恵比寿新聞は東京恵比寿の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

恵比寿三越にて恵比寿の名店が再び大集合!「YEBISUの街グルメ」

久しぶりの「恵比寿三越 × 恵比寿新聞」企画でございます。

何故久しぶりになったのかというと・・・・・・

前回お邪魔したのは去年10月に大大大好評で幕を閉じました

「YEBISU Grand Gourmet Fair」で恵比寿新聞大暴走・・・

その時の記事がこちら

またいじられるぞ・・・

といういわゆる「恵比寿新聞警戒中」と範囲網が組まれましたが4月に

期も変わり、「もう大丈夫だろう」とまた呼ばれたわけでございます。

今回はなんと前回の「YEBISU Grand Gourmet Fair」に引き続き

「YEBISUの街グルメ」と名前も一新。またまた恵比寿の名店が大集合!

という事で第二回目が開催されているとのことでOPEN直後の三越に

やってまいりました。ふ・・・っふ・・・・ふ・・・・

今回お話を伺ったのは恵比寿三越の金子さん。あれ?顔が。。

お顔写しますよ?との事だったのですが、現在、三越伊勢丹グループでは

「これがわたしの”this is japan”」とパフィーの歌の歌詞のような

題名でスタッフの方が思い思いの”this is japan”を缶バッチで

表現してるんですね。なのでそっちのほう写してほしいとのことで。

なになに?金子さんは「一期一会」ですか。

おぉ!塚原さんは「日本が大好き」ですか!ほうほう!

石野マネージャーは「神棚の榊担当」??

石野マネージャーによると恵比寿三越の神棚の榊(サカキ)を換えるのが

日課になっているようでこれも”this is japan”なんですね。

恵比寿三越店長の石亀店長は!「敬食」ですか!!

敬意をもって食する。いわゆる「敬食」大事ですよね。

レッツトライアゲイン?

これこそ日本の良さだ!というお題に対して「Let’s try agein」って

ハゲしすぎる。誰だ?織田さん???ん!?おだ・・・お・・・

お久しぶりですね(笑)

織田さん
ちょっと(笑)写すところ違う(笑)

恵比寿新聞
お久しぶりでございます。今回も始まりましたねー。

織田さん
今回は僕いじらなくてもいいですからね。

恵比寿新聞
もちろんありのままの姿でお送りしますね。今回は恵比寿の名店6店舗が大集合という事で。

織田さん
そうなんですよ。前回大好評につき今回も恵比寿の街の名店大集合という事で企画しました。

恵比寿新聞
では冒頭ここまでのオチを作るのに時間がかかったのでサクッと紹介していきますね^^

織田さん
冒頭??

AU GAMIN DE TOKIOの木下シェフ!?

ぎゃーー!!!こんな名シェフが店頭にいらっしゃるとはびっくり!!

あの名店!今年1月、白金から恵比寿に移転した「AU GAMIN DE TOKIO」の料理長。

あの臨場感あふれるAU GAMIN DE TOKIOに一度は行ってみたい方多数。

大人気のお店なのであります。

実は恵比寿新聞の兄弟新聞「おきたま新聞」の「おきたまの食を広げるプロジェクト」

で木下シェフ監修の「米沢牛肉巻きおむすび」が出たばかり!

そして最近本も出版されたそうです。こんなところでお会いできるとは・・・

恵比寿新聞
木下シェフ。今回はどんなお料理を恵比寿三越で?

木下シェフ
そうですね。今回はフロマージュを使った料理をお出ししています。

試食させていただいたのですが、これが外はさっくり中は驚くほどの柔らかさ。

何個でも食べれちゃうような魔法のお味なのでありまして。わー凄い。

AU GAMIN DE TOKIOのお料理を恵比寿三越で食べれるなんてかなりアツいです。

恵比寿三越OPENと共に飛ぶように売れていたのがAU GAMIN DE TOKIO特製の

ささみのスパイシー揚げ。揚げては売れてなくなるという人気の逸品。

シェフ自ら店頭に立つなんて滅多にない光景ですね。

さて次のお店は・・・・


流行の真弓ちゃん!?

ということは・・・・

村上武士シェフ降臨

おぉー!!これも凄い光景だ。恵比寿三丁目の交差点に君臨する

世界のソーセージが楽しめる名店「ソーセージスタイル流行」降臨!!

ソーセージスタイル流行のオリジナルソーセージがご自宅で楽しめる

という夢のセットを今回披露されていました。これはすごいね。

恵比寿新聞
真弓ちゃん。これはかなり面白い展開に。

ソーセージスタイル流行嫁
そうなんですよ!恵比寿新聞さん!恵比寿新聞さんの好きなサイウアもありますよー!

恵比寿新聞
うぁ!本当だ!とりあえず10本ください。他にお勧めは?

