恵比寿新聞は東京恵比寿の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

2012年恵比寿新聞アワード「地域情報部門」

さて、昨日から始まっている2012年恵比寿新聞アワード

「グルメ部門」「アート文化部門」そして次が最後の

「地域情報部門」。恵比寿を拠点とし様々な地域情報を配信する恵比寿新聞。

大きなメディアでは取り上げない独自のマクロ目線で過去そして今をとらえてきました。

一挙10位~1位 そして今年の最優秀恵比寿新聞アワードを発表します。

 

10位「恵比寿」になる前の旧町名

丁度この事がきっかけで昔の恵比寿を調べ始めました。今でも残る旧町名の名残。
それを辿って行くうちに様々な地域の営みが垣間見れました。そして今も脈々と
続く地元の人の地元愛をこの記事が境に知る事になりました。

恵比寿旧町名の記事はこちら

 

9位 タコ公園の芝を守ろう


皆さんご存知の恵比寿東公園。通称「タコ公園」は児童公園として
生まれ変わって近隣の方が一生懸命育てた芝を守りましょうという記事。
この記事を見て「協力します!」というメールを頂いたり非常に意味のあるものだと思いました。

タコ公園の芝を守りましょうの記事はこちら

 

8位 恵比寿ソーシャルアパートメント


ソーシャルアパートメインという新しい暮らしのスタイルを取材。
共有スペースでは日々イベントが開催されていたり人と人が同じものを
共有するという新しい世界が垣間見れた記事でした。

恵比寿ソーシャルアパートメントの記事はこちら

 

7位 MORNING PARTY


朝に集まり皆で朝食を食べるだけでなく食のリテラシーや様々な文化を
勉強しようというEBISU301という企画集団がプロデュースするイベント。
活気がありこれからのムーブメントだと確信した記事でした。

MORNING PARTYの記事はこちら

 

6位 イカ公園のイカが失踪


タコ公園のタコが茹で上がってから1年。今度は恵比寿南一公園のイカが
失踪したというニュース。そして桜も失踪し今も工事は続いています。
あのイカは何処に行ったのでしょうか?戻ってくるのかな?完成は3年後。

イカ公園のイカが失踪の記事はこちら

 

5位 氷川神社祭礼会の豊神会


毎年行われる氷川神社例大祭の取材を進める中で2012年は
豊神会の祭礼会の方々に密着取材をさせていただいた。こんな都会の祭で
脈々と伝統を守り抜く地域の長の心意気に触れました。

氷川神社例大祭豊神会の記事はこちら

 

4位 氷川神社例大祭当日記事


氷川神社例大祭2012の一番基「豊神会」に1日密着取材させていただいた。
出発から最後まで写真を撮り続ける中「日本人」としての誇りを
再認識した1日でした。

氷川神社例大祭の記事はこちら

 

3位 毎朝掃除している謎の人達


毎朝8時にビール坂を清掃する人達。株式会社ユーエスイーさんは地域社会で
このような活動されていることが取材でわかりました。このような活動を
されている会社が恵比寿にはまだまだたくさんある事も認識できました。

毎朝掃除している謎の人達の記事はこちら

 

2位 お惣菜恵比寿中島


創業52年の老舗のお惣菜や「恵比寿中島」さんに取材に行きました。
取材する中で「家族」というとてつもない絆を再認識できた記事でした。
名物「栗きんとん」や「煮豆」は絶品。守り続ける伝統の味です。

お惣菜恵比寿中島の記事はこちら

 

1位 恵比寿東口石畳の謎


地域情報部門の1位は「恵比寿東口石畳の謎」です。この件を調べ始めたのが5月。
記事になり6月膨大な聞き込みや裏トリ、現存している写真などを探し回ったのですが
まったく見つからず途方に暮れている日この坂に昔から住む「ヱビス瓦」さんから
重要情報を頂き様々な真相がわかった長期取材記事でした。

恵比寿東口石畳の謎の記事はこちら

 

そして栄えある

最優秀恵比寿新聞アワードは!?

 

 

 

 

ダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラ・・・・・

(ドラムロール)

 

 

 

ダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダ・・・・・・

(ドラムロール)

 

 

チンッ!

 

 

 

 

 

 

恵比寿の屋台「おゆきさん」


facebook いいね!がなんと「724」。twitterリツイート数「79」
本日までの累計アクセス数なんと54,322アクセスとものすごい反響だった記事。
恵比寿に1980年代~90年代まで存在した伝説の屋台「由紀子」にまつわる
当時の事を知る「川内一作」氏にお話を伺った記事。女将のおゆきさんの人徳
でしょうか非常に反響の大きかった記事です。

町はどんどん変化してきます。

恵比寿は注目を集める一方、老舗や個人店が無くなっては新しいお店ができ

町の風景はどんどんどんどん変わっていきます。

恵比寿新聞はそんな「変わりゆく街」の一瞬を

1つでも多くアーカイブするのが使命だと思っています。

2012年はそんな「恵比寿」という街で起こったニュースや過去にさかのぼり、そして

掘り返し、記事として記録を残せた重要な年でした。

しかしまだまだ回り切れていないと思っています。皆様には今年このような地域密着新聞に

お付き合いいただき非常に感謝しております。皆様により良い情報を今後とも提供するため

精進していく所存です。この場を借りてお付き合いいただいた読者の皆様また

地域の方々にお礼を申し上げます。ありがとうございます。

そして、恵比寿新聞から皆様に一言

 

 

 

 

 

 

 

来年もよろしくちゃん

※今年の記事はこれでオシマイ。年始は1月7日からです。

Share (facebook)