恵比寿新聞は東京恵比寿の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

渋谷区初!サッポロビール本社にできた企業主導型保育所の全貌が明らかに

 

こんにちわ。恵比寿新聞です。

去年あたりから恵比寿のパパママ界隈で噂されていた、

“ガーデンプレイスの保育所”がついに

4月1日に開園されるとのご案内をいただき、

一足先にお邪魔してきました。

 

オープニングセレモニーでは

渋谷区長 長谷部さん、

株式会社ポピンズCEO 中村さん、

サッポロホールディングス株式会社 福島さん

サッポロ不動産開発株式会社 生駒さん

のみなさんがご参列。

th_IMG_5092

 

ガーデンプレイスに誕生する保育施設は、

「企業主導型保育所」

 

はて・・・「企業主導型保育所」とは?

A、2016年4月から内閣府により導入された新制度で、

企業が主体となり従業員のための保育施設を設置するにあたり、

認可保育園並みの設備費と運営費の補助金が出る保育所のこと。

 

子ども・子育て支援法の一部を改正する法律として

企業主導型保育事業により、最大5万人分の受け皿確保

その活動に国が支援するという内容です。

 

最近では(株)ノーリツさんや日本生命さん

ビックカメラさんなどが

この「企業主導型保育所」を開園しています。

1歳児のほふく室

1歳児のほふく室

ここ「ポピンズナーサリースクール恵比寿 ポップキッズ」は

コンソーシアム型(複数企業向け)のシステムで、

サッポロホールディングスに勤める

お母さん・お父さん以外の人たちにも

利用が可能な保育所。

渋谷区に住んでいる家族枠で  12名、

サッポロホールディングス枠 6名、

その他企業枠で、7枠の受け入れを行うそう。

現在企業枠は、定員の検討作業中です。

 

th_IMG_5120

 

またバイリンガルグローバル教育にも力を入れ、

ネイティブスピーカーの先生を呼んだり、

2004年からガーデンプレイスに先駆けて

OPENオープンしている

インターナショナルスクールに

児童みんなで遊びに行ったりして

小さな頃からグローバルの生活を取りいれられるようにしている。

 

0歳児乳児室

0歳児乳児室

 

壁の色もクリーム色がメインカラーで、

ところどころで緑色をあしらっていました。

0歳児・1歳児の部屋の他に、

2,3歳児用の遊戯室や、

モデルハウスのような

綺麗なキッチンもあります。

施設は特別広いわけではないけど、

子どもたちが遊ぶには十分なスペース。

th_IMG_5159

 

保育所入り口には、芝生が!

子どもたち皆、芝まみれになりながら

喜んで寝っ転がって遊んでいる姿が想像できるな〜笑

 

 

 

 

「保育園落ちた、日本◯ね」

という痛切なワードは、

日本中の誰しもが知っています。

現在渋谷区の待機児童数は

2016年の段階で315人。

23区内でワースト4位という

残念な結果になっております。

2016年度 待機児童数
—————————–
1位:世田谷区…1198人
2位:江戸川区…397人
3位:板橋区…376人
4位:渋谷区…315人
—————————–

2017年度でどのような数字の変化が

出たのかが気になるところであります。

 

保育園が増えない理由の一つが、

以前の厚生労働省の保育園設置基準が厳しく、

園庭や道路付けの条件があり、

またビルの中には設置できなかったことも

原因の一つだと言われています。

 

働くお父さんとお母さんが多い町「恵比寿」

企業が主導で保育所を始める時代。

今後このようなケースが多く生まれるのか?

つぶさに動向を追っていきたいと思います。

 

 

子ども、お母さん、お父さん、

みんなが笑顔になれる環境が早く整いますように!!

th_IMG_5150

Share (facebook)