場所は「中目黒新聞」と「恵比寿新聞」の「非管理区域」でして。

今回奇襲をかけるべく恵比寿新聞はこの「非管理区域」に潜入。

なぜならこのぽん太の住所

渋谷区恵比寿西1丁目

かーーーーーかっかっかっか(高笑い)

あーさて~。そんな「恵比寿の」ぽん太より今回はお送りいたします(笑)

皆さんもこの辺を歩くとこの「ぽん太」さんの存在には気づいていらっしゃったと思います。

恵比寿西一丁目の地に既に20年商売されている「ぽん太」さん。

実は元々、渋谷東急ストア付近の開発前の場所に創業。その後開発の為

恵比寿に1992年に移ってこられたそうです。

創業は昭和30年ごろ。実に約60年の歴史を誇るお店なのです。

現在は三代目の息子さんが後を継がれています。

「ぽんた」って他にトンカツの店があったような…

上野とんかつ御三家といえば

蓬莱屋(ほうらいや)

双葉(ふたば)

そして

上野 ぽん多

なのであります。ぽん太の女将さんにお話を伺うと、現在の三代目のお爺様にあたる

初代が元々上野のぽん多で修行されていたという事で、あの上野ぽん多の味直系のお店。

上野ぽん多と言えば、創業明治38年。1905年創業ですので、実に

108年守り継がれた味

という事になります。というかそもそも「とんかつ」っていつぐらいから

食べられていたんでしょうか?

「とんかつ」の「かつ」は「Cutlet(カットレット)」いわゆるフランス料理の

「Cotelette(コートレット)」という子牛・羊・牛などの骨つき背肉を

パン粉をつけた物をバターで揚げた物が明治時代に日本にやってきたことがルーツ。

1860年に福澤諭吉が発表した「増訂華英通語」(中国語と英語を日本語に置き換えた本)

では「吉列 Cutlet コットレト」というのが歴史上もっとも古い記述で

有名な物はカレーも「Curry コルリ」と書かれておりました。

すべては米国よりペリーが浦賀来航してから伝来されたものと言われています。

いわゆるこの「Cutlet(カットレット)」が「吉列(キチレツ)」になり

その後「カツレツ」になったという事でしょう。

1895年。今から数えると118年前に創業した東京銀座にありますフランス料理

「煉瓦亭(れんがてい)」が日本のカツレツの発祥と言われております。

当時のカツレツは牛肉が使用されている事を豚に変更して「ポークカツレツ」にしたのも同店。

そしてフランス料理にはパンが付け合せとして習慣だった事を煉瓦亭ではお客さんのニーズに

合わせてお米に変更。カツレツにキャベツの千切りを添えお米で食べるという現在の

「とんかつ」スタイルはココで出来上がったという説があるそうです。

※キャベツを横に添えたのは「ぽんち軒」という説もあるそうです。

その後上野にある「ぽんち軒」によって厚切りの豚肉を使用し大量の油で揚げる

「とんかつ」が誕生。この「ぽんち軒」の常連でもあった講釈師の円右が

高座のネタにしたことがきっかけで一気に大衆に広まったそうです。

この時代背景からして今から118年前の1895年煉瓦亭創業から

1905年の上野ぽん多創業の10年間で恵比寿新聞が想像するに

とんでもない「とんかつブーム」が起こっていたのだと推測します。

とまぁ歴史の話はこの辺にいたしまして。「ぽん太」の話に戻ります。

上野ぽん多のとんかつは「びっくりするほど柔らかい」そして「衣が白い」

恵比寿新聞が推測するに「ゆっくりじっくり揚げているから」なのかなと

思っていたら注文から20分待つことに。やっぱりじっくり揚げているんですね。

とんかつ定食 2300円

ごはん。赤みその味噌汁。おしんこの盛り合わせ。

そしてやはり白かったとんかつ。千切りキャベツに横には謎の揚げ物が。。

現代のとんかつ屋には特製のソースなどドロッとしていて甘みのあるソースが

主流ですがこちら「ぽん太」はウスターソース。

驚くほど分厚い豚肉は絶妙の塩梅で火が通っており

完全に火が通っている訳でもなく本当に「絶妙」の火加減。

そして食べてビックリ「やわらかい」。これぞぽん太のとんかつなんですね。

最後に謎の「小さな揚げ物」こちらは「おいもさん」の揚げ物。

これが甘くておいしいのなんの。2300円と少々お値段も張りますが

そんな歴史を踏まえてこちらでとんかつを食べてみるのも粋な物かもしれません。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ぽん太

住所 東京都渋谷区恵比寿西1-34-15
電話 03-3461-8118
営業時間
[月~土]
11:30~14:00
16:30~20:20(L.O)
日曜祝日 お休み
土曜営業・子供歓迎

大きな地図で見る

Share (facebook)