恵比寿新聞は東京恵比寿の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

在りし日の思い出「恵比寿ZESTキャンティーナ」

もうすっかり秋の陽気ですね。恵比寿新聞です。

今日恵比寿ZESTの前を通り奥を覗いてみたらスッキリさっぱりなくなっていました。

という事で本日は恵比寿ZESTキャンティーナ トリビュート記事をアップします。

恵比寿新聞ならではの濃い情報でお送りしたいと思います。

1998年5月にオープンした「恵比寿ZESTキャンティーナ」通称「恵比寿ZEST」

は飲食業界大手のグローバルダイニング社がプロデュースするメキシカンを中心とした

お店で、現在も西麻布・池尻・お台場・銀座・渋谷、文京区にはZESTプレミアムバーガー店

があるお店です。恵比寿ZESTは定期借家契約が2012年6月で満了を迎え惜しまれつつも閉店しました。

恵比寿のランドマーク化したZEST。タクシーで道を言う際も

「恵比寿のZEST前で」と言えば大概のタクシードライバーには通じるそんな

ランドマークでした(今後どういえば良いのか困りますね・・・)

恵比寿ZEST名物と言えば「ロデオ」

ロデオ大会など頻繁に行われていました。以前ロデオに乗ってマカオに行こう!

などどこぞのタイアップか豪華賞品が当たるなどのイベントもありました。

そして年越カウントダウンパーティーなどありましたね。

さて、この恵比寿ZESTよくドラマの撮影などにも使用されていましたが

恵比寿新聞の記憶ではフジテレビ系ドラマ「恋するチカラ」の舞台にも

なっていましたね。深津絵里さん可愛かったなー(いや、今も美人です)

ドラマでは貫井功太郎演じる堤真一の事務所という設定で使用されていました。


※0:54あたりに恵比寿ZESTが出てきます。

その他ではお笑いタレントの「おぎやはぎ」の小木さんは恵比寿ZESTで

車庫入れのバイトをしていたそうです。しかし以前いらっしゃたスタッフの方は

今でもどこかのZESTで働いてらっしゃるんでしょうか?

恵比寿新聞が知っている情報は恵比寿ZESTのシェフが現在大岡山に

ネオクラッシク大衆酒場 大岡山食堂」というお店をやっているという情報を

フードスタジアム編集長”佐藤こうぞう”氏のブログで読んだ事があります。

見てみるとすべてノンケミカル(化学調味料一切なし)の大衆食堂を

やってらっしゃるようです。面白いなー。

さて、閉店し、解体作業が進む「恵比寿ZEST跡地」の今後ですが

恵比寿新聞の調査によるとこちらはマンションになる予定だそうです。

また新しい住人の人が増えるのかな。とにかく今までありがとうZEST。

そしてこの場所に何ができるのか!?気になります。

Share (facebook)