恵比寿新聞は東京恵比寿の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

恵比寿ガーデンプレイス20周年を記念した「ドリームガーデン」が素晴らしくガーデンしてる。

もうみんな行った!?

現在恵比寿ガーデンプレイスが凄いことになっています。どんな凄い事かというと

いつもガーデンぽい恵比寿ガーデンプレイスがさらにガーデン度合いが増していてですね

しかもかなりくつろげる仕様にもなっておりまして、今回取材して参りました。

今年で20周年のガーデンプレイス

今年で恵比寿ガーデンプレイス20周年の節目という事で人間でいうと成人な訳です。

元々このガーデンプレイスはサッポロビール工場のあった場所でして今や恵比寿には

なくてはならないランドマークとなっている訳でして、そんな節目の20周年は

きっと何かが起こるだろうと期待しておりましたが今回20周年を記念してできたのは!

世界で活躍する庭園デザイナー石原和幸氏の総合プロデュースによる

「20th Anniversary ドリームガーデン」というガーデンプレイスが庭園ガーデンに

なってしまうという事で、以前恵比寿新聞でも取り上げた「ウェスティン東京のガーデン

をデザインされた石原さんの総合プロデュースという事でまずはメインコンテンツと

なっているセンター広場の「ドリームガーデン」から行ってみました。

既に中心がガーデン化してる・・・

無邪気な子供の用に恵比寿新聞走ってセンター広場にありますドリームガーデンへ

直行いたしました。あははは~♪あははははははは~♪

センター広場には初夏を思わせる花と緑に包まれておりました。そして草木の良い香り。

石原氏を中心にジョンカレン氏(アメリカ)・ジョンタン&レイモンドトー氏(シンガポール)

による「チームアース」がデザインする庭園でございます。この4名はいわば世界の庭園4銃士

ばりの庭園デザイナーさんが集結しているという事で中はどうなっているんでしょうか?

なぜか不思議と和を感じるガーデン

中心から抜ける小道があるのですが細かな部分を見ていると日本の山や森に自生する草木が

散りばめられていて全体的には本場英国風のガーデンに見えるのに近い目線で見ると実に

日本の素晴らしさが表現されていて素人の恵比寿新聞でも「はぁ~いい仕事しますね~」と

感心してしまう空間でございます。しかも香りがなんとも言えない「森」なんですよ。

石原さんの手掛ける庭園ってウェスティンホテル東京のウェスティンガーデンもそうなんですが

どこか懐かしくて、日本のどことない普段の里山の風景が思い浮かんだり、前面に日本の良さが

出ているというより小さなところで日本の良さが表現されているので無意識に「なんだか懐かしい」

となってしまうんですよね。さすが世界で活躍する庭園デザイナーさんだと思います。

ドリームガーデンには小さな池もあります。日本庭園の造られた池っぽく無くてどことなく自然

のままの雰囲気が出ています。よーく池を覗いてみると~~~。

金魚発見!!!

しかももっとよく見てみるとメダカも住んでいるんですね。素晴らしい。

ずっと前からここガーデンプレイスにあったかのような雰囲気すら漂っております。

ドリームガーデンの周りには椅子も用意されていますのでお昼休みのひと時や

犬の散歩の途中や子供たちを連れてお買い物に来た時にちょっとこちらで腰かけて

普段都会には少ない緑を観賞しながら時間を過ごすのもおススメですね。

取材中恵比寿新聞はこちらで1時間ほどぼーっとしておりました。

だって気持ちいいんだもん(笑)さて、上の時計広場にも素敵なスペースがありました。

ピーターラビットハッピーガーデン

丁度ガーデンプレイスに入ってくる「時計広場」にはピーターラビットハッピーガーデン

なるくつろげるオープンカフェが出現しておりました。

ん!?ピーターラビット??どうしてピーターラビットなんでしょう??

