恵比寿新聞は東京恵比寿の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

和食と自転車のお店「恵比寿坂」ってなにそれすごい

いや~どうもどうも。恵比寿新聞でございます。

すっかり夏っぽい陽気で梅雨が来るなんて思えないような晴れ晴れとした天候ですね。

そういえば最近「自転車屋」なのか?「カフェ」なのか?よくわからないお店が

恵比寿の社会教育館近くでOPENしたという事で行って参りました。

場所は恵比寿2丁目にあります社会教育館の近く。以前は米福さんがあった場所。

米福さんは恵比寿西に引越しされてピーコックの近くで営業されているとの事。

自転車屋さんじゃないか(笑)

いや、まぁまぁ中に入ってみればわかるさ。と思い入って行きましたら

やっぱ自転車屋さんじゃないか(笑)

あれ?

あれれ?

あれれれれれ?

遠藤さんじゃないですか(笑)

皆さんご存知の方も多いと思いますが恵比寿ビール坂にebstyleという

街の自転車屋さんがあった事をご存知でしょうか?

今年に入り建物が建替えになり惜しむ声の中閉店。しかし今回新しくOPENした

恵比寿坂に何故!?遠藤さんが!????

と、そんな遠藤さんの謎をそのままにしてまずは店内を散策。

あらー。奥は食事もできるお店スタイルになっているんですね。

どれどれ?メニューを見てみますと・・・・・・

和食!?!?

ちょっと待ってくださいね・・・整理しますね・・・・・

えーーっと・・遠藤さんの自転車屋さんがあって、中に入ると和食屋さん・・・・

遠藤さんが自転車屋さんで和食屋さんは・・・えーっと。んーーー

なんじゃこりゃ!?

謎は深まるばかり。という事でこのお店の発起人でもあります

木保さんにお話をこの真相をお聞きしました。

恵比寿新聞
謎が深まるばかりなんですが、一体全体どうしてこんな事になったんですか?

坂木保さん
実は元々私はガーデンプレスに入っている外資系金融会社に勤めていたんですよ。その頃ebstyleの遠藤さんに出会って自転車の良さを知り、遠藤さんに自転車の稽古をつけてもらっていたんですね。

恵比寿新聞
ん?遠藤さんとの出会いはわかりました。でも遠藤さんは自転車屋さんで稽古をつけてもらうって??

木保さん
遠藤さん、元競輪選手だったんですよ?知らなかったんですか?

えー!?遠藤パイセン元競輪選手だったの!?

説明しよう。

遠藤さん事、遠藤隆史さんは22年プロの競輪選手を務め2002年現役を引退。

その後自転車整備技士のライセンスを取得。自転車乗りとしても豊富な知識を生かし

現在は恵比寿坂でメカニックを担当している。

恵比寿新聞
ぬぉーそんな凄い人だったんですね。知りませんでした。
んで、それからの話聞かせてちょーだい!!

木保さん
それで遠藤さんに稽古をつけてもらい自転車も購入して練習を続けていたんですね。
その後私がロンドンに転勤することが決まり1年間ロンドンで生活したんです。
その頃によく言っていたカフェ「look mum no hands」という自転車カフェがあったんです。

恵比寿新聞
自転車カフェ???なんですかそれ!?

木保さん
自転車好きが集まるカフェでカフェの中には自分で修理できるファクトリーやもちろん
カフェスペースもあって。液晶にはツールドフランスや自転車レースが流れていて
とても斬新で素敵なサイクリストが集まるお店なんです。

恵比寿新聞
謎が解けてきましたにぃー。なるほどなるほど。でその自転車カフェを
日本にもって事だったんですね。

木保さん
実は恵比寿って非常にサイクリストが多い街なんですよ。恵比寿新聞さんもよく
ご存知だと思うんですけどあと、もう一つだけ多い物があるんです。
なんだかわかりますか?

恵比寿新聞
ん~。恵比寿に多い物ですか?えーっと。。タイ料理屋さん!!!

