恵比寿新聞は東京恵比寿の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

会員数1000人超の老舗絵画教室「アトリエ・エビス」クラス体験リポート。人気の秘密に迫ります!

わたくし坂口はいつかは絵画教室に行けるような悠々自適の生活をしてみたい…い…い(エコー)

先日の七夕で書かせて頂いた短冊の願い事。

恵比寿はセレブな街と言われていますがやっぱりそういう絵画教室的な?みたいな?

きっとそういう余暇を楽しむ為のお教室が多いはず。そんな事を思っていた矢先に舞い込んできた

一本でもニンジン!あーーちがうのちがうの。一本の依頼。しかも編集長から。

「坂口さん・・・実は・・・・とある雑貨屋・・いや・・えーっと・・アトリエの取材よろしく…」

 

なんか怪しい・・・・こういう時は何かあるはず・・・・・

きっと大きなトラップが待ち受けているに違いない!!!

この前も

 

恵比寿新聞編集長
坂口さん。イラストとか書ける?っていうか書けるわけないか(笑)ごめんごめん(笑)ぷぷっ

 

という屈辱的な問いかけをされて。

というわけでとりあえずやってまいりました・・・・(笑)

 

場所は恵比寿南にあります急な階段をご存知でしょうか?(ザックリすぎる)

その坂を上がればこちらのアトリエに到着します。中にお邪魔してみましょう。

 

あ・・・これはもしかして・・・・!

アトリエと見せかけての!!

雑貨屋さんという設定でボケてという編集長からのフリだったんですね!

あっそうそう仮面欲しかったんだよね買っちゃおうかな〜♪的なテンションでウフフフフフフ♪

 

寺澤さん
あっ!坂口さんですよね!ようこそお越し下さいました〜!

坂口
担当の寺澤さんですね!いや〜店内拝見させていただきましたよ!
なんだかなにかもが新鮮です!恵比寿のニューコンセプトショップ。

寺澤さん
ニューコンセプトショップ?

坂口
なにとぼけたこと言ってるんですか、
独自の視点でアヴァンギャルドなものばかりを集めたニューコンセプト雑貨店でしょう?

寺澤さん
坂口さん・・・うちは雑貨店じゃなくて、

アトリエ・エビスという名の絵画教室ですよ・・

 

 

全然ボケが通じないw

なんだったんだろう・・・あのフリは・・・・・

そう!アトリエ・エビスと言えば、近年「芸術の街」としての存在感が増してきた恵比寿の

アートシーンを牽引する開校35年の老舗絵画教室、さらに恵比寿駅西口から徒歩2分

というにも関わらず駅前の喧噪から一線を画す好立地、その上絵画教室のイメージを

くつがえす会員数1000人を超えるあの!

マンモス絵画教室じゃないですかァァァーー!!!

※わざとらしい※

 

 

大変失礼いたしました。

誤解がとけたところ(とけてないって)でとにかくまずはお話を伺うことに。

伺ったのはアート・コンシェルジュの寺澤智恵子さんです。

 


坂口
会員数約1000人とのことですが、どんな方が来られているんですか?やっぱりセレブ的な?

寺澤さん
まっさきに質問するとこそこですか(笑)
実際には余暇で楽しまれる方もいらっしゃいます。

坂口
なるほど。絵画教室って、ちっちゃいお子さんかご年配の方が通うイメージなのですが、妙齢の男女もいるのですか?とくに男性。

寺澤さん
もちろんジュニアやシニアの方もたくさんいらっしゃいますが、平日夜間や休日は20〜40代の方も多いです。
アトリエ・エビスではクラス制をとっているんですが、授業に出られないときは別のクラスに振替えできますし、長期間出られないことが分かっているときは休会することもできます。各回2時間半のクラスは遅刻・早退もOKなので、忙しい社会人の方にも参加しやすいんです。

坂口
仕事?・・・では画家ということですか?

寺澤さん
ゲーム会社や、映像制作会社にお勤めの方とかですね。絵コンテを描く機会が多いみたいです。

寺澤さん

アトリエ・エビスは、生徒さん同士の交流が活発なのも魅力のひとつなんです。

・クラス制なので顔なじみができやすい
・お互いの絵が会話のきっかけになるので自然と仲良くなる
・クラスの人数は17〜20人と、少なすぎず多すぎないので密な関係を築きやすい
など、仲間を作るにも最高の環境が揃っています。

それに加えて、教室主催のスケッチ旅行やワークショップが開催されたり、
2年に一度、数百人が参加する大展覧会が行われるなど、イベントも盛りだくさんです。


↑秀逸なタイトル

 

寺澤さん
アトリエ・エビスのもうひとつの大きな特徴は、人物クラスが充実しているところです。
各クラスごと様々なモデルさんがいらっしゃるので、描きたいモデルさんを選んで授業を受けることもできます。もちろんヌードデッサンもありますし、民族衣装や浴衣などを着るコスチュームの回なんかも設けています。
たまにゲストとして、アスリートの方やお相撲さん、外人さんなんかにも来てもらうことがあるんですよ(笑)人気のモデルさんには何度も来てもらうこともあります。

 


民族衣装のモデルさん

 


ヌードのモデルさん

 

寺澤さん
今日坂口さんには、ぜひその人物クラスを体験してもらいたいと思います。

坂口
えっいいんですか嬉しい!でもあの・・・ひとつ心配事が

寺澤さん
なんでしょう?

