恵比寿新聞は東京恵比寿の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

【第三弾】取材拒否、店名も明かせない人気店よりプレゼント!?

どうも恵比寿新聞です。

一昨日から続いています恵比寿新聞2000いいね!突破記念懸賞。

第一弾は「恵比寿サリーヴ5000円無料飲食チケット3名様

第二弾は「恵比寿風花厳選焼酎ボトル1本3名様

現在も引き続きたくさんのご応募いただいております。

そして、今回最後の第三弾は!!!!!!なんと!!!!!

取材拒否の店なので

店名が明かせません(笑)

恵比寿住人に絶大な支持のあるこのお店。

平日の夜でも盛況な為、あまり公開して混雑を招くような

事はしたく無いというオーナーの意向により今回は

場所・店名とも伏せてお送りします。

でもさ、どうやったら行けるのさ?

ご安心ください。

当たれば教えます(笑)

住宅街のマンションビルの中にある完全に隠れ家的なお店でして

今回はなんと特別に5000円飲食券を3名様にプレゼントしていただける

事になったんですよ。でもさ、なぜ、取材拒否の店がそんなプレゼントなんて

してくれるの?それはね。お客さん。

大人の力が働いたんですよ(笑)

いや、うそ。純粋に恵比寿を盛り上げる活動に賛同していただいた結果です。

皆の物。頭が高い。ひかえ~ひかえ~(笑)かっかっか。

それではこの「恵比寿秘密の隠れ家」のご紹介をさせていただきます。

料理はほぼイタリアンスタイルなのですが創作に近いです。

ワインの種類も非常に豊富でそしてとても安い!

コスパ的にも非常にリーズナブルな所が恵比寿住人に絶大な支持が

ある理由だと思うのですが実は料理もピカイチ!

戻りガツオ唐辛子風

もちろん季節の旬の素材を使ったお料理もたくさんあります。

しかもこちら朝4時まで営業してるから夜遅めの飲食店の方も

フラッとこちらで夜食を食べている事もあります。

そしてこちらチーズもかなり豊富。

この中からまずはテット・ド・モワンヌというスイスジュラ地方の

うすく花ビラのように削って食べるチーズをチョイス。

牛乳からできたチーズで薄く削られたチーズは

口に入れた途端口どけが半端ない癖のないうまうまチーズです。

ほら綺麗な花のようなチーズでしょ。モテチーズです。

そしてその他にもユニークなチーズがありました。

チーズの名前はシングルトン アップルパイチーズ!!

味はまさにアップルパイのような味だそうで興味津々。

お口に入れた瞬間アップルパイのような果実味と

シナモンの香ばしい香りとチーズケーキのようなクリーミーさで

まさに「コレはアップルパイですね」と言うしかありませんでした。

こちらもモテチーズですね。さて、そろそろこちらの看板メニューを

紹介していただく事に。でもこれ公開したら

店名ばれるんじゃないですか?(笑)

名物「カツレツ」

これがですね。恵比寿住人の舌を震撼させているわけでして

事実、恵比寿新聞の全然違う取材をさせていただいた地元の方に

噂として前から聞いていた情報でも

あそこのカツレツやばいぞ

とオカルト話を聞いていたところでして。

食べ方にも流儀がありまして。

まずクレソン・バジル・シソをグリーンリーフに乗せて~

アツアツのポークカツレツを乗せまして~

包んで自家製のドレッシングにたっぷりつけて

そのままお口に

ジャストミーーーート!!!

今回はオーナー自ら包んでいただきました。

これが絶妙の美味しさで止まらなくなるんですよ。

しかもこのドレッシングがクセモノ。

たっぷりつけて食べると濃厚でいて酸味のきいた深い味わい。

まさに名物料理です!!

その他にもたくさんの美味しい料理がぞくぞくと。

和栗とゴルゴンゾーラの焼きチーズリゾット

いや~これもヤバかったですね。

中国の栗より小粒で甘みが独特な和栗を使用し

そこにゴルゴンちゃんが投入されてその上、焼いちゃいましたと来たら

殺す気か(笑)

ってね。死にませんでしたけど。

こちら若きオーナーの濱川さん。

25歳でこのお店をオープンさせた恵比寿の若獅子であります。

そんな「恵比寿秘密の隠れ家」ホニャララさんより

5000円無料飲食券 3名様分

をプレゼントです。以下が応募リンクです。


恵比寿秘密の隠れ家バル

5000円無料飲食券 3名様分

Share (facebook)