ソーセージスタイル流行嫁
恵比寿三越限定でうちの村上が作った特製の「ヴァイス・ブルスト」と「チューリンガー」と!是非一度皆さんに飲んでもらいたい「ソーセージ屋しか飲めなかったボイルスープ」をセットで1000円でご提供っ!

恵比寿新聞
ジャパネットたかたバリの説明ありがとう(笑)いやーそれにしても流行の味が自宅でも楽しめるのはかなり反則技に近いっすね。素晴らしい。

ソーセージスタイル流行嫁
お店にも来てね^^

その他にもランチ限定で「アヒデガジーナ」という南米ペルーの

黄色唐辛子とチキンのカレー風シチューも出品しているようです!

という事でお次のお店に!!


パエリア!!!!

という事は!恵比寿のスペイン料理の老舗「サラ・アンダルーサ」ですねっ!

1999年創業の恵比寿のスペイン料理店「サラ・アンダルーサ」

毎日臨場感溢れるフラメンコショーと食事が楽しめるお店なんです。

今回は魚介がたっぷりの特製パエリアとトマトとチキンのスープがお目見え!

完璧に本格的なスペインのパエリアが恵比寿三越で楽しめるわけですね。

その他にも「ポテトオムレツ トルティージャ」も楽しめます。

おいしそうだな~。それにしてもパエリアの香ばしい香りが。

是非パエリアも恵比寿三越でゲットしてもらいつつ夜は「サラ・アンダルーサ」

で情熱のフラメンコを眺めながら食事してみたいものですね^^

さて次のお店に参りましょう!

空と麦との池田さんだ!!

自然栽培の小麦を使った恵比寿のパン屋さん「空と麦と

去年の1月に取材したから1年ぶちの再会となりました^^

恵比寿新聞
池田さんお久しぶりですね~!!

空と麦と池田さん
1年ぶりですね~おげんきですか~^^

恵比寿新聞
今回恵比寿三越ではどんなパンを?

空と麦と池田さん
今回は「空と麦と」でも人気のパンを持ってきました^^

恵比寿新聞
ベリーパン!!初めて見ました。

空と麦と池田さん
結構恵比寿のお店でも人気なんですよ^^

その他「パンオリーブ」は黒オリーブと緑のオリーブが

練りこまれたなんとも香しいオリジナルパン。

「バケット大納言」は大納言豆をふんだんに使用したパン。

形がユニークですね。

定番のバケットなどその他にもたくさんの種類のパンが勢ぞろいでした。

恵比寿では売り切れ続出のパン達が恵比寿三越でも購入できるってのはお得ですね。

特に恵比寿の東側の人達は「空と麦と」のある恵比寿西までは少し距離もあるので

恵比寿三越さんで購入できるのは嬉しいと思います。

さて、お次のお店は?


あなごさん!!!

恵比寿ガーデンプレイス内にある名店「旭鮨総本店」

歴史は昭和2年世田谷区下高井戸に創業の名店。

しかしみてください。この飴色に光る「あなごさん」!!

実はこのアナゴ。このブースで煮てらっしゃるというから驚き!

その他にも旬の魚を握った「握り」が数種類。

旭鮨の方に聞くと今アジが旬だそうで脂も乗って美味しいそうです。

その他巻物も数種類ございます。

もちろんガーデンプレイスにも旭鮨さんはありますので

そちらで夜景を眺めながらのディナーもお勧めですね。

さて、さて、次が最後のお店のご紹介となります。

お次のお店は?


バンブーグラッシィ

恵比寿の鉄板焼きの名店「バンブーグラッシィ」さんが

この恵比寿三越の出店の為にオリジナルのお弁当を用意されたとのこと。

まずは和牛ランプ肉のステーキ弁当。やっぱ赤身肉最高!!ってとこですよね。

和牛そぼろと玉子の二色弁当もなかなかいい感じですよね。

そしてこちらが恵比寿三越の為にオリジナルで作ったお弁当。

和牛クラシタの焼肉弁当

あなたとクラシタあの日々を忘れないというほど肩ロースの事を

関西ではクラシタと呼ぶそうです。お話によるとバンブーグラッシィの

オーナーのご実家が焼肉屋さんだそうで、その焼肉屋さんで使用されている

絶品ダレを使用した特製のここでしか食べれない焼肉弁当だそうです!

でもランプも食べたいという方に朗報です。

欲張りな和牛ランプ牛とクラシタ焼肉のMIX弁当もありますよ!

という事で全く今回はボケずにシレっと終わりましたが
恵比寿の街で活躍するお店が一堂に集まったこの
「YEBISUの街グルメ」是非足を運んでみては?
*********************************************
「YEBISUの街グルメ」
開催日 4月1日(水)~4月7日(火)
場所 恵比寿三越 地下2階 食品催事場
時間 午前11時~午後8時まで

Share (facebook)