恵比寿新聞は東京恵比寿の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

COMMMON EBISUが遂にフィナーレ。1年間の感謝を込めて。

 

つ、遂にこの日がやってきた・・・。

common010

COMMON  EBISU閉館

 

2016年4月15日から期間限定で始まった

COMMON EBISUもついに2017年3月31日、

約1年間の営業の末、幕を閉じます。

そこで!

まず皆さんには最終回の31日19:00より

COMMON EBISUで開催される

クロージングイベントへご招待したいです。

最後はこの施設を利用してくれた人たちと

一献交わしたいと願っています。

無料ですので是非ご参加ください^^

—————————
◆COMMON EBISUクロージングイベント
時間 19:00~21:00
場所 恵比寿ガーデンプレイスCOMMON EBISU
参加 無料

◆クローザー(あいうえお順)
阿部広太郎(感想文庫)
石山安珠(EBISU TOWN MEETING)
植原正太郎(CITY PRIDE BATTLE)
滝沢光(CITY PRIDE BATTLE)
堀潤(伝える人になろう講座)
ect…….

イベントページはこちら

 

 

 

 

COMMON  EBUISU
誕生のきっかけ

恵比寿ガーデンプレイスさんから

「2016年8月まであいているガーデンプレイスのグラススクエアという広場を働く人・住む人が心地よく過ごせる期間限定の空間にする企画がほしい」

と相談を受け考え付いたのが

 

本で人がつながる場所

住む人・働く人が

お気に入りの本を持ち寄って、

それをたくさんの人と共有することで

人同士のコミュニケーションが生まれる。

そんな場所を作りたい。

 

”COMMON”には

“共有の、共通の、共同の”

という意味があります。

「ミンナのオモシロイを共有する」

スペースになればいいなと思い、

スペース自体の名前を

COMMON EBISU

と名付けました。

 

そしてコピーライターの

阿部広太郎さんに

図書館名を

「感想文庫」という

素晴らしい名前をつけてもらいました。

common001

感想文庫とは

感想文庫は、

すべて皆様の寄贈本によって

構成されている図書館。

本の裏側には感想をしたためてもらい、

読まれれば読まれるほど

たくさんの感想が集まります。

会ったことがない人と

本と感想を通じて触れ合え感じられる。

そんなあったかい仕組みです。

 

 

そしてなんと!!!

その寄贈本数がこの度、3月29日、

1000冊を達成。

ひとえに皆様のおかげです。

本当にありがとうございます。

 

 

3月いっぱいで終了が決まったことを

公表する前から

「え、またどうせ延長するんでしょ?笑」

「COMMON  EBISUは無くしちゃいけないよ。」

「終了だなんてもったいない!寂しすぎる・・。」

など、溢れんばかりのコメントが

恵比寿新聞には毎日のように届いていました。

 

まぁ最初から「期間限定」と銘を打って

始めたことなので

始まりがあれば終わりもある。

このプロジェクトに賛同いただき

多大なる応援をしてくれた

恵比寿ガーデンプレイスさんには

本当に感謝しかありません。

ありがとうございます。

 

とにかく初めての施設プロデュース。

いろいろと初めてのことで

四苦八苦いたしましたが

暖かく使っていただいた来訪者の方。

地元の皆さん。恵比寿で働く人たち。

そしてスタッフの皆さんがいたから

この場所が我々が求めた

「人がつながる場所」

になったと思っています。

本当にありがとうございます。

 

 

 
 

思いのつまった感想たち
th_IMG_7910

ここで幾つか、

COMMON  EBISUで人気だった本を

綴られた感想と共に少しだけ紹介。

 

 

①あまからカルテット

th_IMG_5255

th_IMG_5298

syun-kinさん
美味しそうですぐにでもお料理をしたくなります!おいなりさんが食べたい。

 

735さん
おいなりさん食べたくなって、只今ブームです。女の子の友情には食べ物がそばにあるってなんか納得。すごく好きな本になりました。

 

 

②僕らの人生を変える世界一周

th_IMG_5258

th_IMG_5289

R.NAGATAさん
海外に出ると日本ではできない経験ができるが、同時に自分が日本人であることを強く感じます。

 

Tさん
No journey.No lifeですね。

 

taeさん
見たことのない景色ばかりで世界にはこんな場所が広がっているんだなぁーと思うとワクワク。知らない世界だらけ。

 

 

 

③みかんの面白いむき方

th_IMG_5261

th_IMG_5288

 

こちらは恵比寿在住の落語家、立川志の彦さんが

寄贈してくれた一冊。

 

akeさん
これを考えようと思った思考がスゴイです。面白かった〜〜〜。誰かと共有したくなる感じです♩

 

恋人は誕生日さん
普段は気にもしない「薄い」皮に「無限」の可能性を感じました。季節的には夏みかんで挑戦かな(笑)

 

 

 

④OCEAN HUNT
th_IMG_5266

この一冊は子どもたちに絶大の人気を誇っていました。

th_IMG_5272

付属の懐中電灯を本の隙間に入れると

海の生き物が浮かび上がってくる仕組み。

途中で懐中電灯が壊れてしまったので、

COMMON EBISUのスタッフが

新しく手作りで作ってくれていました。

th_IMG_5269

 

 

 

⑤えんとつ山のプペル

th_IMG_5268

th_IMG_5282

キングコングのニシノアキヒロさんが

クラウドファンティングのバックの一つとして

このCOMMON EBISUでサイン会を行いました。

その際に寄贈してくれた一冊です。

th_IMG_5277

Mさん
ディ○ニーに勝てるかも。映画化してほしい。pupel of chimneytownの曲もよかった。

 

あおいさん
なんかよかったです。まさか少し泣いてしまいました。見開きのページ、壮大でロマンチックで美しかったです。

 

NISHINO

このえんとつ山のプペルに関して、

COMMON EBISUのスタッフから聞いた話で、

生まれたての赤ちゃんを連れて

遊びに来てくれたお母さんが、

「子どもはまだ内容は分からないだろうけど

ぜひ読んであげたい。すごく感動しました。」と

借りていってくれたこともありました。

 

 

 

寄贈してくださった人の中には、

どんな感想が書かれていったのか気になって

何回も遊びに来てくれる人もたくさん。

 

あまり読まれてなくて感想が集まってないから、

目に止まるところに置いてほしい〜!

