恵比寿新聞は東京恵比寿の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

ドイツが本店!?異色のませそば店「三ツ星」が恵比寿に上陸

恵比寿西のケンタッキーを入って30ⅿほど先の左手にありますこちらのお店。

つい先日まで和歌山ラーメンのお店だったが新しくなっていた。

新しくなって初めに訪れたのは今年のはじめOPEN2日目の日。

新年会でほろ酔いの千鳥足で入りメニューを除けばそこは「まぜそば店」

酔った勢いでお店の看板メニュー「豚のまぜそば」を頼み衝撃を受ける・・

うま・・なにこれ・・・今までに食べたことのない味・・その場ですかさず

取材させてくださいm(_ _ )m

と店主に頼み込みOKを頂けたので今回どんなお店なのかしっかりと取材することに。

お店の名前は「まぜそば三ツ星」。店内は立ち飲み屋のような佇まい。

メニューを見るとつまみも多く、食べてすぐ帰るというよりもつまみを肴に

呑みながら〆は「まぜそば」というスタイルのようにうかがえる。

今回お話を伺ったのはこの「まぜそば三ツ星」の開発者でもありオーナの

工藤さんにお話を伺いました。しかもこちら工藤さんの職歴がすごい。

25年前に福岡から東京へ上京。乃木坂神谷系「赤坂 壷中の天」で和食の修業を行い

異例のスピードで煮方まで昇進。その後 京橋 シェ・イノ系「赤坂 ボンファム」で

フレンチの修行。異例のスピード昇進でスーシェフまで登りつめ

そしてお次は原宿の四川中華の名店「龍の子」で調理を学び独立。世田谷九品仏で

謎の居酒屋「福風」をオープン。そしてここからが凄い話で実際に工藤さんから

その当時のお話を伺ってみましょう。


三ツ星の本店はドイツ??

恵比寿新聞
とにかく和食・フレンチ・中華と世界三大料理的ジャンルを習得されているという料理人と初めて会いました。原宿龍の子で修業後独立という事でなぜ世田谷のあの閑静な住宅街の九品仏にお店を?

工藤さん
いや、変わったことがしたかっただけですよ^^ただ本当にそれだけ^^

恵比寿新聞
普通ならそんな場所選ばないのに凄いなーと。所でこの「三ツ星」をオープンすることになったきっかけは何だったんですか?

工藤さん
そもそもこの三ツ星の原型となる店はドイツのミュンヘンにあるんです?

恵比寿新聞
え!?すみません。理解できないんですが・・・ミュンヘン???ドイツ???

工藤さん
福風のある九品仏ってドイツ人が多く住んでるんですね。意外と福風の料理をドイツの方が気に入ってくれていて。もしかしてドイツでもイケるかもねってことで友達のドイツ人と会社を立ち上げてミュンヘンに「NIPPONNOODLE(ニッポンヌードル)」というレストランと屋台風のお店を出したのが切っ掛けですね。


話が最初から面白すぎ(笑)

恵比寿新聞
和食⇒フレンチ⇒中華⇒不思議な居酒屋⇒ドイツでラーメン屋ってどんだけ激しいんですか(笑)

工藤さん
とにかくヨーロッパでラーメン店を立ち上げようという事で立ち上がったは立ち上がったのですがその当時丁度震災があって、日本から仕入れていた食材が輸入禁止になったり。大変でしたね。

恵比寿新聞
じゃあそもそも日本から仕入れていたルートが絶たれてどうしたんですか?

工藤さん
アメリカからの輸入や実際にドイツのものを使ったりと物凄く試行錯誤しましたね。あとドイツでは日本で使う「かん水」がダメなんですね。かん水を使わず独自の麺を開発したりと結構大変でした。

恵比寿新聞
で、ドイツ人のウケはどうだったんですか?

工藤さん
元々屋台っぽいテイクアウトのお店だったのでスープ物の麺類はウケが良くなくて(笑)そこで色々と試行錯誤の末、「焼きそば」や今回の「まぜそば」ができたんですね。そうこうしているうちに日本にもお店を出さないとねという事で今回恵比寿で「まぜそば三ツ星」が誕生したという事なんですよ。

ではそのドイツ流のまぜそば頂きます!