坂口
私たぶんすごく上手に描けちゃう気がするんですけど大丈夫ですかね?

寺澤さん
え?

坂口
たぶんすごく絵が上手いんですけど大丈夫ですか?

寺澤さん
え?

坂口
あのだから・・・もしかしたら読者に嫉妬されて刺されてしまうかも

寺澤さん
え?

坂口
(信じてないんだ)

 

自らハードルを上げきったところで、一行は人物クラスの教室がある隣のビルへ。

 

 

私が教室に入ったのは18時45分。

ちょうど夜間のクラス開始時間と同時でした。

 


↑スタンバイを始めるモデルさん

 

人物クラスの場合、ひとりのモデルさんにつき描く期間が決まっています。

つまり、月曜夜のクラスを選択した場合、そのクラスに同じモデルさんが来て

同じポーズをとってくれるのは連続5週のみ。生徒はその間に一枚の絵を

仕上げなければいけません。私が体験レッスンを受けた日は2週目だったため、

みなさんの絵はすでに形ができつつありました。

 

う・・うまい・・・

自分でハードルを上げたもののおじけづく坂口。

ああは言ってみたものの、高校を卒業して以降、

まともに絵なんか描いてない。本当に大丈夫なのだろうか。

 

 

そんな私の目に飛び込んできたのは・・・

 

 

イ・・・

 

 

・・・イケメェェェン!!!

 

聞けばこの方は、このクラス担当の大川心平先生。さっそく見つけてしまった私の王子様。

他にも、アトリエ・エビスではベテランから若手、写実・抽象・現代作家まで様々なタイプの先生が

揃っていて、自分にあった先生の授業を選んで参加するのも楽しみのひとつになるかもしれません♪

 

とにもかくにも授業開始(笑)

体験レッスンでは、「鉛筆」「パステル」の中から

好きなものを選べるのですが、今回私が選択したのは鉛筆画。

「描きはじめのコツは、まずは全体像を捉えること。

まずはバランスとシルエットを描いていきましょう」

という先生のアドバイスをもとに、少しずつ描きはじめます。

 

まずは外郭から・・・

大ざっぱに・・それから徐々に細かく・・・

 

なんとなく身体できた

 

ここで大川先生がもう一度見に来てくれてアドバイス。

 

大川先生
だいぶ全体像が見えてきましたね。じゃあ次は、
目・鼻・口の大体の位置を決めて、顔の中に印を描き込んでみましょう

 

 

はい先生!!!

 

先生のアドバイス通り目と鼻の位置を描き込みます。

さらにディテールを描きこんでいきます。

 

 

でもなんかアニメっぽさが抜けないなーなんだかなー

と思っていたらすかさず先生から指導が。

 

大川先生
全体の形はつかめてきたようなので、ここからは影を加えていきましょう。そうすることで立体感が出てきます。
まずモデルさんを見てください。今、右と左、どっちのほうが明るく見えますか?

坂口
ん〜、左・・・ですかね

大川先生
そう!左ですね。ということは、左のほうが右より明るくなるはずですね。
肉眼で見ているとそこまで差は感じないかもしれませんが、絵に描くときはこの光の当たり方を意識して、暗い方にしっかり影をつけてあげると立体感が出てきます。

大川先生
ここまで鉛筆を「立てて」描いてきたと思うんですが、影を描くときは「寝かせて」描いてあげましょう。

 

なるほど。寝かせてね、寝かせて・・・

そんなこんな必死こいて影をつけまくった結果・・・

 

 

 

 

 

 

 

完成ーーーーー!!!!

結構早々の段階で「完璧すぎてこれ以上描くとこない!」というシーンが多々あった

のですが(笑)その都度先生からアドバイスが入り、言われたとおりにやってみたら、

思っていたよりも上手く描けたなぁという感触。

まあ私の画力もさることながらですが!!!(笑)


↑ドヤ顔

あっという間の2時間半でしたねーーー。

料理とかもそうだけど、いろんな心配事とか仕事のこととか人間関係の悩みとか、

絵を描いてる間はスコーーーンと忘れちゃうから、ストレスが吹っ飛ぶ気がします。

不思議と頭と心がすっきりしてるーーーー意外な効果嬉しい♪

というわけで、なんだか絵が描きたくなってきちゃったなー、なんて皆さまに耳より情報!!!

会員以外でも参加できるアトリエ・恵比寿のプログラムをご紹介しちゃいます!!!

 

 

夏限定 ひたすらクロッキー
毎週(木・金・土)開催!クロッキー会
写生の腕を鍛えたい方に!
※クロッキーとは、速写のこと
※こちらは夏だけでなく毎週開催しています

 

 

今回の記事のようなクラス体験をしてみたい!という方はこちら

体験申込みフォーム

 

 

さらにさらに!読者に朗報!!!!

「恵比寿新聞を見た」と言っていただければ、通常の入会金1万円がなんと!!!!

 

無料!!!!!

※2014年いっぱいまで※
秋にも入会金がお得になるキャンペーンを予定しているそうです!

随時ホームページをご確認ください。

この機会にみんなどんどん入会しちゃいなYO! → アトリエ・エビス入会フォーム

読者プレゼントのお知らせ(笑)

坂口が描いた絵を抽選で1名の方にプレゼントいたします!

応募はコチラまで。どしどしご応募お待ちしております♪

Share (facebook)