恵比寿新聞は東京恵比寿の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

あの店の絶品1品 上海四川料理「廣安」のシュウマイ

名店には「この1品は外せない」という絶品1品が必ずあるもので

たとえば筑紫樓の「ふかひれ」や、たつやの「こぶくろ」、さいきの「ホヤの塩辛」などなど。

今回ご紹介する「あの店の絶品1品」は

恵比寿駅からは離れているのですが「広尾一丁目の交差点」のすぐ近くにある

上海四川料理のお店「廣安(こうあん)」10月で1周年を迎える新しいお店です。

実はここの廣安さんのメニューに「焼売(シュウマイ)」があるのですが

凄まじく美味しいという情報を元にお昼間のランチ時に行ってまいりました。

今回ランチ時でしたのでランチメニューの「カレー風味から揚げ」を頼んだんですが

一口食べてこちら廣安の食に対する意識が非常に高い事がわかりました。

カレーなんだけど~四川の辛さも含まれていて~から揚げは脂っこすぎず

ご飯に合いすぎ。「四川とインドと日本料理の異種格闘技戦IN上海」って感じで。

これは卓越した味をわかった人じゃないと出しにくい非常に繊細なお味。

残念ながらランチメニューは毎週変わるためこちらは食べれるかな~。

という事でこちらの「絶品1品」であるシュウマイをオーダー。

でかーーいぃぃぃぃぃ

大ぶりのシュウマイが2個。380円。安い。

「味がついてるのでラー油だけで食べてみてください」

との事でこちら、特製の具だくさんラー油をセットONいたします。

アムロ行きまーす

具だくさんラー油をひとサジいれまして

セット完了~さぁ焼売ちゃん~カモ~ン

これ見て!うぁ~!!うぁ~!!

恵比寿新聞、焼売はまず縦に割るたちでして。

箸で縦に割ったらもうこれがね!!!

ジュンジュンジュワーwwww

なんですよww肉汁が一気にジュワーと出てくるのでできれば頭にラー油をちょっこりつけてミーテ

頭からカブっとかぶリーナーって感じで食べてみたらこれまた美味しいんじゃないかと。

これはマジでうまい!絶品!!!

という事で廣安のオーナシェフでもある田部さんにお話を伺ってみました。

うちは よだれ鶏もうまいんですよ

上海四川料理だけあってこだわりの豆板醤と自家製ラー油で作った特製麻婆豆腐

もさることながらこちらの看板メニューが

「よだれ鶏料理」だそうで蒸し鶏でいただくスタイルなのですが自信ありとの事。

その他にも裏人気メニューとして「エビ春巻き」も絶品だそうです。

恵比寿新聞もヘビーローテーション化しそうな焼売。是非皆さんも味わってみては?

お持ちかえりのシュウマイもあるそうですよー。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
上海四川料理 廣安(こうあん)

住所 東京都渋谷区広尾5-23-2広尾センターハイツ108(近代の隣)
電話番号 03-6277-2623
営業時間 
ランチ 11:00~14:00
ディナー 17:00~22:30(ラストオーダー22:00)
土曜営業・日曜営業・子供歓迎 月曜定休
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Share (facebook)