恵比寿新聞は東京恵比寿の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

恵比寿4丁目にグルメバーガーの実力派「Burger Mania」がやってきた!!!

現在恵比寿グルメバーガー戦国時代

この4~5年間でざっと約5~8軒のグルメバーガーを出すお店が増えた恵比寿。

グルメバーガーとは通常我々がファストフードとして食していたハンバーガーを

さらに味や素材など作り手がこだわったハンバーガーを指す造語だそうですが、最近は

NYスタイルやハワイアンスタイルなどのグルメバーガーがわんさか日本に上陸しています。

意外に歴史は古く老舗の部類になると20年戦士のグルメバーガー店があるという話も。

さて、今回紹介するのは白金・広尾に2店舗開店し飛ぶ鳥を落とす勢いで恵比寿に進出した

Burger Mania

今回はこちらのオーナーでもある守口さんに今まさにイケテル人気の訳を聞いてみようと

思いましたが、なんと・・・・涙なくしては語れない苦労話を聞く事になるとは・・・

3店舗目を出した恵比寿。場所は恵比寿東口から徒歩3分。ちょもらんまやキムカツの

あるビルの並びにあります。それではまず店内から散策してみましょう。

センスあるな~。置いてるものが渋い

インダストリアル系の雑貨やライトなどが店内にセンス良く配置されていて

なんだかここはニューヨーク(西口のじゃないよ)じゃないの?と錯覚する。

これ多分バイクのヘッドライト

どこで見つけて来たんでしょうか?マジでこういうのほしいな~。

その他の家具もなんか素敵すぎる・・・・・・

そして一際目立つこのオブジェ

これ水道管ですよね??しかもコックがついているという事は・・・・

もしかして・・・・これ・・・・・・

ビアタップじゃね!?

この辺の事を詳しくオーナーの守口さんに聞いてみた。

ニューヨークのアーティスト自作もの

恵比寿新聞
守口さん。なにこれ。すごいね。ビアタップ?

守口さん
そうなんですよ~。実はこのビアタップ、ハンドメイドのビアタップなんですよ。

恵比寿新聞
やばい。。渋すぎる。。。しかもコレ公共の水道管みたいなものですよね。

守口さん
みたいですね。タップドビアーというニューヨーク在住の夫婦アーティストが作っていて日本ではまだうちしか入れてないんですよ。もうこれ超自慢っす(笑)

恵比寿新聞
うわぁ~これは自慢したくなるはずだわ。じゃあこのビアタップがあるという事はもしかして。クラフトビール的な?

守口さん
はい。うちのスタッフの菊池がものすごくクラフトビールが好きでその影響でクラフトビールを取り扱うようになったんですよ。

バーガーマニアのスタッフの菊池さんはバカがつくほどのクラフトビールマニア。

失礼な言い方かもしれませんが本当にバカかもしれません。クラフトビールでの。

色々と菊池さんから恵比寿新聞話を聞いたのですがチンプンカンプンで。

とにかくクラフトビールは鮮度が命で扱いずらい物らしい。味も様々で非常に

マニアックな物から馴染みのあるものまでビアサーバーが無くなり次第色々と

種類を変えてバーガーマニアで出しているそうです。

タップから注がれるビールを見つめる守口さんの笑顔ったら小学生みたい。

それでは恵比寿新聞恒例の「なんでこの仕事始めたの?」コーナーから。

守口さん何故ゆえにこの「バーガーマニア」を始めたのでしょうか?

天職を見つけてしまった

恵比寿新聞
いきなり唐突なんですがなぜこの料理の世界に入ったんですか?

守口さん
大学に行ってる時に飲食店のアルバイトをやったんですね。その時なんだかわからないんですがものすごくこの仕事が自分ん合っている事に気づいたんです。

恵比寿新聞
どこで働いていたんですか?

守口さん
牛角です

恵比寿新聞
(笑)笑っちゃいけませんね。で、その後は?

守口さん
あまりに自分にこの仕事があってるんで大学1年生の時に大学辞めたんですね。

恵比寿新聞
えーーー!?何やってるのw

自分の店が持ちたくて

恵比寿新聞
なんか凄い展開ですね。僕からすると折角大学まで行ったのに遊べる期間を捨てて外食産業へなんて。で、その後は?

守口さん
働いているうちに自分の店が持ちたくて。まず最初に働いたのが本郷にあるファイヤーハウスというグルメバーガーでは老舗のお店で修行したんですね。

恵比寿新聞
なるほど。そこでグルメバーガーに出会うんですね。

守口さん
それ以外にも原宿のカフェで働いていました。

恵比寿新聞
え!?どういう事?だってファイヤーハウスで働いてどうやって原宿のカフェで働くんですか?

