恵比寿新聞は東京恵比寿の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

昔懐かしの駄菓子ゲームが恵比寿に!?あそびば20

恵比寿アメリカ橋を目黒に渡ってすぐに右の坂を下り

約100mほど歩いた右手になんとも懐かしい駄菓子屋ゲームの

並ぶお店が有ります。恵比寿では超有名なお店でして

お店の名前は「あそびば20」と申します。この看板が目印

懐かしの新幹線ゲームVもありますね~。この駄菓子ゲーム「新幹線ゲームV」は

1976年にニシキ製作所で制作された名ゲームです。10円玉を弾いて遊ぶ

アーケードゲームでして同じ種類のゲームでは「やまびこ」や「グランプリ」

もありましたね。子供の頃何枚10円を吸い込まれたことか・・・

お店の中に入りますと懐かしのピンボールがありました。1回100円。

こちらの店主の荒巻さん元々はBARや社交場にこういったピンボールや

jukeboxをリースする会社を経営されてたとの事でこういった懐かしの

ゲームやピンボールが数多くこちらのお店に並んでいるんですね。

荒巻さんに自慢のjukeboxを見せていただきました。まだまだ現役で動きます。

荒巻さん
「このジュークボックスは元々のアンプは真空管じゃなかったんだけど
改造して真空管アンプにしてるから音が全然違うと思うよ。100円入れてみて
3曲聞けるから。動き出したら中の構造も見せてあげるよ。」

荒巻さん元々戦時中はエンジニアだったそうでその技術を生かし

こういったジュークボックスなどのメンテナンスをする会社をお持ちだそうです。

荒巻さん
「君は髪型が奇抜だからジミーヘンドリックスとかきけば?(笑)」

80代の叔父さまから「ジミーヘンドリックス」の名前を聞くとは

思いませんでした。まずはジミヘンの名曲「パープルヘイズ」からセット。

荒巻さんのコレクションなんと20万枚!?すべて7インチ。

荒巻さん
「レコードが僕らの売り物だったからね。後にも先にもお金払って音楽を聴く
って文化はこれで終わりかなって思うよ。君たちはいつでもパソコンとかで
音楽聞けるでしょ?当時はジュークボックスのあるところじゃないと音楽は
楽しめなかった。そんな時代もあったんだよ。」

こちら荒巻さん自慢のAMI社 Rowe R-74 Arlington Jukebox。

1975年に製造された名機で、荒巻さんご自身で真空管アンプにリペアしている。

なんとも暖かい音。デジタルではかなわないのもわかります。

その他にも栃木の倉庫にまだまだジュークボックスがあるそうです。

恵比寿の飲食店さん。置いてみてはいかがですか?

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
あそびば20
住所 東京都渋谷区恵比寿南1-21-22
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Share (facebook)