恵比寿新聞は東京恵比寿の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

夏の涼しい企画!恵比寿三越の日光天然のかき氷四代目徳次郎

どうも。恵比寿新聞です。週末の恵比寿駅前盆踊りも終わりいよいよ夏本番。

各地では豪雨など災害があったり恵比寿地区でも雨が続いたりとしておりましたが

今日は曇りですが晴れております。蒸し暑いですね~。凄い湿気。。。

そんな湿気を一気に吹き飛ばすような極上のかき氷が恵比寿三越にあるという事で

取材してまいりました。この時期にしかない限定のかき氷店です。

しかも「天然かき氷」という事で「天然」ってどういうことでしょうか?

三越の地下二階「プロムナード口」から入って「オイシックス」さんの向かいにあります

期間限定のかき氷店日光天然のかき氷「日光 四代目徳次郎」4代目という事で歴史を感じますね。

今回は三越さんのご協力で取材させて頂く事になりました。どうもありがとうございます。

天然って気になるなー

魚の天然と養殖の区分はわかるのですが、氷の天然と養殖?の違いってなんなんでしょうね。

とにかく「わからない事は聞く!」でおなじみの恵比寿新聞。早速聞いてみました。

答えて頂いたのは四代目徳次郎スタッフの原田さんです。

恵比寿新聞
原田さん。この「天然かき氷」というのはどこが天然なのでしょうか?

四代目徳次郎 原田さん
実はここで使用している氷はすべて日光霧峰高原の天然水を独自の製法で
電気も使わず作った氷を使用してるかき氷なんです。

色々とお話を伺ったところ、元々三代目徳次郎(吉新良次氏)がご高齢の為

2006年の製造で終止符を打った事に始まります。平安時代よりある歴史的民族文化という事も

あり現代になりこの文化を絶やす事を危惧した現四代目徳次郎(山本雄一郎氏)

とその仲間たちで継承し、製造した天然氷のブランドだそうです。

冷蔵庫を使用せずにその寒さを利用して作った氷だそうで製造工程は「氷池」と言われる

氷を作る為の池の掃除に始まり、その氷池に日光の天然水を流し込みます。

天然水が凍りなんと15cmの厚さの氷にまで成長。しかもここまで成長させる為に

雪との戦いがあるそうです。放っておくと雪は氷に張り付いてしまうそうで

良い氷ができないそうです。その為雪をかき綺麗な氷にするために非常に手間がかかるそうです。

そして手間暇かけて育てた氷を切だしするそうです。しかし切り出すのは冬。

どうやって保存するんでしょうか?お話によると「氷室」という氷を補完する木造の

小屋に保存するそうでもちろん電気を一切使わない。どのようにして夏まで氷を保存

するのか!?その答えは木のおがくずをかけて夏まで保存するというビックリの保存方法。

おがくずから蒸発する氷の水が温度を下げる効果があるそうです。先人の知恵ですね。

大事に育てられた「氷ちゃん」が日光からわざわざ恵比寿の住民を癒しにやってくるわけです。

日本の伝統を受け継いだまさに「文化」をこの都会の恵比寿で食べれる訳ですね。

気泡がたくさん入っています。天然の証だそうです。

さて、そろそろ食べてみたいこの「日光の天然かき氷」。

原田さんにかき氷を作ってもらう事に。氷をセットするところから慎重に。

原田さん曰く、驚くほどの食感だそうで。どんな食感なのでしょうね。

とりあえずおススメのとちおとめイチゴを使用したかき氷から頂く事に。

じぇじぇ!!高い(笑)

840円もするの!?かき氷に840円ってかなりお高い買い物。。。。

コンビニで買うかき氷が7~8個買えるお値段じゃーないですか。。。

あれ!?なんか普通のかき氷の見た目と違う!

なんというか、見てるだけでも独特の粘り気というか、通常我々が食べている

あの「かき氷」の見た目とは全く違う感じで。。すごいきめ細やかというか。

わかります??この削った氷が滑らかに曲がっているのが?

もしかしたらこれはドエライかき氷なのかもしれない。。。

だって見た目が本当に違うんですよ。どんな食感なんだろうか。。

削った氷の上にとちおとめの特製シロップ(ジャムに近い)をかけたと思ったら

またその上から氷を削り、またシロップをかけるというこれでもか!スタイル。

栃木県二宮産とちおとめ使用シロップかき氷

見た目からとちおとめがたっぷり入ったシロップですね。つぶつぶがみえますね。

それでは実食に参りたいと思います。

実食!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

うぁ!!口に入れた途端溶けた!!!!

 

 

 

 

 

 

 

なにこの口どけ!!

ビックリです。。。今までに感じたことの無いほどの口どけ。そしてシャリシャリというよりも

フワフワの氷。まさに新食感。これはかき氷の次元を超えたかき氷。。凄い!!!!!

そしてイチゴらしいとちおとめタップリのシロップの芳醇な香りが後に抜けて

1分で完食してしまうという物凄い物食べてしまった—!!!!!!!

原田さん曰く

お子さんがハマるともう一杯となるので危険(笑)

わかるわぁ~その感じ。たぶん子供たちはこれを食べると絶対にもう一杯となり

でもお財布と戦うお母さんの意見で「NG」を食らった子供はきっと駄々をこねて

この店の前でゴロゴロと転がりながら泣いて「もう一杯食べたい!!!」と

なっている光景が目に浮かびます。だってこれマジで美味しいんだもん(笑)

だからもう一杯いっちゃいました(笑)

もう少しで駄々こねてゴロゴロする予定でしたがそこは恵比寿新聞「大人」なんで

もう一杯食べちゃうことにしました。こちら

栃木県茂木産ゆず使用シロップかき氷

それでは実食したいと思います。

実食!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

うぁ!!また口に入れた途端溶けた!!

 

 

 

 

 

 

 

なにこの口どけ!!

またかよっwって思われるかもしれませんが何度味わってもこの口どけは感動。

柚子のシロップが非常にさっぱりとしていて後味も良く口に入れてからほどなく

押し寄せるあの「和」の柚子の香りが「日本に生まれて良かったー」と思う

なんとも香り高き一品です。これは味わってみないとわからないだろうなー。

とにかく驚きの食感を是非体験してみてください。凄いから(笑)

場所はご存知三越地下二階。8月31日(土)まで地下2階イベントスペースにて開催。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
恵比寿三越 地下二階イベントスペース 日光四代目徳次郎

住所  東京都渋谷区恵比寿4−20−7
営業時間 7月1日~8月31日 11:00~20:00(一部飲食店を除く)

大きな地図で見る

Share (facebook)