恵比寿新聞は東京恵比寿の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

昭和22年創業の街の文具店「加藤三省堂 」が72年の歴史に幕

katou001

広尾一丁目の交差点に面する街の文房具店

「加藤三省堂」さんが72年の歴史に幕を閉じる。

閉店する日が5月31日。そんな閉店の日に

お邪魔してもう二度と見ることのない店内を

記録させていただくことになりました。

katou002

今年で開校142年の歴史を持つ臨川小学校

から目と鼻の先にある「加藤三省堂」。

この辺にお住いの臨川小学校卒業生の方は

昔から三省堂に鉛筆とかノート買いに行った

と振り返る方が多い。

katou006

お母様に閉店の理由を伺うと

「もう年だからね。こればっかりはね」

と少し寂しそうにではありますが

にこやかにお答えいただきました。

katou003

戦後すぐに開業されて今まで72年。

加藤さん今まで本当にありがとうございました。

そして72年間本当にお疲れさまでした。

katou007

Share (facebook)