三ツ星ではまぜそばにこだわりのスパイスを入れて楽しむのが基本なんです。

左から青山椒と胡椒のMIX。ジョキアとブリッキーヌの特製辛過チリ。

クミン・陳皮・コリアンダーの入った爽香スパイス。そして濃いあじという調味料。

青唐辛子・米酢・かぼすのMIXされたスパイシー酢。そして爪楊枝です。

今回まぜそば三ツ星の代表的な6つの麺を食べることになりましたが

恵比寿新聞1人で食べるには無理があり過ぎるので今回は助っ人をお願い。

以前記事では滑りまくっていたスマホ決済のベンチャーcoineyの大島さん。

最近恵比寿でのスマホ決済シェアとおでこが拡大しつつある大島さんにも

ご協力いただきました。そして・・・・・

犬がう○こしそうになっているオブジェ「いきむ犬」でお馴染みの

こちらも前回の記事で滑っていた下川さんとその同僚さんにも

ご協力いただけることになりました。これで6杯取材できるな。

という事で食レポスタートです。

看板メニュー豚まぜそば

まずはこちらまぜそば三ツ星の看板メニューでもある豚のまぜそば。

色んな具材が入っております。しかもフォークとスプーン????

ここはゲストの下川さんにまぜまぜしてもらいましょう。

下川さん
うぁ~見てくださいこれ。うぁ~まぜたるわいや~!!!

さすが下川さん。カメラを意識してなるべく高い位置で混ぜてくれていますが

ぜんぜんおいしそうに見えないんですね。しかも後ろに見えるのはビール。

昼間っから飲みながらの取材でございまして。まぁよくある事です。

それでは実食と相成りました。味はいかがなものなんでしょうか?

ズルズルズルズルズルズル

うまっ

奥の同僚さんがずっと携帯を弄っていてリアリティーにかけますが

下川さんから美味い!頂きました。どう美味しいんでしょうか?

下川さん
いや。これは今までに味わったことない味ですね。美味い!

恵比寿新聞
どのような感じでおいしいんですか?

下川さん
そうですね。たとえるなら「今までに食べたことのない味」ですね(キリッ)

恵比寿新聞
・・・・だめだこりゃ・・・

大島君なら真面なコメント貰えるだろうな。

ズルズルズルズルズルズル

恵比寿新聞
どう?大島君?

コイニー大島
コイニーはスマホさえあれば簡単に決済が可能な次世代の決済システムです。

お前ここに宣伝しに来たな・・・

恵比寿新聞実食してみましたがまさに「食べたことのない味」

麺はもちっとしていてパスタに近くまさにパスタ感覚で頂けるお味。そして特製のスパイスを

かけながら自分好みに調整できるって所も良いですね。これは形容しがたい未知の味です。

看板メニュー2 牛まぜそば

さっきは豚でしたが牛肉のまぜそばもあるんですね。

下川さんに混ぜさせると無駄に高く麺上げするので助手の女子部ぼんちがまぜまぜ。

それでは助っ人の皆さんに実食してもらいましょう。

ズルズルズルズルズルズル

恵比寿新聞
どう?下川さん?

下川さん
んー。味の違いが判らん

恵比寿新聞
・・・・

ズルズルズルズルズルズル

恵比寿新聞
どう?大島君?

コイニー大島
コイニーは審査も簡単で申請から最短4〜6営業日以内で開始できまきゅ!(カミギミ)

大島ちょっと噛んでるし

恵比寿新聞実食してみましたが牛の旨みが強くミートソースにも似た食感で

豚とはちょっと違ったコク味がありクミンと陳皮とコリアンダースパイスが

絶妙に会う逸品でした。これも味わってみないと形容しがたいお味。

ぶたあんかけそば

出てきましたねー。汁もの。まぜそば以外にも三ツ星では汁物ラーメンが

2種類あります。まずは豚のあんかけそばから食べてみましょう。

まずはノースパイスで実食。店主工藤さんによると

スパイシー酢をかければ異次元のうまさになるという事です。

ズルズルズルズルズルズル

ん!!!???

