恵比寿新聞は東京恵比寿の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

人生に音楽を。恵比寿ART CAFE FRIENDS

人間の豊かさって音楽に現れている部分があると思うんです。

楽しい時や調子の良い時は音楽を聴き

悲しい時や落ち込んだ時にも音楽を聴く。

人の気持ちと音楽は切り離せないエモーショナルな物だと思います。

でも恵比寿にそんな素敵な音楽を楽しむ場所って有るのでしょうか?

有ったんですよ。ジャンルがどうとかこうとかの難しい話を抜きにして

本当に「音楽」という物を純粋に楽しめる場所をご紹介します。

Art Cafe Friends

恵比寿西口を出てロータリーを左に行きますと坂があります。

坂の途中の「農家の台所」が入っているビルの地下1F。

ドアを開けると・・・・・・なんだか懐かしい音色・・・・

Georgia, Georgia, the whole day through
Just an old sweet song
Keeps Georgia on my mind….

レイチャールズの名曲「我が心のジョージア」を熱唱する白髪の老人。

店内は純粋に音楽を愛する方々で満席。

この日はこのART CAFE FRIENDSの5周年記念イベント。

皆、思う思うのスタイルで音楽を楽しんでらっしゃる。本当に良い雰囲気。

しばし、足を止めてレイチャールズの我が心のジョージアに耳を傾けます。

ジョージア、ジョージア
なつかしいメロディーが流れ
一日中 ジョージアに思いをはせる
ジョージア、ジョージア、 君の歌が
松林に差し込む 透明な月の光のように
美しく 聞こえてくる…..

なんてすばらしい店なんだ!!

こんなお店探してました!!

店内には素敵なアート作品が並びちょっとしたギャラリーともなっている。

疲れた都会の戦士がこのart cafeにしばしの休息を求め音楽という

魔法で癒されまた明日の戦場へ赴く。そんな「オアシス」のような場所なんだろうな。

すると場の雰囲気が変わる

メインホールでピアノの音だけがして場のざわつきも消えて・・・

なんだか・・・聴いていると粗削りなんだけど、若い息吹というか躍動感を感じる音。

走ってメインホールに行くと

一人のニット帽をかぶった年齢で言うと20代の子がピアノを弾いていた。

その場にいた観客はしばし談笑がつづいたが、彼が奏でるピアノの旋律に

耳を傾けだした。あたかも森の中で何か得体のしれない生き物が迷い込んできた為

森の住人が声を潜めるかの如く、不思議と場の雰囲気は1つになる。

そして一人の白髪の男性がピアノまで歩み寄りじっくりと耳を傾けている。

あれ?何処かでお見受けしたような・・

それもそのはず。日本の音楽プロデューサーでも著名な「すずきまさかつ」さんご本人。

彼の手からは今まで美空ひばり・森昌子・和田アキ子、石川さゆり、西田敏行などなど

3000曲ものプロデュースを行う名プロデューサー。

なんと、あとで聞くとここArt Cafe Friendsのオーナーはすずきさんだったのです。

やっぱり音楽会の巨匠は本当に純粋に音楽が好きなんだな。

会場は若きピアニストを称賛するかのごとく高揚し始める。

演奏が終わった瞬間。歓喜の嵐。こちらのピアニスト中野公揮さん。

現在東京芸術大学作曲科に通う大学生で注目されているピアニスト。

こちらのArt Cafe Friendsでは毎週第二土曜日に演奏されている。

本当にね!マジでこの人の演奏は聴いた方が良いよ!

その後もこちらのArt cafe friendsに縁のある方のMCを交えて

愛のある一日でした。本当に平和だな~。

くしくも今日、北朝鮮がミサイルを発射するという報道が巷では流れています。

こんな音楽を聴けばきっと国境なんて肌の色や目の色や宗教なんて飛び越えて

みんな「いいよね~ふふふ~ん♪」ってなれるのにと思ったり。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
art cafe Friends
住所 東京都渋谷区恵比寿南1-7-8 恵比寿サウス・ワン B1F
電話 03-6382-9050
営業時間 オフィシャルサイトをチェック

大きな地図で見る

Share (facebook)