恵比寿新聞は東京恵比寿の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

どれもが無料で参加できる5月COMMON EBISUのイベント情報

come004

4月15日に恵比寿ガーデンプレイスに

OPENしたCOMMON EBISUもようやく1ヶ月。

中でもみんなで作る未来型図書館「感想文庫」は

おかげさまでテレビやラジオ・新聞に取り上げられ

大きな反響を呼び現在までに400冊以上の本が

寄贈されています。本当にありがとうございます。

come008

「本が人と人をつなぐ」と思って始めた

この「感想文庫」も初めは「寄贈来るかな・・・」

とか「果たして本が人をつなぐのか?」など

不安な気持ちがありましたが予想を超えた

人のつながりができていて正直びっくりしています。

come018

なんかこういうこと言うと手前味噌なんですが

この場所に来るとみんな繋がりだすというか

本を通じて話が盛り上がったり、ちょっとした

井戸端会議になったりとスタッフとお喋りしたり

自由な時間が流れております。

come011

さて、COMMON EBISUではトークショーや

ワークショップも行っております。

ここに訪れる人が良いことや面白いことを

情報共有できるような仕組みづくりをしています。

5月後半のイベントについてお知らせ。

come013
「伝える人になろう講座」
5月25日(水)
ジャーナリスト堀潤さんと学ぶ

伝える人になろう講座

一般の人でも情報を伝える事ができるように

ジャーナリストの堀潤が優しく・詳しく解説。

第一回目は堀潤さんのわかりやすい解説で

大盛況でした。「意見でなく事実を伝える」や

「一次情報の大切さ」などを2時間学びました。

そのほか九州を襲った地震についての報道も

「どういう視点で報道したのか」を詳しく解説。

我々がテレビやネットで目にする「ニュース」を

かなり詳しく教えていただいてとても有意義な

ワークショップでした。

come009

今回第二回目は5月25日(水)19:00から開催。

テーマは「オススメのツールと技術を学ぶ」

日々テレビ・ラジオ・新聞・ネットメディアから

情報を発信する堀潤が

「普段どういうツールを使って情報発信しているのか」

がテーマです。 直接本人が2時間に渡って今一番使える

「伝える人になろう」ツールを解説しながら紹介します。

そして予約制度を無くし誰でも

自由に参加出来るように致しました!

席数も60席から130席にパワーアップ。

皆様のお越しをお待ちしています。

詳しくは↓
「伝える人になろう講座」FACEBOOKグループ

come016

日時 5月25日(水)19:00~21:00
会場 恵比寿ガーデンプレイス COMMON EBISU
入場 無料
※今回から予約の必要はなく、先着順での着席となります。先着順のため早めに起こしください
出演 堀潤(ジャーナリスト)高橋賢次(恵比寿新聞)

come021
「EBISU CITY GUIDE」
5月27日(金)

集まった人たちで恵比寿のガイドブックを作るという企画

このガイドブックは10 月に仕上げることが決まっています。

部数は1000部(予定)です。

しかし、まだその本を作るシステムや編集方針はありません。

ここに集まった人たちから編集部が生まれて役割もでき、

徐々に作り手となる人が集まっていき

自然にガイドブックができていくという非常に実験的な試みです。

come022

第一回目は「企画の趣旨」を説明。

これからどういうガイドブックにしていくのか?

その他来場してくれている方たちにも

意見を交換し基本概念が出来上がってきました。

第一回目のレポートはこちら

come023

前回を踏まえ考えた結果、

編集方針として下記の点を決定いたしました。

次回集まる方には以下のお題をもってきて

いただきますのでご協力お願いします!

①切り口は「OLD IS NEW」
トレンドをつくるのではなく、古くから街に存在する価値あるものに新しい視点を向けることで、普遍的なガイドにする。簡単に説明すると「恵比寿で古くからあるお店やスポット」がほかの人から見れば「新しい」に見える視点の場所やスポットをご用意いただくという内容。

②ルールは「生活を楽しむ」
誰のためのガイドか、ということを考えたときに、恵比寿住人も観光客も楽しめるものでありたい、と思いました。その両立を考えたときに、「生活を楽しむ」という縛りであれば、どちらも楽しめるガイドになるのでは、と考えました。

上記を踏まえて、5月27日(金)は実際に皆様に特集案を持ち寄っていただき、お一人ずつ発表していただきながら、実行可能な案は早速6月から取材に入っていこうと思います。

come020

日時 5月27日(金)19:00~21:00
会場 恵比寿ガーデンプレイス COMMON EBISU
入場 無料
※今回から予約の必要はなく、先着順での着席となります。先着順のため早めに起こしください
出演 大谷省吾(301,inc)高橋賢次(恵比寿新聞)
詳しくはEBISU CITY GUIDEオフィシャルHP

come012
「感想文庫」第二回
5月28日(土)

もし自分の街にみんなで作れる図書館ができたとしたら?

自分の好きな本を図書館に並べられたら?

自分が寄贈した本を読んだ人が感想を返してくれたら?

