恵比寿新聞は東京恵比寿の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

広尾の老舗洋食店「キッチンふるはし」でノスタルジックなランチを楽しむ

今回はちょっと足を延ばして広尾にやってきました。こちら広尾5丁目の祥雲寺。

実は恵比寿の半分は広尾でできてるんですね。バファリンの半分は愛情でできているのと一緒!

だって、恵比寿は明治通りを超えれば住所は広尾1丁目なのですよ。

そして恵比寿新聞もお世話になっています広尾商店街振興組合のお膝元でもございます。

こちら皆さん一度は行ったことがあるんではないでしょうか?

タダスポーツさん。実は昔この場所に「銀映座」という映画館があったそうですね。

随分昔、昭和初期の話なのであまり知ってらっしゃる方も少ないそうですが、

その話は置いておいて。今回伺ったのは広尾が地元の方から長年愛される老舗洋食店

キッチンふるはしさんに伺って美味しい洋食を頂くことになりました。

入口からしてモダンな佇まい。特に広尾はインターナショナルなオシャレな町でもあり

今でも下町風情が残る非常にノスタルジックな街なんです。広尾に住めば

広尾じゃないと無理!という「広尾中毒」の方も沢山いらっしゃいます。だって

めちゃくちゃ住みよいんですもん。そして人情味のある街なんでございます。

昭和40年に創業したキッチンふるはしさん。現在は2代目の古橋さん夫婦が切り盛りしている。

もちろんお父様お母様も現役でお店に立ってらっしゃいます。

数えるならば創業49年!昭和時代の洋食屋さんのスタイルを今でも守り抜いている

老若男女幅広い層から支持を受けている名店なのでございます。いささか緊張気味でお店へ。

さて、ここで、恵比寿新聞恒例の時代を振り返る「バックトゥーザ1965」

創業時の昭和40年。1965年を振り返ってみましょう。

なんと!この年に大塚製薬から「オロナミンC」が発売!!あのほうろう看板の時代!

映画ではサウンドオブミュージックが大ヒット!巷ではこんな曲が大ヒット!!!

そんな時代にキッチンふるはしは生まれたんですね。時代を感じます。

今日はこちらでも皆さん必ず頼まれる絶品のハンバーグとナポリタンを頂いてみたいと

思います。その前にこちらを切り盛りする古橋さん夫妻の仕事風景。

古橋さん
恥ずかしいなぁ~。あんまりこういう取材うちは受けないからさ。

恵比寿新聞
はい。取材をお受けしないって話は伺っていました。今回はお忙しいところご無理言って申し訳ないです。そういえば古橋さんは生まれも育ちも広尾ですか?

古橋さん
そうですね。生まれも育ちもですね。この辺も少しづつ変わっていますが昔はデパートがあったり駄菓子屋があったりそんな町だったんですよ。

と淡々とお仕事をこなす古橋さん。そして奥様が非常に気さくな方で阿吽の呼吸。

さて、こちらのキッチンふるはしさん。昭和の洋食スタイルを今でも守り続ける

老舗なのですが皆さん昭和の洋食スタイルってどういうのか?って知らない方も

いらっしゃると思うのでご紹介。単品でも頼むことができるのですが、セットが

組み合わせ豊富。例えばハンバーグにカニクリームコロッケともう一品のセット

やナポリタンとハンバーグのセットとできて、そしてやはり「味噌汁」がつくのが

昭和洋食スタイル。今回はナポリタンとハンバーグのセットをチョイスしてみました。

めっちゃうまそう!!!

大盛りのナポリタンにソースをかけたハンバーグ!オンザ目玉焼き!!!!

そして奥にはサラダとマカロニサラダですよ。ザ!洋食ですね!!!!

実は恵比寿新聞無類のナポリタンフリークでして。意外とうるさいです。

それでは頂いてみましょう。

まずナポリタン。パク・・・・・ん!!!うまい!!マイルド!!!!

皆さんご承知かどうかわかりませんがナポリタンのマイルドさを引き出すのは

スパゲッティーを極限まで混ぜ合わせ乳化することで我々の口で

「マイルド」と感じるのですがキッチンふるはしさん。ナイスマイルド!!!!

通常混ぜ合わせが甘いナポリタンはケチャップの味が濃く感じるのですが

しっかりと具材を炒めた後にスパゲッティ―を混ぜることでこの素晴らしい口当たり

が生まれるんですね。さすが49年の歴史。めっちゃウマです。感動した。

そしてハンバーグも粗びきのザ洋食ハンバーグ。ライスも頼みそうな勢い。

半熟の目玉焼きを崩そうか~崩すまいか~と悩める年頃なのですがここは

勢いよくクラッシュザ目玉焼きでハンバーグに絡んでおいしい~。ライスだなこれ。

そして極めつけは昭和洋食の定番「味噌汁」

洋食を口にした後にこの日本の「安心感」がそっと包み込みます。

やっぱ安定した味ですね。49年の歴史を垣間見た瞬間でございました。

入れ替わりの早いここ恵比寿~広尾地区で49年変わらず切り盛りしているのは

この卓越された味を変わらず提供している事なんでしょうね。

このほかにもキッチンふるはしには美味しい洋食が沢山あります!

豚のしょうが焼き、ポークヒレベーコン巻き、絶品カレー、オムライスなどなど。

古き良き昭和の時代にタイムスリップしたような時間を是非キッチンふるはしさん

で過ごしてみてはいかがでしょうか?

******************************************************************
キッチンふるはし
住所 東京都渋谷区広尾5-18-2
電話 03-3444-3733
営業時間 月曜日~金曜日
ランチ 11:30~14:00
ディナー17:30~21:30

Share (facebook)