恵比寿新聞は東京恵比寿の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

俺のハンバーグ山本が「俺の」を卒業!?恵比寿新聞独占取材で真相が明らかに

ore001

俺のハンバーグ山本が「俺の」を卒業!?

そんな噂を聞いたのが5月の頭。

とある先輩からだった。

「これは一大事だね・・・・」

今から11年前の2005年に

恵比寿ビール坂に産声を上げた

俺のハンバーグ山本。

飛ぶ鳥を落とす勢いで行列店となり

恵比寿ビール坂の名物店となった。

ore002

しかし2010年代に入り

「俺の」を店名の頭につけた飲食店が

続々とOPEN。巷の人からは

「え!?俺のハンバーグ系列!?」

といううわさも飛び交い注目を集めるが

実は「全く関係ない」系列であった。

いわゆる「便乗商売」の走りでもある

この「俺の問題」に終止符を打つため?

俺のハンバーグ山本はお店のシンボルでもある

「俺の」と決別するべく卒業するということに

なったのか?真相を聴くため当事者でもある

俺のハンバーグ山本代表の山本社長に直撃

インタビューを敢行しました。

ore005

意外と元気(笑)

恵比寿新聞
山本社長。「俺の」を卒業するって本当なんですか?

山本社長
はい。本当です。

恵比寿新聞
どうして?どうして?「俺の」のオリジネーターでもある「俺ハン」の愛称で親しまれた俺のハンバーグ山本さんが「俺の」を辞めるって。。「俺の」が無くなればどうなるんですか!?

山本社長
「俺のハンバーグ山本」改め「山本のハンバーグ」に改名します。もう決めたんです。

恵比寿新聞
いやいや!!最初に「俺の」使いだしたの山本さんじゃないですか?

山本社長
まぁそうなんですが。改名するにはいろんな想いがあるんですよ。

恵比寿新聞
いろんな想いがあるんですね・・・・ではその辺をゆっくりと聞いていきたいんですが、そもそも「俺のハンバーグ山本」の「俺の」はどういういきさつでつけることになったんですか?

ore003

料理のセオリーを無視した「俺の」オリジナル

山本社長
大学を卒業してすぐに新卒で入った会社(株式会社ムズジャキフーズ)の独立支援制度で「自分だけのオリジナルなお店が作りたい」という想いが実り入社半年でこのお店ができたんです。新卒入社から1年で独立。当時自分のお店の売りを何にしようかと考えているなかで、「お母さんの手料理のように暖かく健康に気を使った、子供からおじいちゃんおばあちゃんまで誰もが来れる店。そして地元に寄り添い100年続くお店」を作りたいと思っていました。そこで、一番みんなに身近な定番メニューで、私の思い出的に「ごちそう」で「たのしい」を連想させる料理である、「ハンバーグ」を選んだんです。

恵比寿新聞
入社半年後にお店を持つってすごいですね・・・料理の経験とか有ったんですか?

山本社長
いや。実はそれが無くてですね。なので試行錯誤でハンバーグづくりをしたんですが、むしろ料理経験がない分、普通の料理のセオリーは無視して「俺が好きな俺オリジナルのハンバーグ」を追求したんですよ。それで店名の前に「俺の」をつけることになったんですよ。

恵比寿新聞
よく考えてみたら新卒わずか半年でお店を開業って、どんな若いときにOPENしたんですか(笑)

山本社長
まぁ今考えてみたら「俺の」を付けたのも「わかさゆえ」ってところもあったと思います^^;

ore012

元祖俺のハンバーグ誕生秘話

恵比寿新聞
ちなみに現在でも一番人気のあの中にとろけるクリームソースが入った「元祖 俺のハンバーグ」はどうやってできたんですか?

山本社長
じつはこの「元祖 俺のハンバーグ」って最初から無かったメニューなんですよ。

恵比寿新聞
え!?俺のハンバーグを作るためにお店を作ったのに!?

山本社長
はい。実はOPEN当初お出ししていたのはシンプルなハンバーグだったんですよ。しかしお客さんから「うん。美味しいけど普通」と言われたんですね。その時我々の店名とお客様が求めるニーズに若干の開きがあることを知って。「俺のハンバーグというものを皆さん求めている」という期待に応えるべく「元祖 俺のハンバーグ」を試作することになったんです。最初から自分の個性でハンバーグを作ったつもりでしたが、まだまだ足りなかったようです。

恵比寿新聞
意外でしたね。最初作ったハンバーグは美味しいけどインパクトに欠ける。そこで「お客様のニーズ」を真摯に受け取り「どこにもないハンバーグ」を開発したということですよね。どんな発想でこの「元祖」が出来上がったんですか?

山本社長
洋食屋さん人気メニューは「ハンバーグ」と「クリームコロッケ」と思い、この2つをドッキングしたらどうなのか?と思ったんです。

恵比寿新聞
めちゃくちゃ安易な発想だけど(笑)成功してるから何も言えない(笑)・・・・

山本社長
最初は揚げたクリームコロッケをハンバーグの中に入れたり・・・・

恵比寿新聞
成功したんですか?