恵比寿新聞
どうですか!?皆さん!!!!???

下川さん
あつい!!!!!

コイニー大島
コイニーの決済手数料は・・・・

呼ぶんじゃなかった・・・

そこにオーナー工藤さんおすすめの特製スパイシー酢をかけて食べてみることに。

あぁー!!!!

恵比寿新聞
どうしました?下川さん!?

下川さん
家に大事な物忘れてきてしまって今思い出した!!!!!

もうええわ!

という事で恵比寿新聞実食してみましたがスパイシー酢がいい塩梅で

あんかけに絡み濃厚な豚あんかけの旨みを残しながら後味がさっぱり。

これはかなりの驚きです。さすが工藤さん考案のラーメン。

味の深みに多様性があり過ぎてレベル高過ぎ。。。

週替わりまぜそば

まぜそば三ツ星では週替わりで実験まぜそばが展開されている。

人気のものはグランドメニュー化されるという登竜門的メニュー。

今回は「豚キムチ温玉マヨネーズ」です。

それでは恒例のお三方に食べてもらいましょう。

ズルズルズルズルズルズル

恵比寿新聞
一応流れ上聞きますけど、どうでしたか?お味の方は?

下川さん
温玉とこの豚キムチの愛称がばっちりっすね。

同僚さん
美味いっすね。

大島君
この細かく刻まれたキャベツがシャキッとしていてあいますね。

やればできる子だった・・・

という事で恵比寿新聞も実食してみましたがこのお三方が

お話している通りでございます。付け加えるならカルボナーラのような。

鶏冷やしまぜそば

おぉー絶妙なタイミングで冷たい冷やしそばが登場です。

こちらに特製のマー油をかけまして~。

じょわ~っと。という事でまたまたあのお三方に・・・

ズルズルズルズルズルズル

ん!???どうした??

特に大島君!衝撃の味!?

どうなの!?

大島君
コイニーの決済手数料は3.24%。しかもすべてスマホやタブレ・・

コイニー大島帰ってよしッ

ここに越中詩郎が居たら確実にヒップアタックで場外転げ落ちですよ。

とにかくお味は特製のマー油がピリッと来るんですがスーッと抜けるんですね。

そして蒸し鶏が柔らかい。麺との相性も抜群でこれはまじで美味です。

さぁ最後のメニューに差し掛かりました。

厨房では何やら鍋が用意されております。出てまいりましたのが。

鶏煮込みそば

なるほど!一発で分かった。オーナーの工藤さんのご実家が福岡だから

実家の味を再現したんですね。完全に博多の水炊きですね。これは。

はぁ~。。またあの三人に振るのか・・・それでは実食お願いします。

ズルズルズルズルズルズル

熱っ!!!

恵比寿新聞
どうですか?お味は???

下川さん
あつ!!!!

同僚さん
あつい!!!

コイニー大島
熱いっす!!!!

もうあきらめよう。。

恵比寿新聞実食してみましたがまさに「博多の水炊き」そのまま。

スープを呑めばあの濃厚な鶏出汁が余すところなく出ていてうまうま。

麺は軟らかく煮られており太麺なので〆のちゃんぽんにも似た感じ。

しかも具の中にはジャガイモが入っているなどユニークでセンセーショナル。

もうおそいわ(笑)

という訳で今回の助っ人のインパクトで何が何だかわからない記事に

なりましたが新しくできた「まぜそば三ツ星」さんはオーナーの工藤さんの

技術がふんだんに使用されており食べればわかるオリジナリティーの高さ。

ハイブリッドインターナショナル麺でございました。平日は夜2時まで営業

しているので恵比寿の夜の戦士にはお勧めのお店でございます。

是非皆さんも足を運んでみてはいかがでしょうか?

**************************************************
まぜそば三ツ星
住所 東京都渋谷区恵比寿西1-13-2 サンキビル 1F
電話 03-6455-0552
営業時間 
平日 
12:00~15:00/18:00~翌2:00
週末
12:00~19:00

Share (facebook)