恵比寿新聞は東京恵比寿の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

タイ料理食べ放題ランチバイキング「A TEPPARA」

2014年 閉店

皆さんコップンカー?

どうも恵比寿新聞です。今日は春のような陽気で半袖半ズボンな訳ですが

実は3月16日から恵比寿新聞はなんと「アジアのカンヌ」と呼ばれている

アジア太平洋広告祭inタイ」に行くんです。その詳細は再来週の公開なのですが

まずタイに行く前にタイ料理のお勉強をしておかないといけないんじゃないのかな?

って事で恵比寿にはタイ料理店がたくさんあります。恵比寿新聞の調べでは

現在恵比寿には14店舗物タイ料理がひしめきあっている訳ですね。

今回はその中でも老舗の20年続くタイ料理のお店「A TEPPARA(ア・テッパラ)」

にやってきました。さわやかサワディーカーーップ!!♪

店内はさながら「タイの屋台」のようですね(いった事ないけど)

こちらア・テッパラのランチはランチバイキング形式。900円で料理はもちろん

飲み物・デザートが食べ放題なのです。

とにかくお腹すいたな~。タイ語では「ヒウ マーク クラップ カー」って言うそうです。

なんでも「カー」がつくのカー。そんなこと言ったらこれ思い出すな~。

もう料理とっていいですカー?

※いいですよ

まずはバイキングどんな種類が揃っているかチェック!

全部写真を撮らなかったのでまず文字で説明しましょうカーップ。

右から春雨のサラダと手羽先と唐揚げ。横にはタイの甘いチリソースをかけて。

そしてその横がグリーンカレー。竹の子タップリで美味しそうじゃないですカーップ。

そしてタイ米を使用したフライドライス。白米もありますよ。

今回はこのジャスミンライスを使用したフライドライスでグリーンカレーを頂きましょうカーップ。

その横にはタイ風の野菜炒めとガパオ(甘辛く炒めたミンチ肉と野菜の料理)と

パッタイ(タイ風やきそば)もあるじゃないですカー。

そして可愛い店員の女性が言うには

トムヤムクンラーメンもあるじゃないカー

という事で欲張り恵比寿新聞。全部盛っちゃいました。

はいこちら

ドン!

センターにはタピオカ

盛りすぎたかも・・・でもここは恵比寿新聞。全部食べちゃうぜー。

まずはトムヤムクンラーメンから。さすがトムヤムクン。トム君なのかヤム君なのか

ハッキリしてほしいところですがそこはトムヤムクン。しっかりとトムとヤムの

味がしっかり出ていますね(うそ)

辛すぎず酸味をおびたスッキリスープに米麺が非常に合うナイスなお味。

ペロっと食べちゃいました。さて、次のプレートカモーン。

ガパオ&タイ風野菜炒め&パッタイ。

ガパオは味付けも濃く無くライスに合いますね。ガパオライスってのも

有るぐらいですからタイの人達はガパオライスは日本の牛丼みたいなものなんでしょうね。

パッタイも平打ち麺(こちらも米麺)でナンプラーの味付けか?香ばしい味わい。

ナッツと唐辛子を少しかけて食べても美味しいかもですね。

そしてタイ風野菜炒め。こちらは普通の野菜炒めでした(笑)

こちらもペロっとペロペロ完食ちゃん。次のプレートカモーンメーン?

グリーンカレーとジャスミン米のフライドライスにオンザ唐揚げ・手羽先に

スイートチリソースをかけてそこにワンモアガパオちゃんカモーン&春雨サラダのプレート。

ジャスミンライスが本当に香ばしくて独特の香り。そこにのこのこ竹の子たっぷりの

沖田博之風グリーンカレーをつけていただきまして。間髪入れず唐揚げ手羽先を

スイートチリソースにどっぷりつけてアムアムしながらさらに春雨サラダを口にいれると

むせて鼻からOUT OF 春雨

という事でこちらも完食!!!!900円で食べ放題飲み放題は本当にナイス。

場所は恵比寿西口ロータリの坂を上がったファミリーマートの地下1階です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
タイ料理 A TEPPARA(ア・テッパラ)
住所 東京都渋谷区恵比寿南1-14-15 ラ・レンス恵比寿 B1F
電話 03-3715-4588
営業時間
ランチ 11:30~15:00
ディナー 16:30~24:00
無休・土曜営業・日曜営業

大きな地図で見る

Share (facebook)