恵比寿新聞は東京恵比寿の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

たべるものはよいものを!恵比寿MARUGO deli

最近オーガニック料理店が恵比寿にも増えてまいりました。

先日ご紹介した無添加料理・ビオワインのお店「わたりがらす」さんも

こだわった食材と食の安全を考えたコンセプトで日々盛況です。

今回取材させていただいたのは恵比寿西の五差路を左に上がって(どっから見てだよw)

右手にあるオーガニック食品や無添加の食品を扱うMARUGO DELIさんに取材に行きました。

店内は素敵なお姉さまエンジェルがエンジェルスマイルで働いております。

こちら、もう知ってる方はご存知だと思うのですが岡山では知らない人はいないと

いうカフェ&ジューススタンドバー ⑤Deli (marugo deli) の恵比寿店なんですよ。

簡単に⑤Deli (marugo deli)の説明をさせていただくと

岡山では知らない人はいない

フレッシュジュース屋さん

です(繰り返しただけじゃん)

恵比寿MARUGOデリでは岡山県瀬戸内市邑久町のWACCAファームという

たった6人で無農薬の野菜を作り続ける農場と提携をしています。

今回はそんなMARUGOデリのオーナーの橋本さんにお話をお伺いしました

実は嫁がプロデューサー

橋本さん
元々僕はGOWEST/GOHEMPというブランドを23年やっていて
恵比寿にもGOWEST storeという店とJUZUという店をやっているんですが
JUZUの隣の店舗がもし空いたらみんながゆっくりできるカフェ的な物を
やりたいねって嫁と話していました。2011年の2月に店舗が空いて
そのJUZUの隣の店舗(現在のGOMARU)を借りることになったんだけど
次の月の3月11日に震災があって正直どうなるかわからないという
思いがあったんだけどみんなの元気になればと思いOPENさせたのが
切っ掛けかな。

橋本さん
たまたま自然素材などを取り扱うブランドでもあったし自分たちの
つながりは既に食の安全性に疑問視してる時期でもあって、たまたま
岡山の知り合いが食品の素材にこだわったMARUGOという
ジューススタンドをやっていたのでいきなりアパレルから飲食に行くには
ノウハウもなくまずは「MARUGOデリ」の屋号を借りてOPENすることに
なったんだよね。そして震災の2か月後5月にOPENする事となって。

そこにプロデューサーの奥様の登場!

橋本夫人
ちょっと。話しすぎ!あっごめんなさいね^^
OPEN仕立ての時は岡山のMARUGOさんの協力もあったので良いスタートが切れました。
そして恵比寿の住人の方は食のリテラシーが高いのでいつの間にかお客さんの
求める商品や考え方が恵比寿MARUGOデリを作っていったという感じです。
たとえば最近は菜食の方が多い事もありベジタリアン用のデリも作っています。
こちら「ヴィーガン」の方用のマフィンも作っているんですよ。


恵比寿新聞
「ヴィーガン」って初めて聞く名前です。一体何の名前なんですか?

橋本夫人
「ベジタリアン」は牛乳やチーズなども食べる方もいらっしゃるのに対して
「ヴィーガン」は動物性の主原料を一切取らない方を指す名称なんです。

恵比寿新聞
という事はこのマフィン。動物性の物は一切入ってないという事ですか?

橋本夫人
はい。はちみつも動物ですのではちみつも入っていないんです。

では美味しく頂いちゃっていいっすか!?

通常マフィンなどはバターなどをたくさん使う食べ物で

実際に味気ないマフィンを想像しましたが

めっちゃ濃厚

橋本夫人
かぼちゃの滑らかさを今回生かして作りました。その他にも
滑らかさで言うと「バナナマフィン」が主力ですね。
皆さん「ヴィーガン」だとは気付かないかも。

恵比寿新聞
いや、これは気づくどころかまったく美味しいマフィンですね。
正直バターの無いマフィンなんて踊り子のいないストリップ劇場
じゃないですか?

橋本夫人
・・・・・・・

恵比寿新聞
あーーー!!すみません。しかしこれは驚きです。

橋本夫人
その他にも人気メニューがあってアサイーって知っていますか?

恵比寿新聞
アサイー知ってますよ!体に良いとしか知りませんが以前
ファミレスで「美味しい」って書いているのを真に受けて
飲んだらまずかった記憶があります。

橋本夫人
うちのアサイーのスムージーはちょっと他とは違うと思う。

実食ならぬ実飲!