元々ピーターラビットはイギリス生まれ。ガーデン文化もイギリスが発祥という事で

ピーターラビットの世界をイメージしたお庭にしたという事です。なるほどなるほど。

そしてピーターラビットハッピーガーデはオープンカフェ化しており、中には

「ホリデイカフェ」なる軽食コーナーもあるみたいなんですね。

こちらで軽い軽食が提供されています。もちろんガーデンプレイスなのでビールも完備。

そしてイギリスに因んだメニューもあります。どんなメニューかというと

フィッシュ&チップスもありますね~(笑)

メニューは軽食8種類+飲み物ですね。フィッシュ&チップス・チキン&チップス

フライドポテト・ウィンナー3本セット・ホットドック・ローストビーフサンド。

パンケーキメイプルバターとスノーアイスという品目。ビールはヱビスと最近

人気のプレミアムブラック。飲みやすい黒ビールなんですね。後はソフトドリンク。

どこで食べようかな~

恵比寿新聞もホリデーカフェで軽く購入し楽しんでみたいと思います。

恵比寿新聞が購入した物は?

ホットドックとアイスコーヒー

ん~普通!!それは狙ってフッシュ&チップスとヱビスビールでしょ!?と言いたいことは

わかりますが、この後大事な会議があったのでお酒は飲めなかったけど、本来ここでは軽く

ビールを飲みながらフィッシュ&チップスを頂きほわほわするには最高の場所です。

ホリデーカフェは4月26日~5月6日の毎日11:00~20:00まで開店。

5月10日~6月1日までの期間中は土日11:00~20:00まで営業しています!!

優雅すぎる~

恵比寿新聞が想定するのはこういう感じ。

お昼からのデートでまず代官山あたりでショッピングしたのちガーデンプレイスに

17時ぐらいの夕暮れに訪れて軽くこちらでビールを楽しみながら夜は最近OPENした

ロウリーズで夕食!!バッチリコースだと思います。

実はこの場所で!!!!

これは恵比寿新聞からの告知になりますが、きたる5月8日(木)11:00~12:25に

去年「恵比寿鯨祭」でお世話になった宮城県石巻市牡鹿の「牡鹿中学校」の皆さんが

修学旅行でここ「恵比寿ガーデンプレイス時計広場」に訪れ、自分たちがデザインした

鯨の缶詰をチャリティー販売します!!!宮城県石巻市牡鹿も震災で大きな被害を受け

現在も復興中という事で恵比寿から何かできないかという事でガーデンプレイスさんの

ご厚意によりこの「ピーターラビットハッピーガーデン」の区画をお借りする事が出来ました。

牡鹿中学の子達が一生懸命デザインしました。超かわいい~。

牡鹿中学のみんなは18人。半分の9人は池袋駅近くの「宮城県ふるさとプラザ」で

オリジナルデザイン缶を販売します。残りの9人が恵比寿ガーデンプレイスで販売します^^

実は恵比寿新聞も宮城県石巻市牡鹿まで募金を持って行ったことがあるんですね。

恵比寿鯨祭で集まった募金を持って皆さんに元気になってもらおうと行ったんですよ。

その日は60年続く「牡鹿くじら祭」が3年ぶりに復活するという事で。

会場は牡鹿半島の先っちょ「鮎川」という捕鯨の街でとても大きな被害にあわれた街です。

そこで出会ったのが牡鹿中学の皆さんだったんですね。

元気になってもらうため僕たち行ったんですが逆に元気をもらってですね。

その日の演目で「大漁踊り」を牡鹿中学校の皆さんが踊っていたんですよ。

大漁を祈願して踊るわけですが皆さん本当に躍動的で。恵比寿新聞たくさんの

元気をもらって帰ったという思い出があるんですね。

そんな縁からこうしてガーデンプレイスで牡鹿中学のみんながデザインした鯨缶を販売させて

もらう事が出来ました。是非お近くの方は牡鹿中学校の皆さんに会いに来てください^^

1缶500円!!!何卒よろしくお願いいたします!!!!

この場をお借りしてガーデンプレイスの皆さんご協力ありがとうございました。

牡鹿中学のみんなもいい思い出になるといいな~。よろしくお願いします。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
20th Anniversary ドリームガーデン
4月26日~6月1日開催

・holiday cafe@時計広場
4月26日~5月6日(火・振休)の毎日開催
5月10日~6月1日の期間中の土日開催
(時間 11:00~20:00)

Share (facebook)