木保さん
ブーーーー。正解は「坂」なんですね。サイクリストは坂が大好物なんです。
通称「坂バカ」とも言われていて自転車にはなくてはならない物なんです。

木保さん
ちなみにこの自転車が私が初めて買った自転車なんですよ。
遠藤さんに出会ってこの自転車を買わなければ私たちはココに居ないかも
しれないんですよ。

恵比寿新聞
なんかええはなしやな(涙)女将さん。もう一杯つけてくれる?
というか本当に人って縁ですよね。だいぶ練習されてるんじゃないですか?

木保さん
しましたねー。おかげで佐渡島1周210キロもこの間走りましたよ。

恵比寿新聞
ちょw210キロってそんなアホな距離!!!凄いですね。。。。

恵比寿新聞
木保さん。もう一つだけ溶けていない謎があるんですけど

なんで和食なの?

木保さん
え?だってみんな和食好きなんですもん^^

恵比寿新聞

安易~wそれ超安易w

木保さん
奥で料理長の池田が調理してるのでもし良かったら見て行きません?

恵比寿新聞
え!?いいんですか~??

奥に行きますと調理場がありましてそちらで料理長の池田さんが料理されていました。

恵比寿新聞
池田さん。こちら「恵比寿坂」のおススメ料理ってなんですか?

料理長池田さん
そうですね~。2~3品見繕って出しましょうか?

恵比寿新聞
いいんですか~?じゃあ遠慮なく(笑)
でも何故に自転車カフェってオシャレそうなのに和食なんですか?

池田さん
みんな和食が好きだからですね。
あと僕が厨子に暮らしてるんですよ。なので毎朝新鮮な魚を買って
朝出てくるのでここでは毎日その日に上がった魚を食べれるんですよ。

恵比寿新聞
それはありがたいことですね。まずここ「恵比寿坂」に来たら
何を頼めばいいですか?

池田さん
そうですね~。まずは手作りの胡麻豆腐ですかね。

恵比寿新聞
なるほどなるほど。それでお次はなんでしょうか?

池田さん
したら是非食べてもらいたいのは刺身ですね。

左からあいなめの湯引き・ヒラメの塩昆布和え・天然かんぱちの刺身。

恵比寿新聞
いやぁ~いい流れですね~。そして恵比寿坂で一押しのメニュー教えてください。

池田さん
そうですね~。鴨焼きですね。これは国産の鴨を使った自信作ですね。

恵比寿新聞
あら~鴨ちゃんですか!恵比寿新聞は恵比寿1鴨にうるさい男ですので
これは是非食べてみたいですね~。

ジューワージュワジュワーーー

鴨から出た脂でカラッとネギを焼いている事もお見受けしましたよ~。

さぁ~て実食のお時間が参りましたよ~。それでは恒例の実食!!!!

の前に!!!!!この風景見てこれ(笑)なにこれ(笑)

自転車を眺めながら実食

新しい(笑)新しすぎる(笑)斬新すぎる(笑)

恵比寿新聞笑いすぎ

きゃー!!!遠藤パイセンこわーい(笑)

という事で実食!!!!!

ごま豆腐がさっぱりしていて濃厚すぎず丁度の塩梅。おいしーー!!!

そして刺身も新鮮で湯引きしたアイナメはコリコリっとしていてナイス。

ヒラメの昆布和えもぬるっとした食感にヒラメの歯ごたえを感じてナイス!

天然のカンパチは言う事なしのクヲリティーでした。そして最後の

鴨!!!!!これは是非一度行って食べてみてください。最高。

そして恵比寿のサイクリストの方々が集まってなんとも良い雰囲気でした。

こちら恵比寿坂では自転車の修理はもちろんの事、自転車の販売、器具の取り付け

自転車に関してのメンテナンスアドバイスなどプロの整備士でもある遠藤さんが

やってくれます。そして東京の自転車バカ。あっ。失礼。サイクリストが通う

アットホームな和食の楽しめるお店です。あるようでなかった合わせ技!!!

3つの坂が集まるこの場所で自転車好きが集まる空間を作ったのはとても興味深いですね。

是非恵比寿の自転車好きの方。行ってみる価値はありますよーーー!!!!!

お昼のランチはカツカレーがめちゃウマらしいっす!!!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
Bicycle Cafe 恵比寿坂
住所 東京都渋谷区恵比寿2-13-10
電話番号 11:00~23:00(定休日 水曜日)土曜営業・日曜営業・子供歓迎

大きな地図で見る

Share (facebook)