守口さん
昼はファイヤーハウスで夜は原宿のカフェで働いていました。

恵比寿新聞
苦学生かよw

100円のジュースでさえもご馳走だった

恵比寿新聞
なんでまたそんな昼夜問わずに働いたわけですか?

守口さん
やっぱ自分のお店を持ちたいんで実家から通ってなるべく節約してファイヤーハウスでは300時間働いていましたし。とにかく節約の日々で。これがね。節約ってすると面白くなっていくんですよ。

恵比寿新聞
どういうことですか?

守口さん
ゲームみたいなもので「今日俺50円しか使わなかった」というのが快感になって行くんですね。

恵比寿新聞
マゾっすか(笑)でもわからなくはないかも。

守口さん
ここで自分へのご褒美に缶コーヒーを買うか買わないか悩んだ挙句買って飲むとなんだか罪悪感で。缶コーヒーすらも贅沢な時期がありました。

恵比寿新聞
なんか泣けてきたTT

守口さん
でもそんな中でも研究の為に東京にあるグルメバーガーを食べ回っていました。

2008年に念願の1号店OPEN

恵比寿新聞
相当働いていつ夢が叶ったんですか?

守口さん
2008年に白金にバーガーマニアの1号店をOPENする事ができました。最初は仲間6~7人で始めたんですね。

恵比寿新聞
うぁ・・・またここからかなりえぐい苦労話が始まるんでしょ?

守口さん
いや・・・これが実際に予想以上に忙しくて(笑)

恵比寿新聞
なんだよwいそがしかったのかよw

守口さん
最初の1店舗目なんでお客さん来なくて苦労するかなと思いきや。意外と盛況で(笑)気がつけばお客さんが並んでくださるほどになって。

恵比寿新聞
なんか守口さん選ばれてますね。笑いの神様に。

守口さん
しかし当初はバーガーを焼けるのは僕しかいなくて。3年後にやっとスタッフも育ってきたので広尾に2号店を思い切って出したんですよ。

恵比寿新聞
ほら。きた。これもまた大盛況って話でしょ。

守口さん
実はこれが超苦戦してですね・・・・

恵比寿新聞
ジェットコースターかよ(笑)話のジェットコースターかよ(笑)

守口さん
まぁ2階だという事もあって全然人が来なくて。マジでこれやっちゃったなー的な。しかもOPEN1ヵ月で震災に。。

恵比寿新聞
あー。。それは。。広尾って海外の方多いし。それは大変だったでしょうね。

守口さん
でもこれが徐々にあがって来たんですよ。

恵比寿新聞
逆バンジーかよっ(笑)

恵比寿にお店を出すキッカケ

恵比寿新聞
まぁ上がったり下がったりはあったとして3号店目をOPENすることになったきっかけは?

守口さん
やっぱり社員も増えてきたのでみんなに夢を見せてあげたいと思ったんですよね。何だろう。もう勢いですね。

恵比寿新聞
少年守口から経営者守口に昇進するいわば島耕作を見ているようだ。。親心ですね。

守口さん
やっぱ働いてくれているみんなはホント家族同然なんで。勝負するなら食のメッカ恵比寿かなと思って。

恵比寿新聞
なるほどですね。いやぁ~壮絶というか。守口さんの動物的感覚凄いわ。

という事で守口さんあってのバーガーマニアですがもちろん!味の真骨頂もあるわけで。

詳しく守口さんにお話を伺う事に。

恵比寿新聞
そりゃー寝る暇も惜しんで働いて都内のグルメバーガー食べまくっていたんですから相当なこだわりがあるんじゃないですか?

守口さん
そうですね。うちは「素材の味を楽しんでもらう」というシンプルな部分にフォーカスしているんですね。肉は国産牛の肩ロースとうちモモ。後味が全然違うんですね。

恵比寿新聞
結構僕もアンガス牛とかのあの臭みと赤身が好きなんですが、国産牛の香りを大事にした感じも好きですね。

守口さん
肉々しさと香りのバランスだと思っているんですよ。あとうちはかなりひき肉が粗挽きですね。

恵比寿新聞
へぇー。さっきミンチボール見て思いました。結構肉っぽい粗挽きだなと。さっき言っていた「素材の味を楽しんでもらう」という点で他にも気を使っている所は?

