恵比寿新聞は東京恵比寿の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

草原と野原を想像させるような花屋「kusakanmuri」

前から気になっていた「ここはレストランかな?」と思っていた場所。

恵比寿西の五差路から恵比寿公園方面に上がっていくと

先日ご紹介したMARUGO DELIさんの近所にありますこちら「kusakanmuri」

今回はこちらkusakanmuriさんにお邪魔してお店の説明を聞いてきました。

中に入りますとうぉ!!天井の高いホールがありました。こちらは

通常はティールームやフラワーアレンジメントの教室として機能していますが

本日はこれまた前回取材させていただいた恵比寿映像祭と連動した

会場になっていました。今日は映像を放映するそうです。それにしても綺麗だな~。

そして手前にはお花屋さんがあります。

皆さん。ちょっと気づく事がありませんか?ん?人が誰もいない?ちがいます。

よーく見てみてください。気づきましたか?そうなんですよ!(全然気づいてないでしょ)

こちらには白と緑の花しか置いてないんです!

なぜな~ぜなんでなんでなの~???♪って疑問を広報の橋本さんにお話を伺いました。

橋本さん
元々私たちが所属するAZグループは本の出版や編集・エディトリアル広告の制作を行う会社が集まっています。今回このkusakanmuriには色んな思いがあって、来ていただいた方に「つくる」「つながる」をテーマに野原を想像させるようなコンセプトで展開しているんです。なので「野原」を想像させるように緑と白を基調としたお花たちを置いているんです。

恵比寿新聞
なるほど。「つながる」という意味でも「草冠」って丸くつながっていますね。確かに緑と白を基調とした花々があると野原思い出しちゃいますね。ところでこちらでフラワーアレンジメントの講座もやってらっしゃるそうですね。

橋本さん
はい。レッスンは主に最近ですと土日に行われていますのでホームページをチェックしていただけるとどんなレッスンがやっているのか確認できます。

恵比寿新聞
橋本ちゃん?なんか上にまだスペースがあるんじゃない系ですか?

上に上がるとそこは本屋だった

恵比寿新聞
ちょっとなにこれすごい。本屋じゃないですか?きゃわいい。

橋本さん
うちのグループ会社には、ビー・エヌ・エヌ新社とフィルムアート社という出版社がありまして。
なので関連している書籍を展示販売しているんですね。

恵比寿新聞
では橋本さんに恵比寿新聞からアタックチャーンス。恵比寿新聞全国1億6000万人の視聴者にお勧めの本を説明してください。

橋本さん
非常に人気の本なんですけど「共生(ともいき)のデザイン」という枡野俊明さんという世界でも非常に注目されている庭園デザイナーさんの本です。世界で活躍する庭園デザイナーの枡野さんが禅の思想やデザインの発想について書かれた本なんです。

恵比寿新聞
んー。難しそうだけどでも読んでみたい。何故なら橋本ちゃんお勧めなので。

橋本さん
良かったら恵比寿新聞さんお花作ってみます?

恵比寿新聞
話をはぐらかしたな。ってお花を作る???

・・・・・一階へ移動・・・・・・

橋本さん
kusakanmuriでは自分で花束が作れるんです。大切な方に送ったり、日々の生活に自分の為に作ったり、結婚式用のブーケやその他様々な用途を自分の目で手で触って作る事が出来るんです。

恵比寿新聞
やってみたーーーーい!!!でもまずプロの方に選んでもらいたいってのもあります。

プロ登場

しかもベッピンさんやないかいな~

恵比寿新聞
お花の世界はもう何年目ですか?

プロ
私はまだ6年目ですがここに入る前はパリでお花屋さんをやっていました。

恵比寿新聞

結婚してください

プロ
どんな感じにされますか?

恵比寿新聞
実は自分、苔マニアでして編集部には苔がたくさんあるんですね。そんな苔がやきもち焼かないような野原をイメージした小さな花束をお願いしたいです。

プロ
じゃあちょっとブロッコリーとか入れてみてちょっと面白い物作ってみましょうか?

恵比寿新聞
うんうん。全部おまかせちゃん。

で。出来上がったのはこれ!

超かわいいんですけど★

橋本さん
すごくかわいくできましたね^^

恵比寿新聞
これは橋本ちゃんにFOR YOUですよ。
テーマは「ケツがまだまだ青いけど白く枯れるまで一緒にフォーリンラブ」です。

橋本さん
・・・・・・・

という事で自分で花を手に取って思い思いの花束が作れたり、

季節によってkusakanmuriさんのテーマで出来上がったリースなど

白と緑を基調にしたシンプルでいて特化した野原を思わせるようなテーマ。

是非大切なあの方へ、そして花を生活の一部に取り入れてみるのもいかがでしょうか?

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
kusakanmuri
住所 東京都渋谷区恵比寿西1-17-2
電話 03-6415-4193 受付12:00~20:00(火曜定休)
 [公式サイト] http://www.kusakanmuri.com
 [オンラインショップ] http://shop.kusakanmuri.com

大きな地図で見る

Share (facebook)