恵比寿新聞は東京恵比寿の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

奥深い味わいのカレー「まはから」のリニューアル後

恵比寿のカレー通なら皆さんご存知でしょう。

下北沢にある松尾貴史さんお店「般゜若(パンニャ)」のカレー開発に

に携わっていたあの渡辺氏がOPENさせた恵比寿「まはから」。

この程10月より渡辺さんが大阪に新規開拓されているという事で

リニューアルOPENしていたという情報を元に取材してまいりました。

カウンターの中にはきれいな女性が一人。

こちらを切盛りするのが新しいまはからの顔ともいえる看板娘さんの

鈴木純子さん。ニッコリ笑顔でお迎えしてもらえました。

皆さん、こちら「まはから」のカレー食べたことがありますか?

何気にインド風なのですがちょっと味わいが違うんです。

これは言語化できるレベルに無く食べに行ってもらうしか

言いようのない味わいなのですが実際恵比寿新聞は虜でして。

そんな「まはから」の味が継承されているのでしょうか?

カウンターに置かれた「サブジ」

今までまはからのカレーにサブジが入っているのはたまに見かけるぐらいで

今回のリニューアルを期に何かメニューが変更されたのでしょうか?

レギュラー陣は残っていた。ここでちょっとホッとする。

こちらを切盛りする鈴木さんの話によるとしっかりと渡辺氏より伝授され

もちろん監修もしていただいているそうです。しかし味をしっかり

確かめてみないとわかりません。

今回は王道でもある「チキンカレー」をチョイス。

このチキンカレー。非常に辛ウマ。とても辛いわけではなく

程よいスパイスにサラサラのルーがバスマティライスと日本米のブレンド

ライスに程よく絡んでそれはそれは美味しかったんです。

さて、その味は継承されているのか!?

出てきました。しかも様々なおかずもついているではありませんか!?

キノコのアチャールにピクルス。キャベツとレモンのアチャールに

ブロッコリーとポテトのサブジ。おお!!っといった感じ。

そしてサラダまでついている。なんだか値段は変わらず780円なのに

お得感満載ですね。

そしてこのルー。中にゴロゴロ鶏肉が入ってるんですよね。

以前のマハカラは手羽元が一本ゴロっと入っていましたが

今はどうなってるんでしょうか?

おー。鶏肉がほぐされていてゴロっと入っている。

手羽元時代はほぐすのが正直面倒だったんですがこれは良い。

さて、さて、実食

まはからのカレーだ!!!!!

申し分ない継承のされ方です。素晴らしい!!!

鈴木さんにお話を伺うと徐々にメニューも増やしていきたいとの事。

現在の営業はカレー屋さんとして集中しているため以前のように飲んだり

と言うよりは「食べる」が基本のお店にリニューアルしたらしく

お昼11:00~夜20:00まで通しで営業されているそうです。

いや~嬉しいな~。またまはからのカレーが食べれるとは。

場所はあいおいニッセイ同和損保本社ビルの裏。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
まはから
住所 東京都渋谷区恵比寿1-26-19 カラコル5 B1F
営業時間 11時~20時
土曜営業 日曜休日
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Share (facebook)