との要望もあったり(笑)

じつは!!

この感想文庫!

終わったわけではありません!

とある施設に移動して

運営されることが決まりました!

この情報は最終回のクロージングイベント

にて公開したいと思います!

 

 

 

 

イベントを通じての出会い

th_BS6A1959

そして

COMMON  EBISUでは

月に最低でも4回、イベントを行ってきました。

代表的なイベントを紹介します。

 

 

①DISCOVER EBISU

th_BS6A1973

 

恵比寿から地方の良さを発見しよう!

とholidayの谷りほさんが先陣を切って

始まったこのトークショー。

全国各地の魅力を”holiday”という

お出かけアプリを使いながら、

その街の精通者のゲストも交えて

街の穴場スポットなどを紹介。

 

熊本・沖縄・新潟そして恵比寿。

様々な街の魅力を住んでいる当事者から

聞くお話はリアルでガイドブックにも

乗っていないような発見があった

素晴らしいイベントでした。

 

次回作も場所を変えて続く予定です

↑↑↑Facebookグループページ

discover ebisuのスタッフの皆さん

本当にお疲れ様でした^^

 

 

②EBISU TOWN  MEETING

th_16299911_10210815108841446_7987389103364654613_o

 

シェアリングエコノミーの石山アンジュさんが

恵比寿を住みよい街にするには?

と毎回題材を考えて公開meetingを重ねてきました。

ゴミ問題・子育て問題、

はたまたガーデンプレイスの活用アイデアなど・・・。

恵比寿の街の人を巻き込むことで

中々思いつかないようなアイデアが飛び出し、

楽しいながらもじっくり考えさせられるイベントでした。

 

こちらも場所を変えて続編が続きます

↑↑↑Facebookグループページ

アンジュさん、ありがとう。

 

 

③CITY  PRIDE BATTLE

th_16422289_368144193560514_8306458265106269103_o

 

2016年後半に突如として現れたこのイベント。

武蔵小山のコミュニティサークル、

MKM(武蔵小山ネットワーク)に所属している

Peatix 滝沢さんと、greenzの植原さんとの

運命的な出会いから始まりました。

お酒を交わしながら

二人の武蔵小山愛を灼熱のごとくプレゼンされ、

いやいや、恵比寿の方がいい街だし〜〜!

と負けじと討論。

その繰り返し。エンドレス。

・・・これ、街を題材にしてプレゼンバトルしたら面白いんじゃないの!?

と言うところから本イベントが発足。

th_16403363_368454273529506_7948545563586917415_o

 

続ける内に新聞社さんのお目にもかかり、

日経MJさんに掲載していただきました。

しかも裏面の一面です!!!

 

滝沢さん、植原さん、

ありがとうございました。

 

こちらもこう好評につき

続編が計画されております。

↑↑Facebookページ

 

 

 

④堀潤の「伝える人になろう講座」

common002

回を重ねるごとに参加者が増え、

最終回はCOMMON ESBIUの

キャパを超える来場者数に。

2時間トークの予定が、

3時間半もの長時間

行った時もありましたね笑。

講座が始まった当初は

個人の発信の仕方を堀さんから教えていただき、

後半はLGBTについて、

シリア問題、

キュレーションメディアについて等。

伝説となるトークをたくさんのゲストの方から

お話いただきました。

th_17353557_10210173270905665_6369342752480964408_n

「小さい主語で伝えよう」

と言う堀さんの言葉は、

忘れられない大事な言葉として

みなさんにインプットされました。

 

そして!!! 「伝える人になろう講座」は、

4月以降はamuに移動して行われることが決定しています。

堀さん、これからも宜しくお願いします!

 

 

 

結局全部続くんじゃんw

そうなんです。COMMON EBISUで

レギュラーで活動していたイベント、

すべて別の場所で開催されるという

異常事態が発生したんです。これはすごい!

皆さま続編をお待ちください!

 

その他、

出版イベント多数・映画上映会・ヨガイベント

ダンス保育園・伊東建築塾講演会etc…

様々なイベントスペースとして

沢山の出会いをいただきながら、利用してきました。

 

 

感想文庫を通して、

そしてCOMMON EBISUのイベントを通して

どれだけの人が繋がり、

笑顔になったのかは正直わかりません。

 

けれど先日、

感想文庫の名付け親の

阿部さんがこうおっしゃっていました。

 

「COMMON  EBISUは無くなってしまうけど、

ここであったことはみんなずっと忘れない」

 

 

みなさんの記憶に残る施設になれたかな?

たくさんの人が繋がれたかな?

笑顔になれたかな?

 

 

みなさんがCOMMON EBISUを忘れませんように。

COMMON  EBISUはみなさんを忘れません。

 

 

そしてCOMMON  EBISUは

スタッフだけで作った場所ではありません。

関わってくれた全ての人によって作り上げられた

最高の場所です。

 

 

今まで本当にありがとうございました

 

 

Share (facebook)