そんな夢のような図書館が始まりました。

その名も「感想文庫」。

自分が影響を受けた本をこの図書館に寄贈してもらい、

その本たちが本棚に並びます。

寄贈した本には自分の感想をしたためることができ、

そして読んだ人も感想を書くことができます。

そうすると提供する側・読む側に

なんだか不思議な暖かいつながりができます。

それが「感想文庫」です。

come017

第二回目となる「感想文庫」トークは

「31文字の可能性」

5月に歌集「きみを嫌いな奴はクズだよ」を上梓した

歌人の木下龍也さんをお招きして、

言葉、短歌、そして本の可能性について

お話するトークイベントを行います。

また、お越しくださったみなさんに

オープンマイクで好きな短歌について

話していただく時間も設ける予定です。

「感想文庫」では引き続き、

みなさんからの本の寄贈をお待ちしております。

come002
ゲスト:木下龍也
1988年1月12日、山口県生まれ。
2011年より短歌をつくり始め、新聞歌壇、雑誌、Twitter、短歌×写真のフリーペーパー「うたらば」などに投稿を始める。
2012年に第41回全国短歌大会 大会賞受賞。
2013年に第一歌集『つむじ風、ここにあります』(新鋭短歌シリーズ1/書肆侃侃房)を上梓。
結成当日解散型ユニット「何らかの歌詠みたち」で飯田彩乃、飯田和馬、岡野大嗣とともに短歌朗読イベントを不定期に開催している。
本とホラー映画が好きで生魚としいたけが嫌い。
https://twitter.com/kino112

come007
ファシリテーター:阿部広太郎
1986年生まれ。茨城県私立江戸川学園取手高等学校卒。
2004年 慶應義塾大学経済学部入学。中学3年生からアメリカンフットボールを始める。高校・大学とアメリカンフットボール部に傾倒。
2008年、電通入社。人事局に配属されるも、クリエーティブ試験に合格し、入社2年目からクリエーティブ部門へ移動。コピーライターとして活動を開始。主な仕事に、東進ハイスクールの「いつやるか?今でしょ!」を生んだ「生徒への檄文」篇や、ロックバンド「クリープハイプ」宣伝担当や、BUKATSUDO講座「企画でメシを食っていく」など。
「感想文庫」の名付け親。
https://twitter.com/KotaroA

 

 

日時 5月28日(土)19:00~21:00
会場 恵比寿ガーデンプレイス COMMON EBISU
入場 無料
※今回から予約の必要はなく、先着順での着席となります。先着順のため早めに起こしください
出演 木下龍也(歌人)阿部広太郎(コピーライター)

詳しくは↓
感想文庫FACEBOOKグループ

come019
EBISU TOWN BOARD始動!
5月31日(火)

実は5月12日からCOMMON EBISUの

本棚の側面に黒板を設置しました。

そこで皆さんに質問を展開しています。

いったいこれが何かというと

この黒板はその時のお題・質問に人々が答えることで

書かれた事が現実化したり時には

問題解決や問題定義したりする

「心の声」を可視化する装置です。

そして毎月話し合います。

例えば「言いづらいであろう質問」を投げかけ

「いい辛かった事」が黒板を通して

皆の心に刻まれて問題解決の糸口が見つかったり、

いま恵比寿に必要としているものが何かが

書かれた言葉によってわかったり。

正に黒板を通じたパブリックミーティングなのです。

街のことについて語り合いませんか?

come015

今回のお題は

「今恵比寿に足りてないお店のジャンルは?」

です。5月31日までこのお題で意見を募集し

5月31日19時からこのお題について

話し合います。皆さんにとって今恵比寿に

一番足りていないお店のジャンルってなんですか?

ファシリテーターにはクラウドワークの石山安珠さん。

ゲストにお出かけアプリ「HOLIDAY」の

ホリデー株式会社 コミュニティーマネージャー

谷里穂さんに来ていただき

「個人の情報発信」の可能性について

黒板の傾向を見ながらお話いただきます。

come0

そして31日当日はなんと

リアルホームレス芸人の

ホームレス小谷さんに

「1日図書館長」になっていただきます。

大丈夫かな・・・

ホームレス小谷さんは現在

キングコング西野さんたちと

おとぎ町」という町を作る

プロジェクトなどに携わっています。

ワクワクするようなプロジェクトですね。

come001

ファシリテーター:石山安珠
・1989年 横浜生まれ。
・2012年 国際基督教大学(ICU)卒業後
(株)リクルート入社。
・2015年 (株)クラウドワークス入社。
経営企画室
・働く20代のサードプレイス
「URAWORKS」創業代表
・東京渋谷区シェアハウス在住。
実家もシェアハウスを経営
次世代の新しい働き方・生き方の創造に日々邁進中。

come006

ゲスト:谷里穂
1991年生まれ、大阪府出身関西大学在学中に仲間とともにサービスを立ち上げ、チームメンバーごとクックパッド(株)に2014年・新卒で入社。サービスをブラッシュアップして 2015年3月「Holiday」iosアプリの提供を開始。現在はコミュニティーマネージャーとして、全国の様々な地域でイベントやワークショップを実施。 地域の方々と、その魅力を見つけ情報を発信している。

come000
ゲスト:ホームレス小谷
世界一ハッピーなホームレス 1日50円で何処でも何でも屋さんやってます詳しくは→ ㈱住所不定 yugamigachi.thebase.in
日時 5月31日(火)19:00~21:00
会場 恵比寿ガーデンプレイス COMMON EBISU
入場 無料
※今回から予約の必要はなく、先着順での着席となります。先着順のため早めに起こしください
出演 石山安珠(クラウドワークス)谷里穂(お出かけアプリHOLIDAY)ホームレス小谷(お笑い芸人)高橋賢次(恵比寿新聞)

詳しくはCOMMON EBISUのオフィシャルHPまで

Share (facebook)