山本社長
大失敗でしたね(笑)その他にもハンバーグの上にクリームコロッケを乗せたりかなり試行錯誤したんですが、最終的に「衣」の代わりに生ハムを使いハンバーグでクリームソースを包み焼き煮込み、このハンバーグに合うソースもご飯に合うように味噌を使い開発しました。

ore010

次第に行列店へ

恵比寿新聞
いや。でもOPEN半年ぐらいで行列してませんでしたっけ?

山本社長
はい。「元祖 俺のハンバーグ」ができたのがそのころ。突然「王様のブランチ」が取材にやってきたんですね。

恵比寿新聞
もしや。俺のハンバーグ山本最初のブレイクスルーのきっかけは「王様のブランチ」だったんですね。

山本社長
はい。放送後、驚くほどの反響をいただきまして。

恵比寿新聞
めちゃくちゃ並んでいましたね。しかもずっと。

山本社長
はい。でも予想以上の行列に最初は全然対応ができなかったのも事実。その他にも「地元の人に愛されるお店」をめざしていたはずなのに・・・

恵比寿新聞
わかります。急に行列店になって地元の人も普段使いできなくなったことも事実。でも今もですが「観光地」のように俺のハンバーグをめがけていらっしゃる方も多いですし、この恵比寿4丁目のビール坂に与えた影響ってものすごくあると思いますよ。だって飲食店がここまで増えたのも山本さんのお店が光っていたからかもしれませんし。

山本社長
スタッフや近隣の皆さんのおかげだと思っています。おかげさまで現在までに8店舗展開させていただくまでになりました。ほかの店舗でもその地域に根差したメニュー開発など「街に寄り添った」運営を心がけているんですよ。

恵比寿新聞
お話によると学生の多い高田馬場はカレー食べ放題とか。

山本社長
はい。その街にしかない良さを生かしてサービスも街の流れに沿った企画にしています。

恵比寿新聞
地域の流れの沿ったサービスかぁ~。いや~人気の理由がわかった気がします。さて、山本社長そろそろ本題に。

ore006
「俺の卒業」の真相

恵比寿新聞
さて、今回の主題でもある俺のハンバーグ山本が「俺の」を卒業し「山本のハンバーグ」になる直接的な理由ってなんなのでしょうか?

山本社長
はい。私たちは2005年からこれまで「俺のハンバーグ山本」として運営してきましたが昨今の「俺の」を店名の前につけるお店が出てきて我々のサービスと混同されるお客様が沢山いらっしゃり、やっていることも違えば商売のスタンスも違うわけで。それ以上にお客様に誤解を生むのは非常に申し訳ないと思い今回おもいきって「俺の」を卒業して「山本のハンバーグ」という店名に変更しようと思ったんです。

恵比寿新聞
やっぱりそうでしたか・・・恵比寿新聞もこの5~6年の間に「俺の○○○○」というお店ができた時に「あれ?俺のハンバーグの系列が増えたんだ~すげえなー手広いなー」と思ってたんですが、実は系列が全然違ったということを最近まで知りませんでした。便乗商売的でしかも「俺の」の字体も似ていたり。完全に確信犯だねこりゃって話をしていたんですよ。山本さんも怒ってるんじゃないですか?

山本社長
いやいや全然怒ってないです。むしろいい経験させてもらえたなと思っています。それ以上にお客様に私たちのお店づくりが正しく伝わっていくように、そしてスタッフにも。ここはきっぱり「俺の」を卒業して新しい挑戦をしていこうかと。

恵比寿新聞
いやぁ~男前だな~。昨今この「商標問題」って色々とあると思うんですよね。恵比寿新聞も以前横浜の○○新聞ってところにメディア運営のノウハウを提供した後に同じようなモデルでどんどん新聞を増やされたことがあってね。。でも後で思えば「もっと違うことに力を注ごう」と思ったんですよ。すみません。こちらの話になってしまい。ところで「俺のハンバーグ山本」は今まで「俺ハン」の愛称で親しまれていたということですが、今後どうなるんだろう・・・

山本社長
「山本のハンバーグ」なので「山ハン」と呼んでいただければ^^

恵比寿新聞
某パチンコメーカーさんみたいだ(笑)

山本社長
スタッフと一生懸命考えたんですよ(笑)考え抜いて「山本のハンバーグ」になったんですよ。

恵比寿新聞
それにしても山本さんって本当にスタッフに気を使ってらっしゃいますよね。

山本社長
え?気を使ってるって?

