恵比寿新聞は東京恵比寿の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

恵比寿のオシャレな貸セミナールーム「seven」はナイス

世は「お勉強時代」に突入していると言っても過言ではない日本!!!

最近恵比寿でも様々な勉強会やセミナーやビジネス交流会がありますね。

そんな交流会やセミナーを開くのに欠かせないのが「スペース」でありまして

どっか良さげなレンタルスペース&貸セミナールームってないのかな~と

探しておりますと、スペック・内装・立地とも抜群なスペースを発見しました。

コンビニ!?

違います!!恵比寿のピザと言えば老舗のパルテノペさんがありますね。

そのビルの7階にありますのがこちら貸セミナールームの「Seven」。

本日はこちらで「みちくさビジネス交流会」なるこれまた面白い交流会が有ったので

施設の取材と共に交流会の取材もしちゃおうという事になりました。

まずはこの施設なにが良いのか探検してみてみましょう。

まずエレベーターを降りてセミナールームの手前にありましたのがWAITING ROOM。

ソファーからしてシャレオツなソファーですね~。モニターも完備されていました。

奥には控室も完備。何故ならセミナールームだけではなく記者発表会やその他

撮影にも使用されるなど多目的な利用用途の為、控室・フィッティングがあるそうです。

驚いたのは音響設備が非常にこだわっている所。実際に音が良い。

スピーカーはBOSEの5・1ch皿うどんですよ!奥さん!!!!

映画館ばりの臨場感。照明関連もこの部屋にあるのでここがコントロールルーム的な

位置づけですね。音にこだわっているのはナイスなチョイスだと思います。

そして肝心のメインルーム。着席だと80席ほど座れる環境があり

その他にも色んなレイアウトができるようで椅子退かせたオープンな感じにしたり

机と椅子をつけてスクール仕様にしたり、机を分散して固めたワークショップ仕様もあり

ロの字型に机を配置して大きな会議に使用したりと色々レイアウトできちゃうそうです。

ここ最近の貸セミナースペースのトレンドとしては「清潔感」「多目的レイアウト」

そして「立地」が主なトレンドでしたがこちらはプラス「音質の良さ」や「逃げ場のあるスペース」

というちょっと痒いところに手が届いてしまった結構考えられた作りだと思いました。

何故なら

スモーキングエリアがベランダ(笑)

もうね。セミナーや交流会ってたまに逃げ場がなくて困るんですよね。そんな時に先ほど紹介した

ウェイティングルームやこのようなスモーキングエリアがあるとちょっとオフできる。

スモーキングエリアでお話するとたまに話が盛り上がるんですよね(笑)よく考えられているなー。

ぉお!そろそろみちくさビジネス交流会が始まる!!

みちくさビジネス交流会とは恵比寿の大人が集うちょっと仕事帰りにお勉強する

というコンセプトの元、ゆる~くそして今までにない交流会をとはじめられた会だそうで

前回はワインのプロフェッショナルを招き7つのワインに一つづつ合う料理とのマリアージュ

を楽しむなんとも大人な勉強会を開催。そして今回はカンボジアに単身裸一貫で行ってきた

超スティルハーコーな方の「カンボジアで起業したよ! 愛とギャップと感動の60日」という

勉強会がスタートしました。どんなセミナーなんでしょうね~。わくわくです。

今回講師を務めるのはそんなスティルハーコーな講師「清野ゆうじ」さん。

ネクタイの結び目が超デカめ(笑)

清野さんは元々大手フリーペーパー発行会社に勤務していたのですが

元々バックパッカー的旅行が大好きで主にアジアを回っていたそうです。

独立願望と自分の住みたいと思う所で住んでみたい!!という野心の元

会社を退社。2013年4月から単身カンボジアに起業する為、渡カ。

さぁどんなカンボジアでのサクセスストーリーが聞けるのでしょうか!?

通常勉強会とは自身のサクセスストーリーや皆さんの成功に近づけるような

夢のあるお話が多いところなんですが。。清野さんの話のしょっぱなが・・・・

伝手もなく行ったんだけどゴミ扱い

ちょ(笑)いきなりそっからかよー(笑)サクセスしてないのかよ~(笑)

とにかく超面白かったんですがネタバレってのもアレなんで簡単に説明。

清野さん単身カンボジアに渡ったのは良かったけど伝手もなければ言葉もわからない。

そんな状況で単身一人でカンボジアにいった事すら「無計画すぎる!」と思わざるを得ない

そんな始まりでしたがそこは清野さん。超面白い。1ヵ月は市場調査の為カンボジアのカの字から

見つめ直すことに。色々考えた結果まずやろうと思ったビジネスが

屋台

もうこの時点で笑いがこみ上げてきて「なんでカンボジアまで行って屋台ヤルの!?」って

会場の笑いも時間をかけるごとにヒートアップ。小ネタも挟みつつレポートは進みます。

いや!屋台よりデリバリーだ!!という事で現在は日本食をメインにしたデリバリーを敢行。

もうこの話も超絶におかしくて(笑)爆笑の嵐。なんとカンボジアは飛び込み営業で現地の人が話を

聞いてくれる確率がなんと100%だとか(笑)え?なになに?何はじめたの?って近所の人まで

集まってくるほど大らかなお国柄なんだとか。やっぱ行って・見て・体験してみないと

わからないことだらけなんだな~という事と今までにない勉強会だな~と(笑)

しかし笑いだけではなかった。最後の結論部分が非常に面白くこれからカンボジアに進出する

人に向けて「可能性」の部分を紐解いたパートがありまして。ここは非常に面白かった。

詳しくは第二回もやるんじゃないでしょうか?きっと清野さん5年後にはカンボジアで超ビックに

なっているだろうと思っちゃうそんなレポート&セミナーでした。そして現在清野さんがカンボジアで

やっている日本食「oishii tokyo」の看板メニュー「冷麺」を試食することに。

これがカンボジアで出している冷麺。もちろんカンボジアの方々が好むよう味付けも工夫されている。

特におぉ!!っと思ったのがチリソースが入っている。これが日本人にも美味しい味付け。

そして細かく刻まれた沢庵がこれまた美味しい。熱いカンボジアではこのようなメニューが人気だとか。

皆さん交流しつつも舌鼓。生で行った体験談と決してデフォルメしない生の意見。

今まで行った勉強会やセミナーでは味わえない緩さと面白さがあって

「みちくさビジネス交流会」なかなかおもしろいじゃーーん!!と思いました。

ここ使って恵比寿新聞でもなにかやらせてもらおうかな~。

セミナーやワークショップその他記者発表会・パーティーなどでも多目的に使える

Sevenさんとみちくさビジネス交流会さんの紹介でした。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
Seven
住所 東京都渋谷区恵比寿1-22-20 恵比寿幸和ビル7F
電話 03-5798-7727
詳しくは オフィシャルホームページ
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
みちくさビジネス交流会
みちくさビジネス交流会FACEBOOKページ
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Share (facebook)