恵比寿新聞は東京恵比寿の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

恵比寿大沢カメラが超DEEPで超GEEK

こちら恵比寿西口銀座商店街に有ります老舗「大沢カメラ」

こちらではデジカメのプリントアウトや証明写真その他

USEDカメラの販売やレンズの販売をしている。

こちら大沢カメラは創業70年。戦前から営むカメラ屋さん。

この場所は丁度現在の松坂屋ストアやカルピス本社に

上がっていく道のど真ん中に大沢カメラがあったそうです。

EBISU CAMPと書いているのは現在の防衛庁研究所の所に

昔英連邦がやっていた基地があったそうです。

そしてこちら、大澤政彦さんは大沢カメラ3代目。

8mカメラを持ってニコニコしています。

この大澤さん。ものすごくマニアックなカメラ店主なんです。

実は恵比寿新聞が使用しているカメラは7Dというキャノンの一眼でして

この7Dに合うレンズを色々と紹介してもらったのですが、

素人には驚愕のレンズ紹介になったんです。

大澤さん
じゃあちょっと面白いレンズ出してみましょうか?
キャノンのEFマウントには昔のビンテージレンズとかは合わないんですが
「他社レンズもつけれるマウント」さえ付ければビンテージレンズも
使えるんですよ。ねじ込み式のレンズとキャノンのカメラを接合する
マウントを付けてビンテージレンズをテストしてみましょうか。

という事でレンズ接合部分に鉄の輪っかのようなマウントを設置して

昔のビンテージレンズで写真を取ってみました。

超すてきなピンあま

大澤さん曰く、ビンテージレンズの世界は奥が深く世界に6000種類ものレンズが存在しており

キリがないのでマニアの間では「レンズ沼」と呼ばれるほどの奥深さだそうです。

このピンあま写真が撮れたレンズは東ドイツのカール・ツァイスのレンズ。

大澤さん
じゃあ次は日本のペンタックスが出してたSuper-Takumarという
レンズいってみましょうか。

おぉ~これもナイスピンあま~!!

しかも値段もお手頃4200円!

大澤さん
他にも面白いレンズありますよ。
ライカの改造レンズ。レンズはライカでマウント部分は
キャノンのEFマウントに変えてるんですよ。

おぉ~独特の色~

大澤さんを被写体に。

いや~奥が深いですね~。レンズを変えるだけでこれだけ写真の表情が

変わるって凄いです。あれ?このレンズはなんなんでしょうか?

大澤さん
これは8mビデオ用のレンズで、最近はペンタックスQという
レンズ取り外し型のミラーレスデジカメに先ほども話した
「取り付けマウント」を設置して昔の8mカメラのレンズを
デジカメにくっつける事が出来るんですね。

なにそれすごい!

所謂ペンタックスQはレンズが取り外せるデジカメでして

そのレンズ部分になんと8mカメラのレンズを取り付けてしまうという

凄い荒業があるとは知りませんでした。

大澤さん
僕よりも来てくれるマニアのお客さんが詳しすぎて色々と情報も
もらっているうちにこんな品揃え豊富に知ってきてしまったんですよ。
ほとんどこの辺の8mレンズはお客さんの委託商品です。たぶん都内でも
品揃え豊富な方だと思います。

なにこれめちゃくちゃかわいい(笑)

こちらの写真の撮れ具合は是非大沢カメラさんに行ってみてみてほしい。

その他大沢カメラには様々なフィルムカメラやレンズが売られている。

しかもデジカメに改造してビンテージレンズをつけたりなど

面白い仕掛けが目白押しのこのお店。是非カメラ好きの方は

大澤さんに声をかけてみてはいかがでしょうか?

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
大沢カメラ
住所 東京都渋谷区恵比寿南1-1-12
電話番号 03-3719-0741
営業時間 10:00~20:00(年中無休)年末年始は除く
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Share (facebook)