恵比寿新聞
いや、悪いほうの気を使っているじゃなくて、「思いやり」のほうですね。

山本社長
みんな「想い」があってやっているスタッフばかりなんです。家族みたいなものです。

ore009
自ら未来のスタッフを探す社長

恵比寿新聞
「俺ハン」のスタッフのみんなフレンドリーで丁寧なんですよね。

山本社長
恵比寿新聞さん。「山ハン」でお願いします(笑)まぁ6月1日からなんですけどね。

恵比寿新聞
あぁー!失礼しました。「山ハン」のスタッフの人って本当に丁寧でまっすぐというか。接客されているとホッコリするんですよね。どうやってこんな素敵なスタッフが集まってくるんですか?

山本社長
いや。集まってくるというより僕が全国津々浦々まで探しに行っているんですよ。

恵比寿新聞
えー!?どういうこと!?社長自ら全国津々浦々って???どうやって?どのように??どんなひとを????

山本社長
あはは。実は学校とお話しさせていただいてその先の就職先を「山ハンで」と回っているんです。なので僕が会いに行って面接しています。

恵比寿新聞
就職活動支援ってことですか?

山本社長
支援というか自分の目で素敵な人材を探しているだけですよ^^

ore008

こちら入社2年目の宇野さん。

愛知県出身。実は宇野さんも山本社長が

直々に会いに行って就職を決めたそうなんです。

宇野さん
本当は大学に行く予定だったんですが急遽進路変更をしたときに山本社長が会いに来てくださって働くことになりました。

恵比寿新聞
へぇー。わざわざ社長が直々に会いに来る会社って怖くない?(笑)

宇野さん
いえ(笑)

恵比寿新聞
まぁ怖くても言えないよね(笑)ところで今回「俺のハンバーグ山本」から「山本のハンバーグ」に店名を変更するのにスタッフの戸惑いとか有りませんでしたか?

宇野さん
いえ。全然そんなことはなくて、むしろ、「俺」は無くなってもおいしいハンバーグはあります^^

恵比寿新聞
山本社長!!!!!なにこのいい子(笑)すごいっすね。名言をさらりと。

山本社長
いや~うれしいですね。

恵比寿新聞
そういえば「俺の」を卒業する良き日になんだかおもしろいキャンペーンをやっているとか?

山本社長
そうなんですよ。私たち「俺のハンバーグ山本」が「俺の」を卒業するのでここは皆さんも「なにか」卒業してみませんか?というキャンペーンでして。

恵比寿新聞
じゃあ恵比寿新聞も「恵比寿」を卒業してみようかな・・・・卒業すると良いことあるんですか?

山本社長
私共とともに卒業した暁にはその場で「山本のハンバーグ」の無料券をプレゼントします!

恵比寿新聞
まじっすか!!!

13173619_1081190321964509_4760694629168811926_o

とまぁなんだか面白い企画ですね。

俺のハンバーグ山本が「俺の」を卒業する

事を記念して、お客さんも何かを「卒業」したら

もれなく「山本のハンバーグ」の

無料券がもらえるという。どういう手順なのか?

①お店にいく
お店にまずは来店するわけです。当たり前ですけど(笑)

②記入する
スタッフにひと声かけてください。「卒業したいんですが」と(笑)すると気さくなスタッフが満面の笑みで画用紙を持ってきてくれるのでそこに力強く「なにを卒業するのか」書き込みます。

③撮影する
決意とともに撮影します。笑顔で卒業するわけですね。あばよと。顔出しNGの方には特製の「卒業決意マスク」のご用意もあるそうです。って「顔出し」って!?

④UP
SNSに投稿する。そうすることで「卒業」をしたことにを人に見てもらうことで後に引けなくなるそうです(笑)確かにね。ハッシュタグに「#山本のハンバーグ」と入れて投稿。

⑤スタッフまで
卒業したことをスタッフと共に涙で分かち合う。すると「山本のハンバーグ」無料券がもらえるぞ!!!

続々と卒業中

いや~面白いな~。早々恵比寿新聞も

何かを卒業しようと思います。

さて、「俺ハン」改め「山ハン」には

こんな素敵なサービスがあることを

知っていますか?

ore011
お子様ランチ300円

家族で食べてもらいたいから。

ハンバーグはごちそうだから。

そんな山本社長の想いからできた

お子様ランチ300円。

お子様ランチは手抜きな物が多い中

山本のハンバーグのお子様ランチ

頂いてみましたが(いただいたのかよ)

手抜き一切なしのお子様ランチです。

このサービスはすごい。そして

こんなメニューもあります。

ore013
スープカレー

山ハンこだわりのスパイシーなスープカレー。

もちろん中にはハンバーグが入っており

その他にもグリルされた季節の野菜がゴロゴロ。

頂いてみましたが非常にさっぱりしていて

胃もたれしないさらりとしたスパイシーなお味。

ore015

なにはともあれ世の中いろんなことがあります。

「真似されるだけ立派だったんだよ」

と言われる事もあるけどここまできっぱり

「俺を」卒業した山本のハンバーグさんに

敬意を表したいと思います。

最後にスタッフの方が言っていた言葉

「俺の」は無くなってもおいしいハンバーグはあります

Share (facebook)