恵比寿新聞は東京恵比寿の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

恵比寿の定番中の定番香湯ラーメン「ちょろり」

恵比寿の定番中の定番ラーメンと言えばご存知ちょろり。

場所は恵比寿ビール坂の加計塚小学校の手前にあります。っていうか説明不要かな?

しかしまだこちら「ちょろり」に行っていない方へ簡単な説明を。

恵比寿の住民のみならず恵比寿で働く方のみならず恵比寿夜のパーティーピーポー

のみならず、この「ちょろり」に行く際必ずいう言葉がある。それは

ちょろる?

目上の方を誘う場合は

ちょろりますか?

ナンパ口調で言えば

YOUちょろっちゃう?

それほど恵比寿の住民に愛されて止まない「ちょろり」

創業は1995年。店主森山さんは渋谷の喜楽で腕を振るってらっしゃったそうで

その後西麻布の名店「かおたんラーメン」でも活躍。その後ご自身で「ちょろり」をOPEN

考えてみれば味の系統はやはり喜楽とかおたんが進化して「ちょろり」になったと推測します。

ちょろりは2店舗あります。恵比寿が本店でもう一店舗は目黒にあり、森山さんが一人で

切盛りされているそうです。皆さん喜楽・かおたんにはいった事の無い方もいると思いますが

スープがいわゆる「香湯」(しゃんたん)と読みます。透明感がありコクのあるスープ。

そしてちょろりの香湯スープと言えば「揚げ葱」が香ばしく食をそそるんです。

今回はお昼時という事で以下をオーダーしてみました。

ラーメンと半チャーハン

ラーメンは600円 半チャーハンが400円。しめて1,000円。

ちょろりはラーメンももちろん美味しいのですがチャーハンも絶品です。

恵比寿2大チャーハンと言えば「こづちのチャーハン」か「ちょろりのチャーハン」というほど

ちょろりのチャーハンはパラっとしていて絶妙なのです。

その他にも餃子が異常においしいんですね。恵比寿新聞は疲れ果てて家に帰る時。

お持ち帰りでチャーハンの餃子をよく買って家で食べました。餃子は必ず食べてください。

その他にもいつも頼むものがあります。それはメニューには載っていないんですが

おつまみ 肉野菜

モヤシの上にチャーシューが刻んで乗っており上から甘辛いタレのかかったおつまみ。

ビール片手に肉野菜をほおばりながら「今日な何食べよっかな~」って前菜感覚の一品。

やっぱりこの透き通ったスープの上にかかった揚げ葱。

箸でつかむとほどけるチャーシュー。そしてきぬさやとメンマ。

麺は細麺でやわらかくスルッと入ってくるんですよ。これが。

しかも夜遅くまでやっているので本当に重宝しています。

よく朝方まで飲んでちょろりで〆る。色んな思い出が皆さんにもありますよね。

いつもおいしいラーメンをありがとうございます

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
香湯ラーメン ちょろり
住所 東京都渋谷区恵比寿4-22-11
電話 03-3444-7387
営業時間 11:00~翌5:00 定休日 日曜日
土曜営業・子供歓迎

大きな地図で見る

Share (facebook)