恵比寿新聞は東京恵比寿の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

飽食の時代にあえて普通のカレーを食べる

最近はグルメブームに乗って恵比寿も一大グルメタウンになりました。

恵比寿にはたくさんのカレー店が存在しており、最近では恵比寿西にも東にも

coco壱番屋が2店舗開店するなど恵比寿では「カレー戦争」が勃発しています。

その他にもこだわりのカレーや何十種類のスパイスの入ったカレーなどなど。

しかーしそんなトレンディーな味ばかりで

君達は本当に満足しておるのかね?

恵比寿新聞が思うになんの変哲もない「普通」の味こそ

哀愁と無限性を秘めている。すなわち!「普通」こそ「宇宙」なのです。

「普通」∞「宇宙(コスモ)」

恵比寿駅ロータリーから徒歩1分。ホテル街に入る道を歩くと

右手にあります。こちら「スナック ヒポタマス」

皆さん。気になっていたでしょう。このお店!!!

驚くなかれここヒポタマスのカレー

いわゆる「普通」なんです

このカバが目印。さて中に入ってみましょう。

店内は時間が止まったかのような純喫茶風スナック。

実は「スナック ヒポタマス」の歴史は古くなんと40年!

当時をママに振り返ってもらいました。

ヒポタマスママ
当時はこの辺は日観連系列のホテルがあってね。今はラブホテル街だけど。
そこのホテルには秋田名物「キリタンポ」のお店が有って美味しかったのよ。

恵比寿新聞
という事はママはココで40年切盛りされてるんですか?

ヒポママ
私でここは3代目なのよ。

恵比寿新聞
え!?ひい御婆ちゃんの時代からっすか!?

ヒポママ
ちがう!三代目ママっていう意味。私がここにきて35年たつわね。

夜は本業のスナック

恵比寿新聞
という事は夜はスナックになるわけですよね。
地元の方が来られるんじゃないですか?

ヒポママ
い~や。逆に仕事帰りの常連さんが来てる感じかしら。
もう35年やってると常連だらけよ(笑)
私も夜になると蝶に変身するから~。いらっしゃい。

そしてついにカレーが登場

普通だ

見た目からして「普通のカレー」

家のカレーを連想するような風貌に

懐かしさと哀愁が漂うヒポタマスのビーフカレー。

しっかりと強調するように上部にビーフがこんにちわ。

さて、実食!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普通のカレーだ

いうなればゴレンジャーの

黄レンジャーが食べていたあのカレーに近い!!!!

これぞ恵比寿の「KING OF 普通カレー」の称号にふさわしい普通感。

いつもは食べログで3・8以上でお食事しているグルマンの方たちも

きっとこの「普通」というある意味足を踏み入れなかったジャンルに

感動する事でしょう。ちなみにヒポタマスは食べログには載っていない

そんな隠れ家的「恵比寿普通ランチ」の総本山なのです。

しかし、こちら。カレー以外にも豚ドン定食と焼き魚定食と角煮定食があります。

普通です。しかしこの普通という宇宙に隠された「飽食時代の爪痕」というテーマ。

こんな何でもある飽食時代にあえて「普通」にバックトゥーザ普通する事は

ある意味新鮮なんです!

本当になんとも言えない「ホッ」とする感覚なのです。

皆さんにもこんな「普通」だけど通っちゃうお店って有るんじゃないですか?

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
スナック ヒポタマス

住所 東京都渋谷区恵比寿南1-4-7
営業時間 
ランチ 11:00~15:00
よ る 18:00~24:30

大きな地図で見る

Share (facebook)