恵比寿新聞は東京恵比寿の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

ガーデンプレイスにて宮城県石巻市牡鹿中学の皆さんによる鯨缶チャリティー販売

昔の人は鯨を恵比寿と呼んでいた事から始まった恵比寿鯨祭。その取り組みの中で

震災以降開催されていなかった捕鯨地区宮城県石巻市鮎川の牡鹿くじら祭を応援したい

という事で募金を募り去年牡鹿まで僕らは募金を持って行った。僕らが元気づけるはずが

逆に元気をもらい東京へ帰ったという事があった。その牡鹿くじら祭で出会った

宮城県石巻市牡鹿中学の皆さん。そんな牡鹿中学の皆さんが修学旅行で東京を訪れると

聞いたのが今年の初め。内容はこういうものでした。

「是非恵比寿で我々の特産品鯨缶を生徒たちに販売させてもらいたい」

生徒さんがデザインした鯨缶を恵比寿の地で販売したいという事で関係各所のご協力を頂き

恵比寿ガーデンプレイスの時計広場をお借りする事ができ実現に至ったのです。が!!

当日凄い突風(涙)

やばいよぉ~やばいよぉ~聞いてないよぉ~聞いてないよぉ~と言っても止まぬ突風。

このままだと販売はおろか設営だけでこの日終わっちゃうんじゃないかというような

ビュンビュン吹き付ける突風。恵比寿新聞は祈りました「風よ止め!!えーーい!!」

するとどうでしょう!!!!!

余計風が強くなった(汗)

このままでは販売自体が危うくなるような。。。どうしよどうしよ。。。。。

修学旅行で訪れた牡鹿中学のみんなも不安な形相。でもどうしようもない。。

みんな不安そうな顔。大丈夫かな・・・風は止むかな・・・人来てくれるかな。。

色んな不安が一気に押し寄せたんですが、これは本当に不思議ですね。

石巻牡鹿中学の大漁旗を掲げた途端、

突風が収まったんです

神様ちゃんと見ていてくれたんですね。神様ありがとう。

という事で宮城県石巻市牡鹿中学の皆さんの販売が始まりました!!!

石巻市牡鹿半島から来ました!!

みんな牡鹿の説明や特産品の鯨缶の説明と一生懸命。どれだけの人が来てくれるのか。

正直初めはとても不安だらけでして。折角宮城県から来てくれたのにあまり売れなかった

なんて。でも風も止んだしきっと兆しが来ている!!!と思っておりました。すると。

おぉ!!恵比寿南の宮崎駿チックな美容室SABOのSABOちゃん!!ありがとう!!!

この日の為にわざわざ仕事を調整していてくださいました。感謝。

toliuoの岡部店長!!ありがとうございます。仕込前に来てくださいました。

牡鹿中学のみんなの掛け声もあり次第にドンドンと売れて行きます。

20缶まとめて購入していただいた方もいらっしゃいました。牡鹿中学のみんなに

「がんばってね!!」とエールを送って、その他にも新聞を見てきましたという

おじいさんやおばあさんも来てくれて。

お土産まで持ってくる人まで。「中学生のみんなに食べてもらいたくて!!」と。

やっぱり恵比寿というのは人情の街なんだなとつくづく思いました。

書ききれませんが恵比寿新聞の読者の方やたくさんの協力してくれた方が

恵比寿ガーデンプレイスに集結。ちょっと恵比寿新聞涙ぐんでしまいました。

ずっとこうやってメディアをやって来たけど新聞を通じて知り合った人が

地域を超えて助け合ったり繋がっていくのを目の当たりにしているとジーンとしちゃう。

「新聞やってて良かったーー」と織田裕二ばりの爽快な気持ちでした。

兎にも角にも売れ行きはすさまじいモノでして。「ありがとうございましたー!!」

という掛け声がこだまする恵比寿ガーデンプレイス。時刻はお昼12:00。

販売してから1時間が経過した時点でなんとですよ!!!!!!!!!!!

完売ちゃ~ん!!!(笑)

ぶっちゃけますが恵比寿新聞泣いちゃいましたよ。たった1時間で完売ですよ!

恵比寿の皆さんの心温まる応援の賜物です。本当にありがとうございました!!

が!!

まだまだミッションは終わっていなかった。宮城県石巻牡鹿特産の茎ワカメと

干しアワビと海藻スープを販売するミッションが!!!がんばれ!!!!!!

干しワカメと茎アワビが~!!!

って間違えるほど牡鹿中学の生徒のみなさんの掛け声もヒートアップ!!!

そして応援に駆け付けた恵比寿のお笑いコンビ「クジラベイベー」あーー!!基!!

とかげベイベーのしょっぴーくんとまさきさんも販売のお手伝い。

とかげベイベーさんは牡鹿クジラ祭で司会を行っていたという縁で知り合いました!

声って伝わるものですね。届いた方は足を止め牡鹿のお話を生徒から聞き

購入してくれる。そしてあっという間に!!!!!!!

ほぼ完売!!!

さすが牡鹿っ子!!1時間半の販売を息つく事なくやり遂げました!!!!

引率で一緒に来ていた担任の先生がこんな事を仰ってました。

「私が言うのもなんですが牡鹿の子達は一生懸命で本当に可愛い子達なんですよ。東京に来れて良かったです。良い経験と思い出になりました」

この場をお借りしてこの取り組みに賛同していただき場所を提供してくださった

恵比寿ガーデンプレイスの皆様、最初から最後まで販売や機材のサポートを頂いた

サッポロホールディングスの皆様、並びにわざわざ足を運んでくださった皆様

本当にありがとうございました。宮城県石巻牡鹿中学の皆さんありがとうございました!

色々大変な事を乗り越えてみんなが持ち寄った小さなhappyが連鎖するのが本当の幸せ

なんじゃないかなと思います。牡鹿からHAPPYをもらえて恵比寿からもHAPPYを。

だからこの曲張り付けちゃいます。

こんなこと言うと
どうかしちゃったみたいに
思えるかもしれないけど
こんないいお天気なんだから
ここらでちょっと休もうぜ
熱気球になったみたいに
大空の彼方まで
舞い上がれそうな気がするよ
他のことなんてもうどうでもいい
ベイビイ そんな気がしてる

だってハッピーだから
天井のない部屋のような気がするなら
ほら一緒に手を叩いて
だってハッピーだから
幸せってのは本当にあるんだなって
そんな気がしてるなら
ほら一緒に手を叩いて
やりたかったのはこれなんだよ
そんな気持ちになってるなら
ほら一緒に手を叩いて

そしたら悪いニュースってのがやってきて
あれやこれやと言ってくる
ああそうだな 
言いたいことがあるんなら
遠慮せずに言っちまえ
そうだな でも言っとくけど
何を言われても平気だね
はいはい あんたには悪いけど
そんなことしたって時間の無駄だぞ
どうしてかって?

ハッピーなんだよ
浮かれる気持ちを抑えたいけど
ハッピーなんだ
頼むよ 落ち着かせてくれよ
幸せ過ぎて舞い上がってる
いいだろ?この頭を冷やしてくれよ
落ち着きたいって言ってるだろ!
なあ頼むよ 落ち着かせてくれよ
幸せ過ぎて舞い上がってる
いいだろ?この頭を冷やしてくれって
言ってるんだよ

この浮かれる気持ちを抑えたいけど
どうやっても無理なんだ
もうちょっと落ち着きたいけど
嬉しすぎてどうしようもない
この浮かれる気持ちを抑えたいけど
どうやっても無理なんだ
とにかく落ち着きたいんだ。

Share (facebook)