こちらもめちゃ濃厚で味わい深い

今まで飲んだアサイーとは全然違う。なにこれ。すごい。

橋本夫人
こだわったバナナを使用しています。有機農法のバナナ。
だから自然の甘みなど感じられるし、元々アサイーって味のない
果実なんですよ。なのでうち独自のアレンジでこんな味に。

恵比寿新聞
なるほど。実際に体に良い物ってあまりおいしくなかったりという
イメージがあるのですがMARUGOさんではうまくアレンジしてるので
初心者の方でもおいしく食べれるってわけですね。

橋本夫人
そうですね。やっぱりおいしくないとね。
それと最近うちで一押しのバーガーがあって。
テンペってごぞんじですか?

恵比寿新聞
テンペですか?初めて聞きました。なんなんですか?

橋本夫人
「テンペ」は主にインドネシアで食べられている大豆の発酵食品で
ハイビスカスやバナナについている白カビ「テンペ菌」で大豆を
発酵させたインドネシアの納豆と呼ばれる郷土料理なんですよ。

恵比寿新聞
見た目はなんだか豆腐のようですね。

橋本夫人
このテンペを使ったバーガー「テンペバーガー」が人気なんです。

恵比寿新聞 心の声・・・・・・・・
・・・そういえばもう昼時でしかも今日は何故か
無性に肉が食いたい。しかしここは肉無き戦場。戦場カメラマンとして
このお店で「すみません。こちらには肉はありませんか?」と聞くのは
ある意味タブーなわけで。しかし肉が食いたい。食いたい。食いたい。

橋本夫人

折角なんで食べて行かれますか?

恵比寿新聞

はい!よろこんでTT;

橋本夫人
はい。テンペバーガー。恵比寿新聞さん納豆食べれます?

恵比寿新聞
いえ、全然食べれません(涙)なぜか納豆が嫌いで。。

橋本夫人
テンペって所謂納豆に近い味なんですね。でもね、納豆が嫌いな
人のための「バジルテンペバーガー」があるのでそっちにしましょうか?


恵比寿新聞

はい!よろこんでTT;

恵比寿新聞
しかし、さっきのテンペバーガーは?

橋本夫人
社長が食べますから!

橋本さん
毎日テンペ食べてますよ!(笑)

恵比寿新聞 心の声・・・・・・
・・・・実際に何度か菜食主義のベジレストランに行ったことが
あるんだけど食べ終わったと何か物足りない心に風穴があいたような
お腹はいっぱいなんだけど何故か満足していない自分がいたよね。
このテンペバーガーを食べた後も「あぁ~肉くいてーなー」という
空虚感にさいなまれるんだろうか。。。

実食!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

一口食べた途端に「あれ?これ?」

肉じゃん!お肉やん!

バジルの香ばしい香りで納豆臭さが消えて

テンペ独特の歯触りが「肉」と錯覚する味わい。

俺菜食でも生きていけるかも

そういえばこんな話を聞いたことがあります。

精進料理の「もどき料理」
仏教の教えにより、、殺生をせず肉類魚介類を使用せずに、
穀物・豆類・野菜などの食材だけで料理をした。また中国では魚や肉に見せかけた
「もどき料理」があり湯葉を加工して作った中華ハムや大豆グルテンで作った唐揚げ
など肉食に見せかけた料理がある。日本では「がんもどき」が有名

なるほど。肉食の方でも菜食のみで楽しめるそんな工夫がされているとは

非常に参考になったし、しかも「肉くいてー」となりませんでした。

橋本夫人
では最後にこれ飲んでみましょうか。

あ・・・青汁っすか!?

いや~やっぱりそうは行きませんよね。最後に罰ゲームかー。

橋本夫人
是非飲んでみてください。うちのGREEN MIX。

実飲!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

えーーーなにこれ美味いー!

こちらお聞きした所

ほうれん草・バナナ・オレンジ・キウイのミックス。

見た目は青汁なんですがめちゃくちゃ飲みやすく

尋常じゃない食物繊維の塊。しかもうまい!!!!!!

いや~これで体良くなりましたよ~!

橋本さん

1日じゃ無理でしょ(笑)

通わなきゃ(笑)

この後、恵比寿新聞、事務所に帰りましたら

なんと!ながーーーーいウ○コを出産しました。

食物繊維恐るべしです。ごめんね食事中の人は。

MARUGO DELIさんは主にテイクアウトですがお食事できる

スペースもあります。出勤時の朝食にかなりお勧めでございます。

こんなどこでどのように生産されたかわからない食品が出回る

世の中で信頼できるお店が有るという事は本当に良いと思いました。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
EBISU MARUGO DELI
住所 渋谷区恵比寿西1-17-1プルミエール恵比寿 1F-A
電話番号 03-6427-8580
営業時間
月〜土 ☞ 9:00 〜 21:00
日・祝 ☞ 11:00 〜 20:00
FACEBOOKページ
土曜営業・日曜営業・子供歓迎
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
恵比寿新聞FACEBOOKページはこちら

Share (facebook)