恵比寿新聞は東京恵比寿の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

恵比寿ガーデンプレイス 『グラス スクエア』 リニューアル先取り情報

恵比寿ガーデンプレイス地下1階にあるご存知「グラススクエア」が

2015年6月25日装いも新たに店舗も変わりリニューアルオープンする。

「大人の街 恵比寿」を意識した上質でいてカジュアルな店舗が

今回リニューアルを期に新しく入ったとのことで

今回は恵比寿新聞の読者の皆様にいち早くお伝えします。

まずは大注目の日本初出店のお店

Salt Water by David Myers

カリフォルニアイタリアンレストランの重要人物

David Myers氏監修の日本初上陸レストラン。

David Myers氏と言えばミシュランスターシェフ。

LAでカリフォルニア料理とアジア料理を融合させた

「Hinoki & the Bird 」も有名です。

スタッフの方の話によると6月上旬からDavid氏は

恵比寿に来日し「食材」・「空間」にかなりこだわった

と伺っています。内部はどんな感じなんでしょうか?

インテリアの細部までDavid氏がこだわったそうです。

こちらは入口付近のバーカウンター。この裏にも

スタンディングバーがあります。軽く一杯飲みながら

洗練されたお料理に舌鼓を打てるというスタイル。

奥のダイニング部分。天井からつるされたライトが可愛い。

なんと100席もある広々とした店内。おすすめのお料理を

いただく事になりました。

カラマリ(いか)っぽいですね?

こちらカラマリに似たパスタ「カラマータリーシャ」という

ショートパスタとトマトのシンプルなパスタ。

これがトマトのお味が最大限に生かされていて非常においしかった。

オープン記念メニューは「ロブスターリゾット」だそうで

25日のオープン目がけて予約する事をお勧めします。

色んなお店が続々とOPENしています。

今回ご紹介しきれなてないお店で

讃岐と伊予で学んだ職人が丹精込め作り上げた

うどんの山半が7月10日OPEN。そしてなんと「神田新八」の創業者

佐久間達也の新境地とも言われる「上居酒屋 酒亭さくま」

も7月1日オープンするなど話題が盛りだくさんです。

さて、次のお店に行ってみましょう。

味の牛タン 喜助

ご存じじゃないかもしれませんが仙台の名店「喜助」

いわゆる「仙台名物 牛タン」と言い始めたパイオニア的存在の

お店が恵比寿ガーデンプレイス グラススクエアに進出。

喜助の大川喜子さんにお話を伺ってました。

あら!?喜子さんという事は!?喜助のお家のお方!?

ぜんぜん違いました(笑)喜助で取り扱う「牛タン」は

牧草ではなく穀物のみを食べた牛のタンを使用している。

その他にも喜助ではお馴染みの職人さんによる

「手ぶり塩」で味付けを行った後熟成させるという

40年変わらず職人の手によって美味しい味を作り続けている。

こちらが定番の牛タン焼定食。1620円。

見てください!牛タンにはしっかりと仕事が施されていて

食べやすいように切り身が入っておりやはり焼き加減が絶妙。

口に入れた時に全く臭みは無くほとばしる肉汁。

それを受け止めるのが宮城県産ひとめぼれと大麦をブレンドした麦ごはん。

しっかりと牛タンの旨みをご飯がキャッチ。素晴らしいコンビ。

いやいや、このコンビだけではございません。ピリッと辛い

唐辛子のみそ漬けもこの牛タンと麦飯に合うんです。

そしてさっぱりと濃厚なテールスープで食べれば無限ループ。

美味しかったなー。また来ようと思える熟練の職人技がなせる味でした。

さて、次に参りましょう。

ビストロ石川亭

お帰りなさい。石川亭!

装いも新たに石川亭が生まれ変わっていました。

石川亭の真骨頂ともいえる「気取らずお腹いっぱい食べてほしい」

という姿勢がリニューアル後どうなっているのか!?

ワイナリーのゲストハウスの様な佇まい。

カウンターも奥行きが広いタイプなのでお料理も楽しめますね。

もちろん奥にもテーブル席があって家族でゆっくり

カジュアルなフレンチに舌鼓を打てるという今も昔も変わらない

石川亭のスタイルでちょっとホッとしました。

定番のデミグラスハンバーグ。

鶏肉のソテー。クリームソース。

魚介のソテー。すべて美味しかった。

気軽にフレンチが楽しめるビストロ石川亭。お帰りなさい。

次に参りましょう!!

醤油ワンタン麺 えびす

目黒、恵比寿、そして白金と、古くからラーメンの名店が集うこの場所で、

かつての醤油ラーメンの名プロデューサーの教えを請いながら、

化学調味料を一切使わずに作り上げた大人のためのあっさり醤油ワンタン麺。

こってり系が多いなか大人の味を探求したラーメン店だそうです。

それにしても「醤油ラーメンの名プロデューサー」が気になる・・・

実はめずらしくもこちらのラーメン「無化調」!!科学調味料を

一切使用せず作られたこだわりの醤油ラーメン。

どことなく懐かしい味がするこのらーめん。

麺も中細縮れ系。雲吞が特徴的でした。

その他にもグラススクエアでは

フランスワイン専門店ラヴィネとワインマーケットPARTY

プロデュースによる「YEBISU WINE BAR」がOPEN。

こちら100種類以上のボトルワインと20種類のグラスワインが

楽しめるだけでなく、グラススクエアから徒歩1分の

フランスワイン専門店ラヴィネ・PARTYで購入したワインを

こちらで頂ける(持ち込み料1100円)という仕組みだ。

世界中のおすすめワインを堪能できるだけではないく

ワインの合う逸品も沢山用意されている。しかもなんと

23時まで営業しているとのことでワイン好きにはたまらない。

話題のお店が一挙に参入してきたグラススクエア。

これからが楽しみでございます。

おなかいっぱい・・・・

Share (facebook)