守口さん
通常ハンバーガーってリレッシュというピクルスのような酢漬けを使う所が多いんですが、リレッシュを入れるとどのバーガーも同じ味になるというか。なのでうちではリレッシュは一切使わず素材で勝負するって感じですね。

恵比寿新聞
やっぱりバンズも決め手ですよね。

守口さん
はい。うちは新宿の峰屋さんというパン職人さんにオーダーメイドで作ってもらっていますね。信頼のおけるパン屋さんです。

恵比寿新聞
やっぱり凄いっすね。抜かりないなー。

創作バーガーの制作にも抜かりなし

恵比寿新聞
これはいったい何バーガーですか?

守口さん
あ。これはうちのオリジナル「チェリーバーガー」ですね。

恵比寿新聞
まじっすか?これバーガーに合うんですか?

守口さん
これ意外と絶妙な味加減なんですよ。人気ですね。うちでは気が向いた時ですがマンスリーバーが的な事をやってるんですね。お客さんの反応を見てその中からグランドメニュー化してるものもありますね。チェリーバーガーもマンスリーバーガーから生まれたグランドメニューですね。

という事でチェリーバーガーは宿題にしまして、通常のバーガーを頂いてみましたが

なんとも言えない肉の粗挽き食感と噛みしめた時のジューシー感のバランスが絶妙。

しかもシンプルな味付けなので肉のうまみが思いっきり前に出てしかもしつこくない。

レベル高いっす。奥深いっす。しかもバンズももっちりしていて甘みがある。

守口さんの言っていた「素材を楽しんでもらう」という表現が完璧に口に広がった感じ。

ハンバーガーだけじゃない!

実は守口さん20歳の時にニューヨークに行ってからバカがつくほどのNYフリーク。

もちろんお店の家具の買い付けやビアタップに至るまでニューヨークでゲットしている。

色んなお店も見て来て今ニューヨークでキャッチーな食べ物やポピュラーだけど

なかなか日本人には出せない味を現地で食べたかのようなクヲリティーで出している。

このパンケーキだってそう。

恵比寿新聞
うぁ・・・アメリカの味がする・・・・

守口さん
うれしいですね。

恵比寿新聞
やっぱり日本のパンケーキってどこか違うんですよね。ホットケーキなんですよ。でもアメリカのパンケーキってどこか違うんですよね。これはまさにアメリカの味。僕意外とパンケーキにベーコンとサニーサイドアップの上にメープルシロップバリバリかけて食べるの好きですね。

オニオンリング!!!これとビールが恐ろしくマッチするんですね。

フリットも方法次第では物凄い面白い味になったりするもので。

その他にもバーガーマニアにしかない料理もたくさん。珍しいのはこちら

ミートボール

恵比寿新聞
こういう状態で出てくるの初めて見ました。

守口さん
結構ニューヨークでは流行ってるんですよね。ミートボールが美味しい店って言われる様な現象もあるぐらいです。なかなか日本では見ないですよね。

 

 
これが半端ない旨さ!!まさに肉の素材を生かした晩品ですね。

ここでまたあのフレーズが。。。。

肉図鑑に乗せたい!!!

最近恵比寿新聞か監修させて頂いている「肉会」の肉図鑑に是非バーガーマニアさんを乗せたい!

という事でめでたくバーガーマニアも肉図鑑にアーカイブさせて頂きました。

そして恒例の!!!!

恵比寿新聞
守口さん肉図鑑に乗せて良いですか?

守口さん
なんですか?それは?

恵比寿新聞
ようは恵比寿新聞が選んだ肉店という称号ですよ。はっはっは。

守口さん
・・・・・

恵比寿新聞
でね。守口さ~ん(上目使い)

守口さん
なんですか?・・・・・嫌な予感・・・

恵比寿新聞
肉会に参加して肉図鑑を見てくれた人に抽選でプレゼントあげてほしいんですよ。

守口さん
えーーー!!??まじっすか・・・・

という事で!

イケメンで心優しいバーガーマニア守口さんからこの肉図鑑の為だけに作って頂いた

オリジナル肉会仕様のステーキを抽選で1組様にプレゼント!!!!!!!!!!!

参加はこちらから肉会に参加して応募

応募期間は今日7月29日~8月5日まで!抽選の発表は8月6日です!!!!!!!

尚、このプレゼント企画はPCのみの企画になっています。


という事でお送りしましたバーガーマニア。

まだまだ恵比寿新聞にも掘れていないメニューがたくさんありまして。

是非皆さんも絶品のグルメバーガーにチャレンジしてみては?

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
Burger Mania 恵比寿店
住所 東京都渋谷区恵比寿4-9-5 マンションニュー恵比寿107
電話 03-6277-4221
営業時間 
[月〜日、祝]
11:00〜24:00
平日
11:00〜16:00 ランチタイムサービス
15:00〜18:00 パンケーキセット
※土日のランチはありません

Share (facebook)