恵比寿新聞は東京恵比寿の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

2014年4月念願の農園プロジェクト「恵比寿新聞ファーム」が開園!

ずっとずっと夢だった農園を始めるプロジェクト「恵比寿新聞ファーム」が

山梨県河口湖に今年4月OPENします!パチパチパチ!!!!!!!!!!!

構想20年。苦節9年。念願の農園プロジェクトがこれから始まります。

事前にFACEBOOKにて「恵比寿新聞ファームプロジェクト」と題して参加者を招集。

一昨日24日から限定で15区画の募集が始まりました(現在11区画埋まりました)

そもそものはじまり

わたくし、恵比寿新聞編集長が小学校1年生の時に同級生が営む農園のお手伝い

をしたことからこの構想が始まりました。その同級生の農園はかぼちゃ農園でして

ひとしきり農園のお手伝いを終えた時に晩ごはんで頂いた採れたてのかぼちゃを

食べて人生が変わりました。「こんなにおいしい物食べたことがない・・・・」

それ以来、かぼちゃが大好物になるほどの衝撃でした。

大人になってふと考えてみた

どうしてあのかぼちゃがあんなに美味しかったんだろう?と考えることがありました。

「一生懸命働いた後だから美味しかった」「自分で採ったかぼちゃだから美味しかった」

「同級生のお母さんの料理が基本美味しかった」答えがわかりました。

この理由すべてがかぼちゃを美味しくしているという事に気づきました。

子供ができたら同じ思いをしてもらいたい

子供ができたら同じ感動を味わってもらいたいと思うようになりました。

そして長男を授かってから念願だった山梨県河口湖で農園を始めることが出来ました。

地域の農家さんに応援を頼み、平日は農家さんに面倒を見てもらい

週末に私達が出向き、苗植えや収穫をするという非常に恵まれたものでした。

もうかれこれ9年畑をやっている事になります。

やってみておもった事

恵比寿から車で1時間半の場所に畑を借り、1泊して帰るというスタイルで

月に1~2回は河口湖を訪れ、苗植えや収穫を楽しみました。

「ピーナッツは木になっているの?」や「ピーマンの木がどこ?」などこども達は

植物がどうやって育っていくか知らない子が多いですが農園をやる事で植物の

成長過程が見れるほか、自分で収穫した野菜を食べるという醍醐味があるので

子供たちの野菜嫌いが無くなりました。そしてかけがえのない農園仲間もできたり

近隣のこども達を誘って収穫体験をする中で都会で暮らす僕らには土を触ったり

自分で採って食べたりすることがとても大切なんじゃないかな?と思うようになりました。

恵比寿新聞ファームをやろうと思った

自分は恵比寿新聞と言うメディアで活動する中で恵比寿の色んな方と合う事が多い。

そしてこうしてこの恵比寿新聞を見てくれている方もいる。であればそんなみんなで

一緒にいい思い出が作れるような事がずっとしてみたいと常々思っていました。

そんな時「みんなで農園やったらどうだろう?」という話が浮上し、9年間お世話に

なっている農家の先輩小池おじいちゃんに相談。すると凄い言葉が返ってきました。

200坪の土地を使ってみるか?

それは突然でした。小池さんの200坪の畑を使ってみないかと言う話でした。

なぜかわかりませんが全く事業計画もないのに即決してしまいました(笑)

「夢をかなえるなら今しかない」なんて思ったんです。そうして去年に借りることが

決定しこうして皆さんにご報告できる事となりました。話長かったかな(笑)

場所は恵比寿から車で1時間半の山梨県河口湖町。河口湖インターから車で5分

の場所に畑があります。河口湖は四季折々の風景や温泉・レジャー施設などが多く

都内近郊でも気軽に遊びにける距離と言う事で人気の地区です。

春は桜が綺麗なスポットがあったり、夏は川や山などもありアクティビティーも豊富。

秋は自生した天然の栗が取れる恵比寿新聞の秘密基地があったり、冬はやっぱり

温泉ですよね。とまぁすばらしい地域なのであります。

育てられる野菜

恵比寿新聞ファームで育てられる種類の野菜は約70種類。もちろん今年の天候を見て

土のぐらいも見てベテラン農家さんに何を植えるか決めてもらい苗植えします。

代表的な物で言うと夏の風物詩「とうもろこし」。これは子供達と収穫して畑で

BBQもできるので一緒に食べたらめちゃくちゃ美味しいんですよ。

秋は恒例の「芋掘り」があります。サツマイモ掘ってすぐに焼き芋や大学いもにしたりと。

畑で採れたてをBBQできるのが今回の醍醐味でもあるかもしれません^^

農園のシステム

1家族・月々2000円(年間契約・苗BBQ費用別)が農園の会費です。苗植えタイミング・収穫タイミングは

事前に1ヵ月前に会員さんに事前にお知らせして皆で苗植え収穫を行うスタイルです。

もちろんご自身の区画を提供します。野菜を育ててくれるのは現地の農家さんなので

皆さんがやる事と言えば「苗植え」と「収穫」と「食べること」だけです。

スケジュールが合わない人の為にも独自で行って頂いて収穫してもらう事もOK!!!

今年は限定15区画

今年に関しては初年度と言う事もあり我々も初めての事ですので限定15区画の方に

恵比寿新聞ファームを提供しようと思っています。24日から募集を始め現在既に11区画が

契約されていますので残りあと4区画開いていますよ!家族・カップル同士・お友達で是非!

「私も農園やってみたいわ~」と言う方がいらっしゃいましたら こちらまで

資料をお送りさせて頂きます。

法人様の社内レクリエーションにもご活用いただけます。社員が一丸となる!農園プロジェクト。

法人様ご契約の際は法人様の名前のついた「○○農園」的なネーミングライツも可能になっています。

と言う事ではじまります。恵比寿新聞ファーム。

残り4区画ですのでお問い合わせはお早めに!!!!!

4月7日の週に畑の開墾を行い区画が決まります。そして4月19日(土曜日)と26日(土曜日)に

苗植え祭が始まります。

Share (facebook)